FC2ブログ
topimage

2019-09

荷台 - 2014.02.16 Sun

mt800n_blank.jpg(ミノウラ製リアキャリア)
春を待って、そらまめ君と遠出をしようと計画中である。
(今は寒いので、街乗り程度しかしてないけどね。)


そのために、ずっと長いこと思い悩んでいることがある。
それは、リアキャリア(後輪の上につける荷台)を付けようかどうしようかということだ。

何日もかけて旅をするわけではないが、遠出をすればそれなりに荷物は増えることが予想される。
リュックに入れてもいいのだが、体が重くなるのはイヤだ。
サイクリング中に必要のないものは、できるだけ体からはずしておきたい。

で、荷台を取り付けようかと。




でも・・・・・・・・・・・、
荷台をつけると、はっきり言って「カッコ悪くなっちゃう」のだ。
それがイヤなのだ。


そらまめ君は、「GIANT ESCAPE RX3(2012年製)」というクロスバイクだ。
クロスバイクだが、どっちかというと、スポーツバイクだ。
(もちろん、本格的なロードバイクからは程遠いが。)
だから、もともと泥除けもなければ、荷台もない。
できるだけ、無駄なもの、車体を重くするようなものは、はじめは付いていない。
スタンドも、ライトでさえも後付け、チェーンだってむき出しなのである。
さすがに、街乗り中心だからスタンドは付けてもらったが、
走るために無駄な装備を取り去った姿は美しい。(と、自分では思っている。)


なのに、「荷台」。

これを付けると、スポーツバイクが、一気に「実用車」になっちゃうみたいな気分になる。
せっかくカッコいいそらまめ君になんでわざわざと、思ってしまう・・・。
例えは悪いかもしれないが、絶世の美女が「ばか殿のかつら」をかぶるのと同じだ。
美人が台無し。そんな姿見たくもない・・・。


bakatono.jpg


まだ迷いはある。

「んじゃ、付けなきゃいいじゃん。」
「いやいや、これを付けると便利じゃん。」
「もともと、ランドナーみたいな自転車じゃないっしょ?」
「そりゃそーだが・・・。・・・行きたいの。遠くへ。」
「荷物すくなーーーくしたら??」
「もちろんそのつもり。」
「荷物軽いんなら、シートポストにつけるタイプのは? スタイリッシュじゃん。」
「荷台付けたら、何だって一緒だよ。それに、俺、脚短いけえ、シートポスト、チョビッとしか出ちょらん。」
「んじゃ、ちゃんとしたキャリア付けたら? 穴(ダボ穴?)あるんじゃろ?」
「ええーーー??カッチョわりいよ、荷台。」
「じゃ、付けなきゃいいじゃん。」
「ええーーー??不便じゃん。」
・・・・・・・・頭の中では、たけAとたけBの討論が延々と続く。




でも、近々買おうと思う。
ヤだけど、付けようと思う。

「使わないときは、はずしときゃいいじゃん、荷台。」

そう自分に言い聞かせて。




決めた。
付けよう。






あ、いや、でも・・・・・・



関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

・・・・・たけAさんと・・・・たけBさんとの討論(激論)
笑ってしまいました。

絶世の美女が「バカ殿のかつらをかぶるのか。」
(@_@;) (#^.^#) (^^ ♪ ♪ ♪

さくらさん

たけAとたけBは、しょっちゅう出てきます。
そして、うだうだと結論のない議論を延々と続けます。

それって・・・、
ただ私が優柔不断なだけなんでしょうね。

  絶世の美女が「ばか殿かつら」。ああ、想像したくない・・・  たけ

イラスト

たけさん、こんばんは!
相変わらず、たけさん、絵がお上手ですね…
マンガ家、目指していた時期があったとか、なかったとか…?

そう言えば、若かりし頃、別マを読んでいたんですよね?
私もちょうどそのころ別マ読んでましたよ!
「くらもちふさこ」先生、大好きでした!
この先生、今も描いてらっしゃるんですよね?
「天然コケッコー」は実写映画化されてましたね。
きっと50歳以上になられるんでしょうけど…
すごいですよね!
ソチでは41歳の葛西選手が銀メダル。
まだまだ40、50歳いけますよね?
頑張れねばと思う今日この頃…

(別マの事をいつか書きたいと思ってました)(*^.^*)

ゆうとくんのばぁばさん

うれしいコメ、ありがとうございます。

私も好きでした、「くらもちふさこ先生」。
でも、もう昔のことで、かなり記憶が薄れていますが。

昨夜は、自分の記憶を蘇らせるために「くらもちふさこ」をネットで調べてみました。
でも、自分が好きだったくらもちふさこさんの作品がなんというタイトルだったか、
なかなか確信できませんでした。

私が好きだったのは、
えと・・・、
若者が、バンドを組んでいろいろやるやつ。
主人公は、女の子のボーカルだったと思います。
でも、
思い出せない・・・、タイトル・・・・。

それから、
たぶんそれほど長編の作品ではなかったと思うのですが、
陸上部でハードルをやってる女の子の物語がありました。
スランプに陥った主人公が、練習をするときに、
彼氏?が、ハードルの前に座って、
「俺の上を跳び越してみろ。」みたいなことを言って、
・・・・・・・そんな場面が記憶に残ってます。

