FC2ブログ
topimage

2019-09

ヤマガラのひな - 2015.06.26 Fri

DSC_0689 (2)
(山に返す前に、大急ぎで、一枚だけ写真を撮らせてもらったよ。ヤマガラちゃん。)

もう、一か月ほど前のことだけど。


夕方、帰宅しようと駐車場に向かっていた。

すると、電線に一羽の鳥がとまってけたたましく鳴いていた。
「なんていう鳥だろ。」
小さくしか見えなかったので、はじめはそんな風にしか思わなかったのだが。



ふと見ると、山のふもとの広場に、子供が数人集まっていた。
指にひな鳥をとまらせ、
少し困ったような、でも、可愛いひな鳥を手放せないような表情。

それで、さっきの電線にとまった鳥がけたたましく鳴いていたわけが分かった。
あれは、子供たちが捕まえたひなの親鳥だったのだ。
子供たちに捕らえられた我が子を助けようと、必死に叫んでいたのだった。
子供たちは、もちろん、そんな親鳥の声に気づくこともなく、
ひな鳥を抱いて、途方に暮れていたのだった。




私は、子供たちに話しかけてみた。
「どうしたの?そのひな。」
ひな鳥は2羽いた。
子供たちは、広場の隅を指さし、
「あそこで見つけた。」。


私は、そのひなを元の場所に戻して、
もうちょい離れて遊ぼうや、とお願いした。

素直な子らで、私の言うとおりにしてくれ、
私と子供たちは、そこから2~3m離れた所で、様子を観察した。

一羽は、ぴょんぴょんと元気に山道を上がっていった。
すると、
びっくりするくらい近くの木の木陰から親鳥が飛び出して、
ひなを助けに来た。

その鳥は、ヤマガラであった。
つまり、ひなはヤマガラのひなだったということだ。



もう一羽は、じっとしたまま動かなかった。
このままでは、親鳥は見捨ててしまうかも、と心配になった。

そこで、私は、ちょっと勇気を出して、
ひなを手のひらに載せて、山道の少し上の方に置いてやった。
人間が鳥をさわると、人間の匂いが鳥に付いて、
親鳥でさえ、我が子を攻撃するのだそうだ。
だから、ホントは触らない方が良かったのかもしれなかったが、
子供が先に触っていたので、
そこはもう仕方ないと判断したのだ。

すると、
これもびっくりするくらい近くの木陰から親鳥が飛び出してきた。

ほ。
親鳥は、2羽目のひなも我が子と認識したようだった。



私は、子供たちに、
今は、ひなが空を飛ぶ練習をしている時期なのだ、巣から落っこちたわけではない、ということや、
ひなの近くには必ず親鳥がいて見守っているのだということ、
この時期にひなを見つけたら、触らずに、そっと離れて見守ってやること、
触って鳥インフルエンザが伝染(うつ)っちゃったら大変だぞお、
っていうことを言ってきかせた。



もちろん、
子供たちを叱る気は全然ない。
誰だって、
あんな可愛いひなを見つけたら、助けてやりたいと思うだろうし、
可愛いから抱っこしたいとも思うだろうし、ね。

(みなさんも、春にひなが落っこちてたら、見守ってあげてくださいね。写真ぐらいは撮ってもいいだろうけど。笑)


S0201069 (2)
で、
これがヤマガラの成鳥。写り悪いけど。
関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

くちばしの黄色いヒナ。
カワイイ!

ヤマガラって綺麗な鳥なんですね。
鳥には詳しくないので勉強になります。

このヒナもたけさんに出会わなければ、どんな運命を辿っていたことでしょう…?
たけさんに出会えてラッキーなヒナたち。

数ヵ月後に可愛らしい双子の娘さん達が訪ねてきたら―――

「ヤマガラの恩返し」


決して部屋を覗かないように!(*´∀`*)
 

たけさん、たけさん、
これは、ばーびーさんのおっしゃる通り、「やまがらの恩返し」がありますよd(^_^o)

良いことをなさいました❤️🐥

それにしてもそのヒナを拾った子供達は良い体験をしましたね。
良いお話を聞いて、自然のことも学んだし、大人が親身になってヒナの命を助ける姿を見たし。
自分たちに、きちんとするべきこと、気をつけなければいけないことを教えてくれる大人がいることを知ったし。
大人がみんなこういうことをすれば、子供達は、安心して、大人への階段を一生懸命登ることができるじょd(^_^o)

こういうことができるのもたけさんが53歳という年齢を確かに生きてきた「証」なんだろうなあと、心から感動しました。

ばーびーさん

職場が小さな山の近くにあるので、
けっこういろんな鳥がやってきます。
田舎ですからね。

でも、こんなドラマが起きたのは、初めてでした。
ほんとは、もっと早く記事にしたかったのだけれど、
データを移すのに手間がかかりました。

ヤマガラちゃん、
恩返しはまだですが、こないだ、夢の中に出てきましたよ。


・・・お辞儀して、飛んで行きました。・・・たけ

ポンたんさん

山鳥の幼鳥を見ることって滅多にないですが、
こんなに可愛いものだとは思いませんでした。

そして、親鳥ってひなを大切に育ててるんだなあ、と、
改めて感じた出来事でした。
子供たちが抱いているひなを、
私も、はらはらしながら見ておりました。
親鳥の心境…かな?



・・・「恩返し」は、望遠レンズを希望。・・・たけ

ひな達は大丈夫なのかな!?とどきどきして
読んでいたので、最後は二羽とも親鳥のもとへ
もどれて、ホッとしました(≧∀≦)

子供達も、たけさんのお言葉で、きっといい経験になったでしょうね(*^-^*)

まめけろさん

実は心配で、
次の日の朝早く、ひなを置いた場所に行きました。
そこには何もいなかったので、
きっと・・・たぶん・・・無事だったのだと思います。

私も、聞きかじりの知識を子供に伝えただけで、
あんまり自信はなかったのですが、
きっと、あの子供たちは、次に同じようなことがあったら、
そっとしておいてくれるんじゃないかなと思います。



今頃、ひな達は、元気に空を飛び回っているかな?
そう信じたいですね。


・・・可愛かったですよ、ホントに。・・・たけ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takeshi704.blog28.fc2.com/tb.php/1508-48df50c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

儀式 «  | BLOG TOP |  » My 53rd. Birthday

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

胃カメラ(鼻からのヤツ)の検診予約 Sep 14, 2019
残暑の1週間。そして、ステキな週末 Sep 07, 2019
ソウルフード Aug 31, 2019
白き悪魔との壮絶な闘い2019 Aug 24, 2019
たけ、タピオカ初体験 Aug 20, 2019
ブログ10周年に寄せて Aug 19, 2019
深イイ一日 Aug 14, 2019
再会はコント仕立てで Aug 13, 2019
まちなか音楽祭・・・TEAMたけ、米子へ Aug 02, 2019
続・続・み〜むし音楽祭2019・・・実はカタカナ英語・・・ Jul 30, 2019

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (30)
TEAMの日記 (1010)
隊長の日記 (248)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (78)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
目指せ!細マッチョじじい! (49)
こぐまと (159)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (47)
妻の言葉 (29)
旅行記 (45)
思い出 (19)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (374)
Bobusurē (9)
そらまめ君と (63)
音楽 (59)
絵画 (39)
CG (7)
写真・映像 (98)
数うちゃ当たる?写真術 (1)
鳥 (88)
深夜の調理実習 (10)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (9)
つくネ通信 (13)
未分類 (6)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始