QLOOKアクセス解析

カメラ散歩~水鳥を撮りに




前回、散歩に行ったとき、標準レンズしか付けていなかったので、
鳥の写真がちっちゃくしか撮れなかった。
今日は、55~200mmのズームレンズを付けて、先日と同じ川へ。

S0047856 (2)
散歩の途中、ジョウビタキと出会う。
私にとってジョウビタキは、冬の到来を告げる鳥である。
遥かチベットや中国からやってくるそうだ。
このジョウビタキのメスってかわいいでしょ?


そして、お馴染みモズ君。
S0107884 (2)


竹藪のそばの木にサギがとまっていた。
今日は、4羽を見つけたが、10羽近くとまっていることもある。
サギ(これは・・・チュウサギ?オオサギ?コサギ?私は、その区別がつかないのだ。)は、
コロニーを作って生活するらしい。
S0258157 (2)


「川の帝王(私が勝手に名付けた)」アオサギ。
S0238144 (2)


浅瀬には、キセキレイ。
S0038023 (2)

S0058035 (2)


川の途中の落っこちそうなところに、コガモが一列に整列していた。
S0177917 (2)


ずっとカモだと思っていたら、くちばしの形が違う鳥がいた。
帰ってから調べてみると、ウミアイサという鳥だった。
S0068046 (2)

S0178111.jpg



午後は、妻と二人で温泉に行き、帰りに冠山総合公園によった。
「秋のバラ祭」というのぼりが立っていたからだ。
DSCF8197 (2)

DSCF8195.jpg
前回のバラ祭に比べて、ちょっと寂しい感じ。
残念ながら、秋はそんなにたくさんバラは咲いていなかった。



でも、その代わり、ジョウビタキのオスを見つけたよ!
S0308184 (2)

スポンサーサイト

生エビアレルギー

先日の職場の旅行で、夕食の時、
若い同僚が、エビとカニが食べられないと言った。
「俺、エビカニアレルギーなんすよ。」
そんなの初めて聞いた。
可哀そうに、あんなうまいもの食べられないなんて。
と思いつつ、
私は、生のエビの刺身を食べた。



・・・・・か、かゆい・・・・・。

エビが喉を通った直後、
喉の奥のほうに結構強いかゆみを感じた。

そういえば、数年前、
秋穂というところで、「えびづくし」の料理を食べたとき、
クルマエビの造りを食べると、
喉の奥がかゆくなったっけ。
でも、しばらくするとかゆみがなくなったので、
気にも留めなかったのだが。


不安になって、その同僚にそのことを話すと、
「先輩、そりゃアレルギーっすよ。」

えええ?
そ、そうなの?


旅行から帰って、
妻と一緒にかっぱ寿司に行ったとき、
試しに生エビの握りを食べてみた。

・・・間違いない。かすかだが、喉の奥がまたかゆくなった。


「生エビアレルギー」決定。
さっきネットで調べてみたら、
生エビだけに反応するアレルギーだが、
加熱したエビも食べないほうがいい、と書いてあった。
アナフィラキシーショックを起こすこともあるらしい。





私、
もう、一生エビは食べません。




ううう。


ううううううう・・・・。


圧縮ソフトを変えてみた

先日から、iPhoneで写真の画像が表示されなくなったという怪奇現象が続いていました。
そこで、画像圧縮ソフトをこれまで使っていた「縮小一気」から、
「縮専。」に変えてみました。


DSCF8546 (2)
いかがです?

これからは、「縮専」を使おうと思います。
原因は、よく分かりませんが、
きっと、アレがナニしたのだと思います。

長らくご不便おかけしました。
これまで掲載した画像で、表示できなかったものは、
順次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、
やっぱりやめた・・・・・・・・・・・・・管理人・たけ

お詫びとお知らせ

先日来、
iPhoneからこのブログを開くと、写真が表示できない、
とのご指摘をいただいています。
ちなみに私のiPhoneでも、
不思議なことに、イラストの画像は表示されるのに、
デジカメの画像は表示できません。
いろいろ試してみるものの、さっぱり。

