FC2ブログ
topimage

2019-11

おのおのがた、討ち入りには「酔い止め薬」ぢゃ! - 2019.11.30 Sat

06C61422-302C-4910-8E25-5875E181E338.jpeg

月曜日、仕事が休みだったので、
妻と映画を観に行った。
映画は、「ボヘミアン・ラプソディー」以来である。

「決算 忠臣蔵」
コメディーである。
B660AC25-91E8-4DCA-85A7-7A6468E51FDA.jpeg

映画はコメディーに限る。
感動の涙を流すのもいいが、
映画館の暗闇で誰にも遠慮なくゲラゲラ笑うと、日ごろのうさも晴れるってもんだ。

「決算 忠臣蔵」は、堤真一が大内蔵之介役で、
岡村隆史や上島竜兵、桂文珍、村上ショージ、西川きよしなどのお笑い芸人がずらり、
他に濱田岳や妻夫木聡、竹内結子(美しい!)などなど、有名な俳優もずらり。

これまでのありがちな忠臣蔵とは違い、
かけ蕎麦1杯の値段を現代に換算して、
それをもとに討ち入りに至るまでの藩の財政に視点をおいてストーリーが展開する。
そして、武具を買ったり、江戸に上ったりするたび、細かい収支が現在の値段に換算されて画面に出てくる。


楽しい映画だった・・・・・・・と言いたいところだが、
私も妻もあまり楽しめなかった。


その原因は、「カメラワーク」である。

画面に全然落ち着きがないのである。
「凝ったカメラワーク」と言えばそうなのかもしれないが、
速いスピードで動き、揺れる画面を眺めていると、徐々に気分が悪くなってきた。
映画の中盤くらいで気分の悪さに気づき、
後半は、映画が始まる前に食べたホットドッグが喉にこみあげそうになった。
軽い車酔いのような感じであった。

指定席制だったので、席を変わることもできない。
視界は全てスクリーンだ。

終盤は、ほとんど目をつぶっていた。
途中で出ちゃもったいないかなと思いつつ、
「はよ終われ。はよ終われ。」と念じていた。


帰宅してから、ネットで映画のレビューを探してみたら、
ひとつだけ「カメラワークの荒さ」について書いている感想を見つけた。



ちょっと懲りてしまったので、しばらく映画はいいや、と思っているが、
次に見に行く時は、酔い止めの薬を飲んで行かないとね。(笑)




スポンサーサイト



有朋自遠方来、不亦楽乎 - 2019.11.17 Sun

2DAA5EEF-ACB3-4F12-AFC8-C5B8B649B92D.jpeg

昨夜は、楽しいひと時を過ごした。
はるばる米子からないちゃーれきおーずの海月さんとねこばすさんが来られたのである。

ようこそ!K市へ!
妻と私は、お二人が泊まられるホテルへ。
いつもは私らが米子でお会いするのだが、
我が街で、しかもしょっちゅう徘徊している場所に、
海月さんとねこばすさんがおられるって、
なんだか不思議な感覚だった。
でも、
そんな感覚もすぐに解消。
一緒に夕飯を、ということで赴いた駅前の居酒屋🍻。
いっぱいいろんなお喋りをして、
楽しいひと時を過ごした。

B58845B6-2EBD-4957-A461-A0B9553BFF97.jpeg
フグ刺し
山口県といえば下関のフグが有名だが、
この辺りもフグは隠れた名物なんである。

564627F3-7533-4AB8-AACA-7EE1073BE227.jpeg
それから、「瓦そば」
これまた下関の名物なのだが、この店のメニューにあるとは思わなかった。


時の経つのも忘れ、
気づくと、隣でワーワー騒いでいたお客さんもいなくなり、
ラストオーダーの時刻になってしまった。












朋(とも)有り 遠方より来たる
また楽しからずや


ブログを始めて10年。
ネット上のお付き合いを超えたお付き合いができるなんて、
想像さえできなかった。
このご縁をこれからも大切にしたいものである。



(海月さん、ねこばすさん、ありがとうございました。どうぞお気をつけてお帰りくださいね。)










<追記>
日本海の海の幸、いただきました!
冷蔵庫で大切に保存しております。

3ED609AB-8536-4C22-A86F-650DE1CEE699.jpeg
松葉ガニ!!!

