QLOOKアクセス解析

今宵は「瓦そば」パーティー

IMG_9459 (2)


今日もこぐまが帰ってきた。
キウィ柄のTシャツを着て。

で、
我が家は今宵「瓦そばパーティー」になった。


瓦そば。
ご存じだろうか。
山口県の郷土料理である。
はっきり言って、うまい。
自信を持ってお勧めする。
うまい!!
もし食べたことがなければ、ぜひ一度ご賞味いただきたい。

ご存じない方のために説明すると、
炒めた茶そばの上に、甘辛く炒めた牛肉や錦糸卵などを載せ、
つゆにつけて食べる料理だ。
お好みでつゆにもみじおろしやネギやミョウガなどの薬味を入れる。
お店で出る瓦そばは、
文字通り、瓦を熱してその上に茶そばを載せる。
だから「瓦そば」なのである。
でも、家庭で作るなら、ホットプレートとかフライパンがあれば十分である。
星野源のドラマで出て話題になった、と、こぐまが言っていた。
IMG_9457 (2)

他県に売っているのかどうかは知らないのだが、
この辺ではたいていのスーパーで、茹でた茶そばと麺つゆをセットにして売っている。
今日は、妻がそのセットを買ってきて、
ホットプレートで「瓦そばパーティー」となったのである。

こぐま、
「あたしがうまい酒を飲ましちゃる」と、
冷凍庫から、「サクレ」(アイス)を取り出した。
グラスにサクレを丸ごと押し込み、その上に「ほろよい・レモン」を注ぎ入れた。
「名付けて『フローズン・カクテル』ぢゃ!!」
IMG_9461 (2)

「お父さんも飲んでみ。ま、おなごの酒じゃけどね。」

ちょいと一口。
あ、
んまい。

んで、
甘い。


女は化ける

こぐまが帰ってきた。
高校時代の恩師やクラブの仲間と飲み会があるそうで。


午後2時過ぎ、
新幹線の駅に迎えに行った。

休日の駅は上り下りの乗降客でごった返す。
だが、この中からこぐまの姿を見つけ出すのはたやすい。
文字通り、「子熊」っぽいのを見つけ出せば、たいていそれはこぐまだ。
が、
今日はなかなか見つからない。

まあ、たいてい一番最後ぐらいに駅の階段を下りてくるヤツだから、
まだホームでウロウロしているのかもしれない。

だいたいこぐまは、幼稚園の頃も小学校の頃も、
親が迎えに行ったら、たいてい一番最後に校舎から出てきていた。
塾のお迎えの時には、平気で20分は親を待たせていたこぐまである。





目の前の女性の肩越しにこぐまの姿を探していると、
突然、「あ、お父さん。」と声をかけられた。

「え?」

その女性こそがこぐまだった。

その声はまさしくこぐまだったのだが、
ほんの一瞬だが、
その声の主がこぐまにはどうしても見えなかった。



だって、
これまでこぐまは、
IMG_1342_20160522230203cd1_2017061103181230b.jpg


こうで、


image1_20170611031811299.jpg



こうだったのだから。



それが、眼鏡をはずし、ばっちりメイクして、
かかとの高い靴を履いて、
頭に「ねじり鉢巻き」???みたいな物をくくりつけて突然父の前に現れたのだ。
実の親とはいえ、突然変貌すると分かる訳がない。




車の中で。
こぐま、
「あー。やっぱ、化粧濃かったかなあ。」


こぐまよ。
父をあんまりびっくりさせんでくれよ。


もはや、こぐまをこぐまと識別するものは、
いつも首に下げている、オールドレンズ付きのキャノンのカメラしかなくなった。
こりゃ、鳥を識別するより難しいぞ。こぐま。


重いコンダラ試練の道を♪


※昭和30年代生まれの人には、知らないとは言わせない、「○○養成ギブス」。



前回の記事は失敗だった・・・。
調子に乗って、若いころの演奏会の写真など載せたりするんじゃなかった・・・。

み、みなさん!
あれから35年も経っているのです。
弾けません、弾けません!!
もう弾けません・・・て!