そこで、
とりあえず、
ブログで使用した画像でiPhoneで表示できないものについては、
別の場所にアップロードし、そちらで見ていただくようにいたしました。


右カラムの「リンク」のところに、
"帰ってきた「TEAMたけの日記」掲載画像"というリンクがありますので、
そちらでご覧ください。
なお、スマートフォンモードでは、リンクは表示できませんでしたので、
「PCモード」に変換して、リンクに飛んでいただけば、と思います。
あ、もちろんどなたでもご覧いただけます。

ご面倒をおかけして申し訳ありません。
その代わりにブログに掲載しなかった写真も載せています。


今後とも、当ブログを何卒よろしくお願いいたします。



なお、
この件についての情報や、
解決方法などをご存知の方、
教えていただけると大変助かります。
よろしくお願いいたします。



管理人・たけ

ちょっとテスト中

IMG_7225_2016102700393311b.jpg


1121

IMG_7225_20161024184839c99.jpg
IMG_7769 (2)
IMG_7225.jpg

カメラ散歩

IMG_7769 (2)

あんまり天気は良くなかったが、
家にこもってるのも嫌だし、
カメラを持って近所をお散歩。

DSCF7836 (2)
DSCF7837 (2)
DSCF7835 (3)
DSCF7828 (2)
DSCF7821 (2)
DSCF7819 (2)
DSCF7807 (2)
DSCF7831 (2)

お節介ナビ

チョリス購入当時
1_20161023105417b19.jpg

7月某日
2_2016102310541630c.jpg

8月某日
3_20161023105415310.jpg

ついさっき
Untitled 6
(実話)

鳥取県で震度6弱

昨日の午後、
仕事中に突然スマホからけたたましい音。
「大地震です」

外の防災無線からも地震発生を知らせるアナウンスが流れた。
みな即座に机の下に潜り込み、
机の脚をつかむ。
素早い動きだ。
そして、緊張の約1分。
揺れは来ない。

再びアナウンスで「この地域に大きな揺れが来る可能性は低い」と。
ほっとして、
でも、恐る恐る皆机から顔を出した。

阪神淡路大震災と東日本大震災の時のニュース映像が、
代わる代わる頭に浮かんだ。




鳥取で震度6弱の地震発生。





阪神淡路大震災(1995年)
芸予地震(2001年)
熊本地震(2016年)

私が高校生の頃は、関東地方で大地震が起きるなどと言われていたが、
近年西日本でも、大地震が発生するようになった。
もはや、日本のどこにいても安全とは言えなくなった。

それだけに私たちの地震に対する意識も高まってきた。
皆が素早く机に潜り込む姿を私は心強く感じた。
課題は、その後の判断力。
実際にとてつもない地震がやってきたら、
マニュアルにはない対応をしなければならない状況も必ず起きるであろう。
そこをどう判断し、行動するか、だ。
冷静に、しかも迅速に、だ。




スリル満点のコンビニ


家から100m程度のところにコンビニがある。
便利なのでしょっちゅう利用している。
そこにはけっこう個性的な店員さんがいて、
これまで何回かネタにしてきた。

私は、週末の夜中によくここに行く。
飲み足りないときとか、
小腹がすいたときとか、
退屈なときとか。

夜中に行くと、たいてい同じ人がレジにいる。
これまでは、
細身で物腰がちょい女性的な、
でも、腕毛がすんごく濃いお兄ちゃんであった。
急いでレジに入るときは、
グーにした両手を胸の前に上げ、
左右に振って小走りする。
お釣りを渡すとき、小指が立っている。
でも、シャツの袖からは、逞しい腕毛が。
そんな兄ちゃんであった。


いつかネタにしてやろうと思っていたのだが、
一昨日の夜中、1時ぐらいにコンビニに入ると、
店員さんが変わっていた。

今度は、コワモテで大きな体、
眼光鋭い、ちょっと怖い感じのお兄ちゃんだった。
柔道とかやってそうな感じだ。

彼は、レジの後ろで仁王立ち?して、一点を見つめている。
私は、そそくさとチューハイ(ほろよいホワイトサワー)をかごに入れ、
レジからは死角になる雑誌売り場に身を隠した。