D6C22FBD-FC41-4C75-AC0F-B427DB32E197.jpeg
ハタハタハタハタハタハタッ!!!






ああ、今宵の晩ご飯が待ち遠しい・・・。





ウグイス - 2019.11.16 Sat

島に写真を撮りに行くのは先週に引き続き3回目。
今朝も期待に胸膨らませ、車を走らせた。

今朝はジョウビタキメスちゃんもオスちゃんも見かけたが、撮影はできず。
代わりにメジロが撮れた。

71EDD712-74F2-4800-BB4E-4A19C5767898.jpeg

D5CE38E6-292C-47BA-BB2C-C96F38156369.jpeg
メジロちゃんも可愛いよね。

さて帰ろうかと道を歩いていると、
日陰の枯れ木に鳥が止まった。
撮った時は、たぶんジョウビタキメスちゃんだろうと思っていたが、
家で見てみると、
どうやらこれはウグイスのようだ。

496DCE79-3DFA-4D61-85CD-E5837C94467E.jpeg

妻はそう言うが、本当かな。
もっとズームで寄ろうと思ったが、すぐに飛んでいってしまった。



ナゾの鳥 - 2019.11.13 Wed



土曜日の昼下がり、久々に「バズーカ」を持って、気まぐれに鳥を撮りに島に行った。
人気のない山道を歩く。
鳥の鳴き声がするたび、立ち止まってカメラを構えるが、公園に来る鳥と違って、なかなか姿を現さない。
やっと見つけた!・・・と思ったら、「なんだ、メジロか・・・。」
日も傾いてきたし、諦めて帰ろうか、と思った矢先、
後ろから、鳥が飛んできた。

大きな鳥で、一瞬トビかと思ったが、それにしては白い色をしている。
飛び方も、羽の形もなんだかトビとは違う。
私のほぼ真上を何度か旋回した。
慌ててカメラを構えてシャッターを切った。
ズームで寄りたかったが、寄れば寄るほど画角が狭くなって、鳥を捉えられなくなる。
なにしろ、相手は動いているのであるから・・・。
なんとか何枚か撮ったが、うーん、よく分かんない。

家に帰って、画像を拡大して、あれこれ画像処理してみた。
「やっぱ、トビじゃないぞ。」
ネットでいろいろ調べてみたが、何という鳥かどうも自信が持てない。

0C76E031-FE7E-486B-BCBA-09E9CB149F10.jpeg

42E6D5A5-82EB-4614-BC90-CD3032AA53D4.jpeg

2DA42175-58AD-465D-892E-EA3B31F99883.jpeg

とにかくできるだけはっきりさせることだけ考えて画像をいじったので、実際の色とは少し(かなり?)変わってしまったのだが、ひょっとして、ひょっとしたら・・・。

B473847F-5B01-43B1-9003-D1671710DD97.jpeg
(↑ネットで拾った画像)
こりゃ、ミサゴじゃないかしらん。
下から見上げると、白い腹が見えて、腹から羽にかけての白い部分の形がよく似ている。
でも、ま、自信はない。
こんなにちっちゃくて不鮮明な画像では・・・。


次の日の朝、その正体を確かめるべく、同じ場所に行ってみたが、
そんなに都合よく姿を表してはくれなかった。

だが、林の暗がりに鳥らしきものがいるのを見つけて、シャッターを切ってみた。
これまた上手には撮れなかったが、何か鳥らしきものが撮れていた。

CC39EEC4-3F6D-4EA6-8213-309409D1CD5F.jpeg
これまたナゾの鳥。
初めは、カラスだと思ったのだ。
大きさがそのくらいだったから。
だが、腹が青く、体の形も随分違う。
カラスというより、ハトのような体型だ。
これも、ネットで散々調べてみたがわからない。
Twitterに「#鳥の名前を教えて」ってハッシュタグをつけて公開してみたが、返事なし。



