FC2ブログ
topimage

2019-02

こぐまの「二人展」 - 2019.02.23 Sat

妻と二人、
こぐまの写真展を観に行った。
もう引退したが、
くまっこ大学の写真部時代、
部長だった三木(仮名:♂)さんと副部長だったこぐまとの二人展である。

いい写真だった。
私には、写真表現の専門的なことはよくわからないが、
いくつもの写真が胸を打った。

こぐまの撮ったものでは、
踏切のそばに佇む少女の写真と、
金網越しにじっと何かを見つめている少年の写真が特に良いと思った。

高校時代の意図的に作られた作品とはまた違った良さ、
もっと自然で、こぐまらしく写真を楽しんでいる。
ファインダーを通して、こぐま自身が写真に写っているように見えた。

相方の写真も素晴らしかった。
中でも、
捨てられた?洗濯機が無造作に何台も集められた写真。
こういうの、私は好きなんだなあ。

二人の写真は、それぞれ混ざって展示されていて、
どっちがどっちの作品かは示されてはいないのだが、
ま、分かるわな、なんとなく。
2人の個性は違うから。


こぐまと部長さんに敬意を表して、
著作物=作品は、ここには載せないことにした。



以下の写真は、
展覧会の近くで面白いものを見つけたので、私が撮った素人写真である。


20190223212145c1d.jpeg

2019022321214093f.jpeg




スポンサーサイト



登山家?たけ - 2019.02.22 Fri




2日連続で、山に登った。
同じ山である。

たけ、ついに山登りに目覚めたか?
はたまた、幻の鳥を求めて?


・・・・ちゃうちゃう・・・。









し・ご・と・・・・・。




これも、私の仕事なのである。

登ったのは400m級の山。
・・・あ、笑ったな!
「たった400m?」・・・って。

今笑った人には、ぜひこの山を、私が登ったルートで登ってみて欲しいものである。
標高は低いが、
急勾配が続き、めっちゃしんどいんだから。

山登りが趣味の人には「屁の河童」だろうが、
一般人には絶対キツイ。
それを2日続けてですよ、あーた。




さっき、バブを2個入れた風呂に入ってきた。
(2個入れたから、効果が倍増するのかどうかは知らんけど)





・・・でも、
精神的な疲労よか、
肉体的な疲労の方が断然いい。
そういう意味では、
今日はいい1日だった・・・・・・・・・






・・・・・・だなんて、
全然思わんぞ!




カワセミ君のホワイトデー - 2019.02.16 Sat

土曜日。
今日は昼から「木工」の仕事を家でしていた。(趣味ではなく、あくまで仕事)

4時間もしていると、流石に疲れる。
飽きても来る。

ってことで、
夕方、車で息抜きに出かけた。
川沿いの体育館の駐車場に車を停め、
川っぷちの道路をプラプラお散歩。

20190216201700afc.jpeg

コガモが10羽くらい集まっていた。
こういう鳥って「ガーガー」と鳴くもんだと思い込んでいたのだが、
この時は、なかなか綺麗な声で鳴いていた。


・・・と・・・・、


向こう岸で違う感じで鳴く鳴き声が聞こえた。
もしやと思いつつ、向こう岸を見ると、「カワセミ」!




鮮やかな青ですぐに分かった。



しばらくこの川にも来ていなかったけど、
待っててくれたんだね!
夢中になってシャッターを切った。

が、
ほどなくして、姿を見失ってしまった。
(追記:あとで分かったんだけど、このカワセミはどこかに行ってしまったのではなく、
ずっとそこにいたようである。対岸のスズメ大の鳥、実際のとこ、豆粒ぐらいにしか見えないのだ。
いや、豆粒は大げさか。)



そして、
目を凝らすと、護岸のコンクリートの上で再び発見!!
帰ってから確認すると、どうやらオスのようだ。
(オスは、くちばしが上下とも黒く、メスは、下のくちばしが赤い)
2019021621592665c.jpeg


そして、また見失った。
カワセミはいったん飛び立つと、飛ぶのが速くてすぐに見失ってしまう。




しばらくして、三たび見つけた。
夢中でシャッターを押した。
その時、
そのカワセミの横に青い「何か」があった。
ちょうどカワセミと同じような色。




うちに帰って写真を拡大してみると、それもカワセミだった。
20190216201703d7c.jpeg

つまり、「カップル」だったのだ。




そこから推察してみると、
はじめに撮ったのはメスのカワセミちゃんで、
コンクリートの上にいたのはオスのカワセミ君。
オスのカワセミ君は、カワセミちゃんにプレゼントを贈ろうと、
魚を狙っていたようだ。
カワセミちゃんは、それを川岸の植物につかまって、じっと待っていたようだ。