ストーリーもさることながら、
私は、くらもちふさこさんの描かれる人物が好きでした。
よく真似して描いていました。
昔の少女漫画の、いわゆるオメメに星がキラキラ、みたいな硬い絵ではなくて、
もっと人間的で柔らかい、それでいてかっこよかったり、美しかったりする画風が好きでした。
カラーページを切り取って、下敷きにはさみ、学校に持って行ってました。そのくらい好きでした。
(当然、級友には変態と言われました。:笑)


小学校の頃は、
ジャンプだのサンデーだの、マガジンだの、
少年誌を読んでいました。
でも、
お下劣なギャグ(「がきでか」みたいな。)や、暴力的でストレートなストーリーは、
思春期になると、馬鹿馬鹿しくなってきたのです。
3つ年上の姉が、時々買っていた「別マ」を読ませてもらうようになり、
そのうち、私の方がハマってしまって、いつしか自分で買うようになっていました。

くらもちふさこさんの他には、
「槇村さとる」さん、「亜月裕」さんが好きでした。
槇村さとるさんでは、「愛のアランフェス」。フィギュアスケートを題材にした物語。
最終話で、主人公と恋人がアランフェスの音楽に乗ってペアを滑る場面があって、泣きながら読んだ覚えがあります。
「アランフェス協奏曲」は、大学でクラシックギター部に入って、初めて聴きました。
今でも、ギター曲の中で一番好きな協奏曲です。

亜月裕さん。
これはもう、「伊賀野カバ丸」です。
これしか知りません。
少年漫画かと錯覚するほどの、抱腹絶倒の作品でした。
これを読むのは一番最後のお楽しみにしていました。





ばぁばさん、ありがとうございました。
久しぶりに中学時代の自分を一つ思い出すことができました。
でも、かなり忘れてるもんです。上に書いたこと、ひょっとしたら間違っていることもあるかもしれません。
その当時の別マの作品を読む機会があったら、読み返してみたいです。

  コメント欄にあるまじき長文になってしまいました。  たけ

懐かしいですね

たけさん、こんばんは!

コメントを2行ほど読んだところで、ニヤリとしてしまいました。
まさに、たけさんと私はドストライクで別マ読んでたんですね!

くらもち先生の作品で一番好きなのは「おしゃべり階段」で、今でも本棚にコミックスが入ってます。
たけさんの好きな作品のバンドのやつ…
すぐに分かりましたよ!「わずかーーーー」シリーズです。
私のはっきりとした記憶が残ってるストーリーの題は「わずか1小説のラララ」
そして、ハードルの女の子の作品は「100Mのスナップ」
懐かしくて、嬉しくてニヤニヤがとまりません。

「槇村さとる」さんの「アランフェス」読んでました~!!
「亜月裕」さんの「カバ丸」大好きでした!
お弁当箱がポリバケツ…
バカみたいに笑いながら読んでました。
楽しかったなぁ…
なんの悩みも不安も無かった若かりし頃…
戻りたい?
ううん…幸せだから、今のままでいいのかも…

ゆうとくんのばぁばさん

そうそう!!ポリバケツ!!
そうでしたねえ。
伊賀野カバ丸、内容はほとんど覚えていないのですが、
ばぁばさんのコメントで、すこーし思い出しました。
たしか、焼きそば?が好物だったでしょうか、カバ丸君。
伊賀野カバ丸の絵、けっこうその後の私の落書きに影響を与えました。

この頃の別マについてまたネットで検索してみました。
大谷博子、河あきら、
そんな作家さんの名前を思い出しました。

ガールフレンドが欲しくて、
でも、モテない私は、少女漫画の恋愛に自分を投影して、
擬似恋愛をしていたのかもしれません。


あ、ひょっとしたら、実家の「天袋」に、当時の別マが残っているかもしれません。
子供の頃、漫画を買ったことが親に知れたら、しかもそれが『少女漫画』であればなおさら叱られていたので、
こっそり買って、ばれにくい所に隠していましたから


この頃は、娘が買ったまんがをたまにペラペラとめくってみる程度で、
漫画自体、ほとんど読まなくなりましたが、
漫画って、楽しいですね。


  「あの頃」にタイムスリップしました  たけ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takeshi704.blog28.fc2.com/tb.php/1179-ddff1ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラ板 «  | BLOG TOP |  » 一礼

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

LPレコード Sep 16, 2019
胃カメラ(鼻からのヤツ)の検診予約 Sep 14, 2019
残暑の1週間。そして、ステキな週末 Sep 07, 2019
ソウルフード Aug 31, 2019
白き悪魔との壮絶な闘い2019 Aug 24, 2019
たけ、タピオカ初体験 Aug 20, 2019
ブログ10周年に寄せて Aug 19, 2019
深イイ一日 Aug 14, 2019
再会はコント仕立てで Aug 13, 2019
まちなか音楽祭・・・TEAMたけ、米子へ Aug 02, 2019

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (30)
TEAMの日記 (1011)
隊長の日記 (248)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (78)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
目指せ!細マッチョじじい! (49)
こぐまと (159)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (47)
妻の言葉 (29)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (374)
Bobusurē (9)
そらまめ君と (63)
音楽 (59)
絵画 (39)
CG (7)
写真・映像 (98)
数うちゃ当たる?写真術 (1)
鳥 (88)
深夜の調理実習 (10)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (9)
つくネ通信 (13)
未分類 (6)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始