偶然だが、
ナゾの鳥を撮ったあと、全く同じ場所に別の鳥がいるのを発見。

21F2B7F3-15F0-4FBC-8185-6D5910875D06.jpeg

これは、きっとキジのメスだろう、と。
っていうことは、
ナゾの鳥はキジのオス?
それにしては、目の周りに赤いところがない。
・・・でも、
画像検索してみると、そんなに赤い部分が大きくない画像もあったので、
ひょっとしたら、キジかもしれないなあ・・・と。
これもあんまり自信ないけど。
でも、たぶん・・・そうかなあ・・・。


ナゾの鳥・・・っていうか、自信ない鳥が2羽。
あとは、木の枝の写真だらけだった。




そんな中で、
唯一、「私を撮って!」とばかりに、私の近くまでやってきてくれたのが、
「ジョウビタキ・メスちゃん」だ。

B676F8B9-A697-43F5-BAEE-ABB077FA6059.jpeg

C9E846D6-7D43-481F-8720-887B2CCBE67C.jpeg

BE9C262C-8B4B-4E15-806C-F338FFC7C1E4.jpeg

かわいいよねー、ジョウビタキ・メスちゃん!
この子だけ、いいアングルではっきりと写ってくれたよ。

ジョウビタキは、この辺りでは、冬になるとやってくる鳥である。





壊れたミシン - 2019.11.10 Sun




ここ半年、妻が洋裁にハマっている。
初めは、ポシェット程度の大きさのものを作っていたのだが、
バッグを作り、
今は、娘にセーラーカラーの秋物ワンピースを作って、くまっこ市に送るまでになった。


妻の創作活動を支えるのが「ミシン」。
もう30年も使っているらしい。
これまで何度も修理に出し、
「新しいの、買ったら?」という私の助言もものともせずに使い続けてきた。

いや、
本人も「そろそろ買い替えどき」と思っているに違いない。
だが、これまで修理して直ってくるたび、その話は立ち消えになった。
妻にとっては、これまで30年間馴染んできたこのミシンが一番使いやすいのであろう。

7月ごろ、糸調子がうまくできなくなった。
ミシン屋さんに持って行って修理を頼むと、
「ああ。もうこのタイプのミシンは、部品も製造していないんですよ。直そうと思ったら、中古や、廃棄された同じ型のミシンから同じ部品を取り出して使うしかないですよ。それでも元どおりに直る保証はないですし、修理代も高くつきますよ。もう、新しいのを買われてはいかがですか?」と言われた。

その時は、妻もその気になったようだ。
ミシンのカタログをもらって「これがいいかなあ。」などと言っていた。
私は、「ボーナスで買おうぜい。」と妻をけしかけたのだが・・・。


妻、それでも懲りずに壊れたまんまのミシンを動かそうとした。
そして、発見したらしい。
「自動糸調子が壊れたから、『手動糸調子』でやったら出来たわ!」
布の厚さに合わせて力を加減しながらひっぱったら出来たのだそうだ。

それで、新しいミシンを買うっていう話は、またうやむやになってしまった。
(そして、この状態のミシンで、服を4着作った・・・。)




さらにトラブルは続く。
2週間ほど前、
帰宅すると、妻が、
「おとうさん!今日、ミシンから『変な音』が出て、止まっちゃった・・・。」と・・・。

・・・さすがに・・・・さすがにこれは・・・。


と、思ったら、
「でもね。カバーを開けて、中に溜まってたホコリを綿棒でチマチマ取り除いたら直ったのよ!!」


・・・・・・恐れ入りました。



100人中98.8人は買い換えるであろう状況でも何とかする妻。

「良い物を長く使う」人は結構多いと思うが、
妻は「安物を『壊れても』使う」人である。
でも、それは決してケチなわけではないことが分かった。
使い慣れた物をとことん使うということなのだろう。

妻の持ち物には、30年選手がザラにある。
アイロンは、大学生時代からのもの。
コーヒーを挽いた粉を入れる缶は、新婚時代に私の両親からもらったコーヒーの空き缶。(あ、これ、20年選手)
現役で使っている色鉛筆は、なんと、小学校時代に使っていたもの(半世紀前のもの!!・・・もはや骨董品である。)。

