topimage

2016-06

さらばハンス君! - 2016.06.27 Mon



9年間乗った車、フォルクスワーゲン・ゴルフプラス。
愛称「ハンス」君と、今日はお別れの日だった。

仕事が終わっていったん帰宅。
ディーラーと約束した時刻までまだ1時間ある。
しばし、ハンス君の運転席に座って別れを惜しんだ。

ハンス君との思い出が次々浮かんでくる。
毎日仕事に行ったのも、
妻やこぐまとドライブしたのも、全部ハンス君。

そらまめ君(自転車)を積み込んで、
とびしま海道サイクリング。
しまなみ海道サイクリング。

ほんと、いろんな思い出が詰まった車だ。


午後5時過ぎ、
ハンス君を運転してトヨタのディーラーに向かう。
夕方のラッシュにかかって少し時間がかかったが、
それもいやではなかった。

その分、この車に長くいることができるからだ。


そして、とうとうディーラーに到着。
新車の操作の説明を受けるのに時間がかかる。
この9年のうちに、
車って進化したんだなあ。


それから、
ハンス君に置き忘れていた傘を取り出し、
新車に乗って帰宅した。

まだ、
他人の車に乗っているよう。
やたらたくさんスイッチ類があって、
慣れるまでには時間がかかりそうだ。








あ、新しく買った車はこいつです。
FullSizeRelnder.jpg


トヨタアクア G's


スポンサーサイト

コンダラの正体 - 2016.06.25 Sat

久々にくだらないことを書く。
もともと私のこのブログはくっだらないことばかり書いているブログだったのだが、
このところ、
妙に写真とか載せるようになって、
本来のくだらなさが失われてきているようにも感じるのだ。

だから、今日は、くっだらない内容に、
くっだらない落書きを添えて。


小学生の頃、
アニメといえば「巨人の星」だった。
毎週土曜日を心待ちにしていた。
「根性」という言葉が好きになって、
部屋には「根性」と書かれた、どこかの観光地の土産物のペナントが飾ってあった。

当然主題歌はフルコーラス覚えていた。
力強さと逞しさを感じる、ちょい軍歌調?の歌を、腕を振り振り歌っていた。

思い込んだら 試練の道を
行くが男の ど根性


歌も大好きだった。
だが、一か所だけ、私には分からないところがあった。

「思い込んだら」だ。
歌の出だし部分だ。
この意味が分からなかった。
それは、
「思い込んだら」の「思い」を「重い」と思い込んだことに原因がある。

重い「こんだら」ってなんじゃ?
「重い」は分かる。
でも、「こんだら」って・・・????
こんだら・・・・・・・・コンダラ・・・・・・・kondara・・・・・

いろいろ考えて出した結論は、
「父一徹が作り出した大リーグボール養成ギブスみたいなトレーニングマシン」・・・だ。
これがまためっぽう重い。
そのマシンを背中にしょって、飛雄馬は特訓をするのである。
↓こんな風に、うさぎ跳びで。↓



長いことそう信じていたのだが、
いつ頃か、
ようやくそれが「思い込む」という言葉だということを知り、
ようやく腹から納得できたのである。

そうか、
「こんだら」って実在しないんだな・・・。






と思ったら、大間違いだった。
「こんだら」は、実在した!



さっき、記事を書こうと「こんだら」をググってみた。
そしたら、ヒットしたのだ!「コンダラ」が!!
i320.jpg


知らなかった・・・。
コンクリート製の地面をならすローラーのことを「コンダラ」というなんて。

さらに驚いたのは、
この「コンダラ」は、俗称で、
巨人の星の主題歌を聴いて、
「思い込んだら」を「重いコンダラ」と聞き違えたところから、
自然発生的にできた言葉らしい。




つまり、
「思い込んだら」を「重いコンダラ」だと思っていたのは、
私一人ではなく、
日本中にたくさんいた、ということであろう。


My 54th. Birthday ! - 2016.06.23 Thu

54歳になった。
50を超えた、半世紀生きた、と大騒ぎしたのがついこの間のよう。
だが、もう50代も中盤である。


先日、
とある2人組ロックグループのピザ好き女性シンガーのブロ友さんより、
とあるYoutubeの動画を紹介していただいた。

ディズニー映画「ズートピア」のワンシーンである。


おおお!
これは、まさにTEAMたけそのままではないか!!
そして、
ブロ友さんのご指摘通り、
ここに登場するお父さん、
私にそっくり。
一目見た瞬間、
「あ、俺じゃん」とつぶやいてしまった。


この駅での別れのシーンは、
帰省したこぐまが大学に帰るたびに、
山口県の片隅の新幹線乗り場で毎回、
TEAMたけによって演じられている光景である。

あとは、
この子ウサギが列車の出発間際に缶チューハイをチラ見せして、
にやりと笑い、
父親がホームを出る列車を追いかけて、
柱に激突するシーンさえあれば、
全く同じである。
映画みたいにチューはしないけど。

関連記事1
関連記事2

54歳の誕生日に際し、とても素敵な動画のプレゼントであった。



ご紹介いただきありがとうございました。

豪雨 - 2016.06.20 Mon

毎日雨。
晴れたかと思ったら雨。

そして、今、ものすごい土砂降り。
いつまで続くんだ?



