FC2ブログ
topimage

2017-02

涙は女の武器 - 2017.02.12 Sun

PTDC0021.jpg


私が小学生のころ、
授業が終わって帰り支度が済んだら、
毎日「反省会」と呼ばれるショートな学級会が開かれていた。
一日を振り返り、反省し、よりよく成長するための話し合いの場・・・と言えば聞こえはいいが、
早い話が「チクリあい」「ののしりあい」の会だった。

まずは、やんちゃな男子がやり玉に挙げられる。
「悪谷君(仮名)は、良沢さん(仮名)にバカって言いました。いけないと思います!」
「悪谷君は、ヘソ川(仮名)君の鉛筆を折りました。いけないと思います!」
哀れ、悪谷君は、何度も立たされ、反省の弁を述べさせられるのである。
決まり文句は「今度から気を付けます。」
それでも「正義の味方」の女子は、
「今度、今度って言いながら、いったいいつになったらやめるんですか!」
やり玉に挙げるのは、口の立つ女子。
悪谷くん、「今度から気を付けます。」と繰り返すしかない。
そして、恨みのこもった眼差しでその女子を睨みながら席に着く。
でも、仕返しはできない。
閻魔大王より怖い先生が前で話を聴いているからだ。

ときには複数の男子が立たされることもある。
もちろん私も幾度となく立たされた。
女子の定番の訴えは、
「男子が女子のボールを勝手に使います」だ。

裁判長は先生。
反論があればきちんと聞いてはくれるが、
実際、男子のしてることはたいていいけないことなので、ほぼ反論はできない。
場合によっては、先生に泣くまで怒られる。
だから、
悔しい男子は、負けじと女子のアラを探して訴える。
そうして、どんどん男女の対立は深まっていくのである。

それが「反省会」であった。
私も含め、男子の多くは戦々恐々としてこの反省会の時間を過ごしていた。
優等生の女子に文句を言われることよりも、
先生に叱られることが何より怖かった。

女子にしてみれば、男子のわがままや乱暴で下品な行為にやられっぱなしで、
それに一矢報いることができるチャンスだったのかもしれない。
なにせ、バックについているのは「閻魔大王」なのだから。


さて、
6年生にもなると、次第に男女の力関係も変わってくる。
思春期の入り口。
男子と女子は、これまでの「ライバル」みたいな関係から、
妙な意識を持ち始める時期になる。


そんなある日のこと。
教室で私が友達と雑談していると、
少し離れたところに集まっていた5、6人の女子が、
気になる男子の話をし始めた。
スポーツマンでかっこいい男子の話。
それは、私が一緒に雑談している友達のことだった。

羨ましい。
色気づいてきた私は、正直、そう思った。
でも、まあ、それだけなら我慢できたのだが、
なぜか、
その女子たちは、
突然「それに引きかえ『たけ』はねえ。」みたいな話をし始めたのである。
どうみても聞こえよがしに、私の容姿や運動音痴なところをあげつらって。

はじめは冗談めいた言葉だったが、
次第に言葉は鋭く辛らつになってきて、
だんだん私も腹が立ってきた。
「俺、別にお前らに何もしちょらんのに。」
そこまで言わんでも。

なんか、
自分のプライドが傷つくようで、
でも、その友達の前では平然としていたかった・・・。


んが、
突然、女子の一人、メグちゃん(仮名)が、
何か一言(なんって言ったかは覚えていない)笑いながら言ったことに、
周りの女子が爆笑し、
ついに私は、怒りが爆発した。

「うるさい!」


マジでぶん殴ってやろうと思って、
メグちゃんたちに近づいて行った。





・・・・だが、それはできなかった。


メグちゃんは、私への非礼を謝るどころか、すかさずこう言ったのである。

「あたし、泣こうと思えば泣けるんじゃけえ!」

???????????????


なんじゃ?それ????

周りの女子も、
「そうよ!メグちゃんは、泣こうと思えばいつだって泣けるんじゃけえね!ほら、謝りンさいよ!」
メグちゃん、見る間に目に涙を浮かべた。
う、うわ。ほんとに泣いちゃう!!!


ど、ど、ど、どーいうことだ。
失礼なことを言われて、からかわれて、傷ついて、泣きたいのは俺の方だぞ!



・・・だが、
それは言葉にできなかった。
だって、
その頃、誰かを泣かしたら、泣かした方が絶対的に悪者になったからだ。
よく分かんないルールだが、
目に涙が溜まっている状態ならセーフ。
でも、その涙が一滴でも頬にこぼれ落ちたらアウト!
「泣かした」「泣かしてない」の判断は、そこで決まっていた。

そして、反省会で「たけ君がメグちゃんに『うるさい!』って言って泣かしました。」と言えば、
先生に絶対叱られる。
その頃、男子が女子を泣かすことイコール「弱い者いじめ」だったのだ。

反論もできなかったであろう。
だって、反論するためには、
自分が「ダサい(こんな言葉は当時はなかったが)男子」であることを、
自分の口から言わなければならないからだ。
かっこいい友達に嫉妬していたこともばれてしまう。
思春期初心者の私には、そんなカッコ悪いこと絶対に言えはしなかった。




私は、怒りを押し殺して、メグちゃんに、
「ゴメンナサイ。」
と謝った。





メグちゃんは、自分の涙が武器になることを、
齢12歳で知っていたのである。



スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ナゾの鳥 Nov 13, 2019
壊れたミシン Nov 10, 2019
久々に弾き語った。さらまわし Nov 04, 2019
街の風景を入れてみた。 Nov 04, 2019
セリカLB、完成マジか? Nov 02, 2019
妻の言葉「攻めて、招いて、貯める!」 Oct 27, 2019
ちょっと前進 Oct 27, 2019
今日はここまで Oct 27, 2019
iPad 三昧な祝日 Oct 22, 2019
モアイクリニックにて Oct 19, 2019

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (31)
TEAMの日記 (1017)
隊長の日記 (249)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (78)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
目指せ!細マッチョじじい! (51)
こぐまと (159)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (49)
妻の言葉 (30)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (382)
Bobusurē (10)
そらまめ君と (63)
音楽 (60)
絵画 (39)
CG (12)
写真・映像 (98)
数うちゃ当たる?写真術 (1)
鳥 (89)
深夜の調理実習 (10)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (9)
つくネ通信 (13)
未分類 (6)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始