そして、
今日、100均ショップで砂糖の入れ物を買ってきたが、
これまで使っていた、壊れた砂糖入れも30年は使っていた物らしい。




なんか・・・凄い・・・。



久々に弾き語った。さらまわし - 2019.11.04 Mon

高校の頃、
私が嫌いだったアーティストは、
「オフコース」と「さだまさし」。
なぜなら、どちらも女の子に人気があったからだ。
やっかみだね。
(Queenも圧倒的に女性ファンが多いバンドだったが、なぜか女子のクイーンファンは周囲にいなかった。)

同じクラブ(合唱部)に「さだまさし命」みたいな女の子がいて、
部室で友達と毎日のように「さださん、さださん」と楽しそうにお喋りしていた。

その度私は、
「けっ!なんでえ、『さだ』だとお?軟弱な歌歌いやがって。」
と、心で叫んでいた。






で、
久しぶりに弾き語り。
曲は、なんと、その「さだ」の歌。

「けっ!」なんて言いながらも、当時「さだまさし」のシングルレコードを2枚持っていた。
あの独特なハイトーンに、心の隅で密かに憧れていたのかもしれない。


動画で私が歌っている顔。
今にもぶっ倒れそうな、必死の形相である。
モノクロにしたのは、
高い声を無理して出して、顔が真っ赤になってしまったのが恥ずかしかったので、
それを誤魔化すためである。




・・・キーが高くて、死ぬかと思った。


二度と歌わん。




街の風景を入れてみた。 - 2019.11.04 Mon

8760A77F-A351-4CA9-8F94-90C24A6066E1.jpeg


正直、だんだんいい加減になったが、
一応、イラスト完成!
またやる気になったら、細かいところも作り込んでいこう・・・











・・・いや、もうやめとく・・・


めんどくさいし・・・。


セリカLB、完成マジか? - 2019.11.02 Sat




平日はなかなか進められなくて、
部品1個ずつっていう感じだったが、
昨夜から今日の午前中にかけて、だいぶ進んだ。


後輪と、サイドステップ、それから、ボディーの映り込みを作った。
ボディーの映り込みは難しい。
バイクだと、細かい部品の集合体だから、一つずつ部品を作っていけばそれらしくなるが、
車のボディーは、なだらかな曲面で、しかも鏡のように周囲にあるものを写し込んでいるものだから、
曲面を表しながら描くのは至難の技である。

初めの頃は、画像に従って描いていたが、
なんだかカモフラ柄みたいになってしまって、それがずっと気になっていた。
画像に忠実に描こうとすると気が狂いそうになってしまうので、
一旦映り込みを消し(時間をかけたのでもったいなかったが)、
もっとシンプルに描いてみることにした。








・・・ふう・・・、
あとは、ボディーの写り込みをもうちょっと描き込んで、
後部にサメのエラみたいな部品を付けて、ドアノブを描いたらほぼ完成かなぁ。





アプリに慣れるために「試しに」作ってみようと思ったのだが、
けっこう時間がかかるもんだ。







(追記)
午後2時


でけた!

6B4291CF-362D-4827-A9FD-C7EE3002CBD0.png



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ダイソースピーカーでエンクロージャー自作 Mar 29, 2020
軽率な行動を控える Mar 26, 2020
出勤前の儀式 Mar 22, 2020
不要不急のドライブ Mar 20, 2020
不安との闘い Mar 10, 2020
ヒ・・・、ヒレンジャク!!! Mar 01, 2020
星空 Feb 25, 2020
山田くーーーん! Feb 24, 2020
河津桜はメジロちゃん祭り! Feb 22, 2020
My Funny Valentine Feb 14, 2020

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (32)
TEAMの日記 (1032)
隊長の日記 (253)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (79)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
健康のためなら命も惜しくない! (52)
こぐまと (161)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (56)
妻の言葉 (30)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (406)
Bobusurē (11)
そらまめ君と (63)
音楽 (67)
絵画 (39)
CG (12)
写真・映像 (106)
数うちゃ当たる?写真術 (0)
鳥 (97)
深夜の調理実習 (11)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (10)
つくネ通信 (13)
未分類 (0)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始