ま、
夕立じゃないけども。

桃源郷 - 2016.06.12 Sun

S0231215 (4)

妻と二人、今日は午前中にアジサイを見に行き、
昼からは映画を見に行った。

「ふたりの桃源郷」という、
ローカルテレビ局が作成したドキュメンタリー映画だ。

maxresdefault.jpg

舞台は、県内の人里離れた山の中。
電気もガスも水道もない。
そこで暮らす老夫婦の物語。
AS20160513002442_comm.jpg

何度も涙が出た。


ドキュメンタリーだから、作られた感動ではない。
でも、
いつもお互いいたわり合って生活する、
主人公のおじいちゃんとおばあちゃんの温かみが、
じわじわと心に沁み込んでくる。

家族って何だろう。
夫婦って何だろう。
老いって?
生きるって?
死ぬって?
そして、幸せな人生って何だろう。
25年の歳月をかけて作られた映画は、
いろんなことを考えさせられた。


うちに帰って、
午前中に妻と行ったアジサイ園の写真を整理した。
なんだか、そのアジサイ園が「桃源郷みたいに見えてきた。


DSCF1113 (2)

DSCF1143 (2)

DSCF1172.jpg

DSCF1174_20160612180109758.jpg

DSCF1160 (2)

DSCF1170.jpg

DSCF1010 (2)

S0191185 (5)

DSCF1300.jpg

S0231215 (3)

S0231215 (4)

幻想 - 2016.06.11 Sat

DSCF1155 (4)

妻とホタルを見に行った。
川の中流、橋の下。
カメラでホタルを撮ってみた。
シャッターを開けっぱなしにして約1分。

車の通りが多いところだったので、
ヘッドライトの光が入ってうまく撮れなかったが、
ホタルの光は撮れた。

でも、まだ「幻想的」っていうにはほど遠い。
修行が足りぬ。

ヒナが巣立つ季節 - 2016.06.11 Sat

IMG_7404 (2)

公園で、今週撮った鳥の写真。
巣立ったばかりの幼鳥が目についた。
元気で大きくなるんだぞ!幼鳥!

<シジュウカラの幼鳥>
IMG_7297 (2)

IMG_7298 (3)


<ヤマガラの幼鳥>
IMG_7345 (2)

IMG_7349 (2)


<コゲラの・・・幼鳥?・・・分かんないけど>
IMG_7362 (2)

IMG_7376 (2)


<エナガの幼鳥>
S0051037 (2)

S0111067 (3)

S0051037 (3)

S0061046 (2)

S0181128 (2)


<道端に降りたシジュウカラ♂の幼鳥>
S0141084 (2)

ひゅーひゅー - 2016.06.07 Tue

IMG_7251 (2)

昨日、今日と、
仕事帰りに海沿いの公園に通っている。
鳥の写真を撮るためだ。
夏が近づき、日が長くなった。
仕事も早く帰れるようになったので、
平日夕方の人けのない公園は、格好の鳥写真チャンスだ。

今日はキビタキがいた。
残念ながら、写真には残せなかったけど。

代わりに、
メジロカップルの可愛い写真が撮れた。


ぴったりと寄り添うメジロのつがい。
どっちがオスかメスか分かんないけど、
一羽がもう一羽に毛づくろいをしてやっている。

私がカメラを構えても、
かなり長いことそこを離れなかった。

もったいないので - 2016.06.05 Sun

ブログに載せる写真は、毎回何十枚か取ったうちのほんの数枚。
記事のテーマと違っていたり、同じような写真だったり、見過ごしていたりするものも多く、
ほとんどがお蔵入りになるのももったいないので、
再セレクトして、掲載しておこう。


DSCF0388.jpg

DSCF0389 (2)


DSCF0392 (2)
上の2枚、色合いが素敵♡だったが、記事には雨の中の花を載せたため、没にした。
女子カメラマンの撮った写真みたい♡


S0130527 (2)
それからこれは、
すっかり見逃していた一枚。
ヒナの仕草が可愛いなあ。
下の記事にも追加した。

IMGP1366 (2)


IMGP1359 (2)
昨日の披露宴で。
安物のカメラじゃ、どうもなあ。

たけ、鼻笛デビュー! - 2016.06.04 Sat

IMGP1340 (2)

今日は、同僚の結婚式であった。
今日の日のために、職場の同僚3人で結成された鼻笛トリオ、
私はその一員であった。


IMGP1325 (2)
幸せいっぱいの二人。
でも、
私は、結婚式も上の空。

だ、大丈夫か。披露宴の余興は。
数日前、
ほんの15分ほど合わせたっきり。
ほぼぶっつけ本番なのだ。

リーダーは、
ウクレレと鼻笛と歌、一人三役をこなさなければならない。
送迎のバスの中で、必死に練習していた。

IMGP1334 (2)


ついに披露宴が始まった。


だんだん出番が近づいてくる。
今朝、妻が言った言葉、
「大丈夫! 鼻笛を鼻に当てるだけでウケること間違いなし!!」
その言葉だけをたよりに出番を待った。


私たちの出番の前は、
新婦の音大でのご友人による素晴らしいピアノと声楽の、
高尚なクラシックの演奏。

うっひーーーいい!
こんなすごい演奏の次かよ!!



そして、ついに・・・・・、
PTDC0001_2016060423270991a.jpg
曲は、ウェディングソングのド定番、「テントウムシのサンバ」だああああ!










・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・無我夢中の数分間が終わった。





反応は・・・・・・・・・、


バカウケ!!




・・・・・・・・・かくして、
たけの鼻笛初ライブは幕を下ろした。
テーブルに戻ってすぐ解散宣言。
初ライブは、同時にラストライブとなった。

たけの人生にまた一つ、黒歴史が刻まれた。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

第6回ジコマン写真大賞・・ぱふぱふドンドンドン Nov 20, 2017
夕景 月 Nov 20, 2017
の、のどぐろぉ! Nov 19, 2017
紅葉 Nov 12, 2017
第5回「ジコマン写真大賞」~伯方島にて Nov 06, 2017
「そらまめ君の冒険」をたどる旅 Nov 04, 2017
ダイエット Oct 29, 2017
どん底? Oct 22, 2017
期日前投票 Oct 19, 2017
孫ロックライブ! Oct 13, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する