そこにカワセミ君が帰ってきた。
魚を捕らえてプレゼントできたのかどうかは私には分からないが、
2羽仲良く並んで佇んでいた。

201902162245494de.jpeg

多分左下がオスのカワセミ君。くちばしが黒いので。
右上がメスのカワセミちゃん。映りが悪いからここには載せなかったが、明らかに下のくちばしが赤かった。


カワセミは、
オスがメスに魚を獲ってプレゼントするという求愛行動をとる。




今日は、彼らには人間より一足早い「ホワイトデー」だったようだ。



昨日はバレンタインデーでしたね - 2019.02.16 Sat

昔ほど、バレンタイン、バレンタインと、世間は騒がなくなったような気がする。
ちょうど私が中学生だった頃から、
この風習?が日本で流行り始めた・・・のかな?
その頃は、普通のチョコレートを女性が好きな男性にだけ、
告白とともに贈っていた・・・ような気がする。
チョコレートも、私が初めてもらったのは特別なものではなく、
「グリコ セシルチョコレート」・・・だった・・・ような気がする。

あれから40年。
本命チョコだの、義理チョコだの、友チョコだの、(頑張っている自分への)ご褒美チョコだのという言葉ができ、
そして、近頃ようやく落ち着いてきたような気がする。
職場でも、チョコ(もちろん義理チョコ)をもらうこともほとんどなくなってきた。
昨日は全職員の机の上に小さなチョコレートの包みが置いてあったが、
何も気にせずにさっさと食べて、
帰りの車の中で「ああ。そういえば今日はバレンタインデーだから置いてあったんだ。」
と、あとで気がつく始末・・・。


だが、我が家ではこの「風習」、ずうううっと続けているノダ!
毎年妻がこの日チョコレートをプレゼントしてくれる。
そして、そのチョコは、結婚以来ずっと、「Mary’s」のチョコと決まっている。
独身の時、初めて妻にもらったのがこれだったので。



今年ももらった。

やっぱ嬉しい。


で、
私一人では食べきれないから、
二人で食べた。

今年は、交互にクイズを出し合い、正解したら一つずつチョコを食べられる、っていうルールで。

20190216010853828.jpeg


妻:
「我が家では毎年メリーチョコレートを贈っている。○か×か?」

たけ:
「○!」

妻:
「ピンポン!」

たけ:
「こぐまは、今、くまっこ市に住んでいる。○か×か!」

妻:
「○!」

たけ:
「ピンポン!」

・・・・・・そんな感じである。
お互いすぐに分かる問題。
正解は全て「○」。

最後に余った2つだけ、私が余計にもらったけどね。







来年のバレンタインは、何して遊ぼうか。




冬の公園 - 2019.02.11 Mon




3連休最後の1日。
ほぼ1日中家でナマコのようにグデーっとしていたが、
「こんなことじゃいかん。」と、
公園に写真を撮りに行った。

公園の木には可愛いエナガが群れでやってきていたが、
あいにく望遠レンズを持って来ていなかったので、泣く泣く諦めた。

冬の公園には花もほとんど咲いていない。
ネコぐらいはいるかな、と思ったが、ニャーとも声はしない。
寒風の中、
咲き残っていた花を少し撮って帰ってきた。


201902111741362f5.jpeg


妻:
「これ、なんて花かわかる?」

たけ:
「・・・・・・・・つ、ツバ・・・キ・・・・?」

妻:
「(溜め息)・・・これじゃから、シロートさんはね・・・。」


私は、花の名前が苦手だ。
これはサザンカなのだそうだ。



・・・・え?

みんな知ってるって?

6Dで初撮影 - 2019.02.10 Sun

201902101333508cd.jpeg


今日は朝からいい天気だったので、
新しいカメラを持って出かけた。
はじめは近所を散歩するつもりで、
50mmの単焦点レンズをつけて、
近所をうろうろしてたんだけど、
なんだか撮りたいものが見つからない。

そこでレンズを500mmの望遠に付け替えて、
車で、橋でつながった島に行くことにした。
(50mmと500mmしか持ってないってのもすごいよね・・・。)
島では何かイベントがあるらしく、
どこも車がいっぱい。
立ち入り禁止の駐車場もあって、なかなか車が停められなかった。

よく行くお気に入りの場所に向かったが、
あいにくそこも通行止め。
仕方なく引き返し、行くあてもなく、島の先の方へどんどん進んで行った。

島のだいぶ奥まったところに道沿いの駐車場があり、
そこに車を停めて、木の実を食べに来る鳥達を待った。

そんなにたくさんは撮れなかったんだけど、
メジロとホオジロの写真が撮れた。

ホオジロは、バックがゴチャゴチャしてあんまり上手く撮れなかったので、
可愛いメジロちゃんを。
201902101333447fb.jpeg

ここだけの話、カメラ、買いました - 2019.02.07 Thu

2017年9月。
ホシイ病が再発した。
・・・で、
エレアコを買ってしまった。

それから程なく、一眼レフのイオスキス・X2がオシャカになった。
でも、
Fujifilm X-E1があるから、それで我慢しとこうと心に誓った。


で、
今度こそホシイ病を治すぞ、と、思ってたんだけど・・・。
・・・・・思ってたんだけど・・・・・、
iPad Proを買ってしまった・・・、つい・・・。



で・・・。

「これで打ち止めにしよう」
そう思ったんである。
ほんと、ほんとに・・・・・そのときは・・・。

だが、
年末年始、実家に帰省した時、
決定的に「ホシイ病」の発作が出た。
「ノスリ」っていう、初めて見た鳥のせいで。

貴重な瞬間なのに、手元には200mmまでのズームレンズのミラーレスカメラしかない。
「ああ。こんな時、『バズーカ(500mm)』さえ使えれば・・・。」

んで、
欲しくなっちゃったんである、一眼レフ。



でも、
しばらくは、
スシローに行った時にガチャで見つけたカメラ(もちろんフィギュアである)を買って我慢していた。
でも、
それは、ホシイ病を悪化させる効果しかなかった。