就職してから、初めてのボーナスでギターを買った。
確か5万円くらいだったと思う。
モーリスギター、「トルネード」。
そのギターにした唯一の理由は、弾き易そうだったから。
楽器屋の親父に、
「音の良し悪しなんてどうでもいいです。と・に・か・く、弾き易いのください。」
と注文して届いたのがこのギターだ。

それから30年。
しばらくは、弾いてたんだけど、
だんだん弾かなくなり、
ま、せいぜい何か月かに一度、
酔っぱらって気分がいい時に弾く程度だ。

クラシックギターは・・・。
大学卒業後、全然弾かなかった。
一度だけ、
自分の結婚式の披露宴で弾こうとしたのだが、
結婚式の準備で忙しくてほとんど練習できなかった。

そして式当日。
案の定、途中で弾けなくなり、
思わず、「この続きは『また今度』。」と言って退散し、
義理の弟に、「『また今度』はマズイっしょ。」と叱られた。


それ以来弾いていないのだ。


なのに、前回の写真だ。
スーツを着て、お澄ましして写ってる私は、
「ギターが弾けるヤツ」だと思われたに違いない。

ああ。
それ、違いますから。
もう全然弾けませんから。




だけど、
やっぱ、人様の前で弾くとなると、
やっぱ、練習しなくちゃと思うのである。

数か月前から、
週末にこっそり練習している。

いや、練習というより、中高生時代に歌ってた歌を、
ギター弾き弾き、楽しんでるだけでやんすけどネ。




この程度なんですけどいいですか?
み~むし兄やん。

なんてね。
実は、とっても楽しみにしているのです、孫さん。


夢への一歩

PTDC0002 (2)

あれから35年。








朝の鳥

IMG_9195 (2)





昨日の夕方、近くの海岸に行ってみたら、
あちこちでウグイスの声がしたので、
こりゃ、ウグイスの写真が撮れるかも、と、
今朝は、早めに家を出て、同じ海岸に行ってみた。

IMG_9151 (2)

IMG_9172 (2)

今日も会えたねホオジロ君。
ホオジロは、よく木のてっぺんなどにとまって鳴いている。
縄張りを主張しているのかな。

そのすぐ近くで「ホーホケキョ」が聞こえるんだけどなあ。



IMG_9199 (2)

海面すれすれを飛ぶ大きな鳥を発見!
なんだ?この鳥。
海鳥はよく知らないので帰ってから鳥類図鑑で調べてみなくちゃ。
と思ったら、

IMG_9207 (2)



・・・なんだ、アオサギ君ですか。
「川の帝王」かと思ったら、海に遊びに来てたのね。



IMG_9181 (2)

メジロちゃんだ。

でも、
肝心のウグイスには会えず。

IMG_9248 (2)

IMG_9247 (3)

トビとカラスの空中戦。
トビは肉食の猛禽なのに、カラスとけんかしてはいつも負ける。


藪の中に入って2時間も粘ったのに、ウグイスはとらえられなかった。
あきらめて帰ろうとすると、ヒヨドリ君が、「俺も撮ってよ」と、
目の前の木にとまってポーズをとったので、撮ってあげた。

IMG_9186 (2)




いったんは帰ろうと思ったんだけど、
あきらめきれず、今度は、近くの山の上にあるキャンプ場に行ってみた。
キャンプ場に通じる山道を走ると、
いろんな鳥の鳴き声がした。
ウグイス、キビタキ、ヤマガラ、
それから、聞いたことのない低い声の鳥の鳴き声も。
そのたびに車を止め、カメラをかまえて近づくのだが、
どうしても姿をとらえられなかった。

カーブに差し掛かった時、地面で赤いものが動いた。
「キジ」だった。
でも、車を止めて戻ってきたときには、もうどこかに行ってしまっていた。

山道で1時間。
ここでも成果なし。




IMG_9262 (2)

帰り道、
案内板にとまったスズメちゃんが慰めてくれた。




バードウォッチングは朝に限る。
見慣れた鳥しか写せなかったけど、
朝の爽やかな風と清々しい景色、そして、美しい鳥の鳴き声。
それらは、私の心を日常から解放し、
癒してくれるからだ。


ま、負け惜しみじゃないぞ。

IMG_9265 (2)

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
妻の言葉「ごちそうさまじゃダメ!」 Jul 17, 2017
悪夢、再び Jul 16, 2017
気合が入っとらん!! Jul 09, 2017
空梅雨? Jul 02, 2017
GO!GO!55歳!! Jun 23, 2017
今宵は「瓦そば」パーティー Jun 17, 2017
女は化ける Jun 11, 2017
重いコンダラ試練の道を♪ Jun 06, 2017
夢への一歩 May 29, 2017
朝の鳥 May 29, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login