店内に客は私一人。

ときどき、こっそり様子を伺うが、
お兄ちゃんは微動だにしない。
まっすぐ一点を睨んでいる。
店の照明が上から当たり、
くぼんだ眼窩は黒く、それがいっそう凄みを醸し出している。

「うひぃぃぃ!」
レジに向かう勇気がちょっと出ない。

しかたなく、しばらく雑誌をパラパラめくっていたが、
「こんなことしててもしょうがない。」と、
意を決して(なんかだんだん表現が大げさになっております)、
レジに向かった。

おろ?
兄ちゃんがいない。

見ると、一生懸命商品の整理?みたいなことをしている。
いつもなら、
「あんのー、すんませーん。」と呑気に声をかけるところだが、
今や一触即発の状況である。(ほんまか?)
なかなか声がかけられない。

すると、
気配に気付いたのか、
お兄ちゃんはむっくりと立ち上がり、
私の方へ、つまりレジへと向かってきた。

「・・・おまたせしました」
ぼそりと兄ちゃん。
「・・・円、・・・・・・・・円、・・・・・・合計で○○円です。」
ぼそぼそと兄ちゃん。

「あ・・・が・・・う・・・・ご・・・い・・・・し・・・。」
「ありがとうございました」が切れぎれにしか聞こえない兄ちゃん・・・。

ふひぃぃぃぃぃ!
私は、逃げるように店を出た。


スリル満点のコンビニ。


だが、
先ほどそこに行ってみると、
お兄ちゃん、
打って変わって、えらく愛想よく応対してくれた。
見た目は、やっぱ怖かったけどね。



あの夜、
彼に一体何があったのだろう。


妻の言葉「赤いとこ」

先日の、妻の誕生日の記事にコメントをありがとうございました。
妻、喜んでおりました。
Tシャツもウケて良かった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、
その記事の追記っぽいが、
我が家では、「幕の内弁当の梅干、及び梅干の跡がついたご飯の赤いとこ」について、
議論?が、妻との間で再燃している。

コメントをいただいた方々の内容をまとめると、次の通り。

梅干が好き、「赤いとこ」も好き(女性)
梅干しはあんまり食べないけど、梅味は好き(女性)
梅本体の方が好き(女性)
梅干しは嫌いだが、「赤いとこ」は好き(女性)
梅干が好き(男性)
梅干し大好き、(幕の内弁当が食べたくなったくらいだから「赤いとこ」もたぶん好き?)(女性)
「赤いとこ」が好き(女性)


うーーーーーーん。


圧倒的に梅干&「赤いとこ」が好きな人が多い。

ちょっと、待って。
冷静に考えてくださいよ。
梅干ですよ。
あの、極限まで酸っぱくてしょっぱい味の、ですよ!!
噛んだとたんに、顔じゅうのパーツが顔の中心にキューっと集まるようなアレですよ!!!

いやいや、
別に、ひとの好みにケチを付ける気はさらさらないのだが、
どうにも信じられないのだ。
好きな人はいるとは思うけど、
こんなに多いとは思わなかったのである。

妻にそのことを話すと、それ見たことかという表情。
「まあ、たけみたいな『子供』には、この美味しさは分からんじゃろ」と、
満面の笑みで言う。

く、くそおおお。
何も言い返せなかった。


で、翌日、さっそく妻は、スーパーで「幕の内弁当」を2つ買って帰った。
ご飯の上に丸々とした梅干が乗っているヤツを。

「お母さん、これ上げる」
私は、妻の弁当に、梅干を箸でつまんで乗せた。
妻、
「あ、ありがと」

で、試しにご飯の「赤いとこ」を、箸ですくって、
「お母さん、これも食べて」と妻の弁当に入れてみた。


妻の言葉
「ありがと。お父さんにもらった『赤いとこ』、デザートにとっとこ。」


デ、デザートて・・・・・。

恐るべし、妻の「赤いとこ愛」!!!


IMG_1577.jpg

« »

10 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login