201902062134285e5.jpeg

妻:
「あら、いいカメラ買ったじゃん。お父さんその時100円しかなかったから、あたしが200円出資したんじゃけど?」

・・・いやいや、それ、本物のカメラじゃないし・・・。

妻:
「あらあ、だって、レンズだって外せるし、ストロボも上がるでしょ?」

・・・いやいや、でも、シャッター押せないじゃん。第一、写真撮れませんけど・・・。」

妻:
「えええ?あたし、200万円も出資したのにぃ?」

・・・いつの間にか、200円は「200万円」になっていた。
ライカのカメラじゃねえっての。





で、
とうとう(妻に内緒で)ネットで買ってしまった。

買ったのは、「CANON EOS 6D」だ。
もう生産を終えたモデルなのだが、
「価格.COM」で、売れ残り?を探すとまだいくつもあった。

後継機が出たからか、価格が下がっていたのだが、
さすがにこういうのは、同じ物なら安いものから売れていくようだ。
こりゃ、買うなら早くと思って、
思わず「購入ボタン」を押してしまった。

中古は5万円台からある。
初めはそれで十分、と思っていた。
だが、
ボディーがどんなに傷だらけでも全然気にしないが、
シャッターなどの部品がこれからどの程度耐用年数が残っているのか、
そこが不安だったのでやめた。







で、
その製品が、昨日届いた。



・・・運悪く、
佐川急便のその荷物を受け取ったのは・・・・妻だった。
(その後、我が家でどんな惨事が起きたかは、ご想像にお任せします)


ともあれ、
念願の一眼レフカメラ、購入!!!

2019020621342749f.jpeg

はじめは、連写速度が速くて、ピントが被写体に追尾していくような、
マニアックなヤツを狙っていたのだが、
それはやめた。
そんなの、分不相応だと思ったからだ。

それより何より、
「フルサイズ」に心惹かれた。
6Dは、フルサイズ一眼の一番安いヤツである。
フルサイズの入門機ってとこかな?

現行の「6D MARKⅡ」は、
「6D」より機能は抜群に優れているが、
なにせ、お高いのでね。
どうせ、すべての機能を使い倒すほどの腕もないので。
基本さえしっかりしていたら、それでいーのだ!

今持っている「FIJIFILM X-E1」も、もちろん大好きなカメラだ。
発色が良くて明るい、という印象がある。
だが、
悲しいことに、バッテリーの持ちがすこぶる悪い。
ピントが甘い・・・わけではないのだが、
もっともっとシャープな画像が撮りたいと思う。
そこんとこ、
「6D」に期待しているんだが・・・。
(余談だが、「6D」はこぐま師匠と同じカメラである)






ま、
とりあえず、
当分妻には頭が上がらない。




戊辰150 - 2019.02.01 Fri

我らが愛新覚羅教授と夢のコラボが実現した!
ユニット名は「戊辰150」である。
戊辰戦争から150年の意味。
教授に命名していただいた。

長州に住む私と、
会津にゆかりのある教授とのコラボである。
教授はアコギでステキな演奏を披露されている。

んでは、
明治維新では敵同士だった両藩だが、
ここはかつての歴史的なわだかまり
(・・・って、まあ、私にはそんな意識はないですけどね。)を捨て、
手を取り合って仲良しの演奏を。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

台風 Oct 13, 2019
妻のBirthday Oct 10, 2019
たけ、2度目の「鼻」胃カメラ Oct 06, 2019
「TEAMたけ給食センター」(身内限定) Sep 29, 2019
にゃーんがっ( ≧∀≦)ノ Sep 21, 2019
LPレコード Sep 16, 2019
胃カメラ(鼻からのヤツ)の検診予約 Sep 14, 2019
残暑の1週間。そして、ステキな週末 Sep 07, 2019
ソウルフード Aug 31, 2019
白き悪魔との壮絶な闘い2019 Aug 24, 2019

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (31)
TEAMの日記 (1014)
隊長の日記 (249)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (78)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
目指せ!細マッチョじじい! (50)
こぐまと (159)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (48)
妻の言葉 (29)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (375)
Bobusurē (10)
そらまめ君と (63)
音楽 (59)
絵画 (39)
CG (7)
写真・映像 (98)
数うちゃ当たる?写真術 (1)
鳥 (88)
深夜の調理実習 (10)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (9)
つくネ通信 (13)
未分類 (6)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始