QLOOKアクセス解析

刹那

WIN_20151230_115021.jpg
(たけ「刹那」)

自分の部屋のガラクタをガチャガチャやってたら、
一枚の油絵を見つけた。
5年ほど前に描いた絵だ。
まだ描き足りてないものだ。
途中でほったらかして。


とある店で、ジャズを聴いた。
狭い店で、ステージらしきものもない。
ベーシストのすぐ後ろが店の出入り口になっていて、
お客さんが扉を開けるたび、
ベーシストは、演奏しながら窮屈そうに体を右に傾ける。


スポットライトもない、薄暗い店。
でも、演奏は一流だった。


客も演奏者も徐々に気持ちが高ぶってくる。



そして、




一瞬、






ベーシストの表情が。











エクスタシー。
その瞬間だったのだと思う。
ほんの刹那だったが、
私の脳裏に、はっきりとその表情が残った。


その日の真夜中、
帰宅して、すぐにこの絵を描いた。
あのベーシストの一瞬のエクスタシーが私の記憶にあるうちに、と。








今年は、ブログを通じて、
特に、これまであまり関わりのなかった「音楽系」の人々との交流の輪が広がった。

ロック・ラテン音楽・ポップス・シャンソン、
そして、我が青春時代のフォーク・ニューミュージック。
様々な方のブログを訪問し、様々なジャンルの音楽を聴かせていただいた。
音楽って、素晴らしい。
改めてそう思う、たけである。







今年もあとわずか。
土壇場で年賀状を書き始めている。
たぶん、これが今年最後の更新になると思うので、
ちょいと早いが、最後にご挨拶を。



今年1年、「帰ってきた『TEAMたけ』の日記」をご覧いただき、ありがとうございました。
心から感謝しております。


それではみなさん、よいお年を!




・・・・・・・「帰ってきた『TEAMたけ』の日記」 管理人・たけ

スポンサーサイト

仕事納め、鳥、撮り納め

IMG_5580 (2)

今日は仕事納め。
午前中休暇を取った私だったが、やり残した仕事を年内にと、朝早く出勤した。
が、今日はまっすぐ仕事には向かわず、職場のある町の、山の中にある展望台に行った。
このところ、カワセミばっかり追いかけていた私であるが、
今日は久しぶりに山の鳥を撮りたくなって。
一年前写真を撮りに来た場所だ。
暖冬とはいえ、気温は4℃。
天気は、晴れたり曇ったりというところだ。


これが、たぶん今年の「撮り納め」(ヨンタナさん風ダジャレ?)になる、・・・・・・・かな?



カメラを物陰で構えていると、
メジロ、エナガ、シロハラ(写真は撮れず)、ジョウビタキ(オス・・・これも撮れず)・・・。
一年前、鳥の写真に興味を持ち始めたころに撮った鳥たちがやってきた。


冒頭の写真は、今日のベストショット。メジロちゃん。
スズメより小さい鳥だが、
毛並みまで写すことができた。



IMG_5637 (2)
これはエナガ。
たけの「かわいい鳥ランキングNo1」の鳥である。
ちっちゃなくちばしが可愛い。


IMG_5657 (2)
エナガとメジロの群れに交じって、
一羽だけシジュウカラが撮れた。
ピンボケしたが。


仕事帰りの日没前、
川のそばに車を停め、写真を撮った。
カルガモの群れのすぐ近くに、メスのハクセキレイ(いや、セグロ?自信ない。)と、
IMG_5692 (3)

IMG_5692 (4)
キセキレイがいた。


鳥の皆さん、
今年はお世話になりました。
どうぞ、よいお年を。

TEAMたけ「今年の10大ニュース」

昨日の深夜、妻と二人、今年の出来事を振り返った。


たけ:
お母さん、イスラム国で日本人が殺害されたのって、今年だっけか?

妻:
なーんか、遠い昔のような気がするねえ。

たけ:
今年って「テロの年」だったよねえ。パリの爆弾テロとか。

妻:
悲しいことだわ。

たけ:
明るいニュースといえば、ノーベル賞とラグビーかね。

妻:
まあね。あ、お父さん、スマホ見ながら言いよるじゃろ。ズルい。

たけ:
俺もノーベル賞、欲しい。

妻:
無理無理。絶対。

たけ:
ノーベル平和賞。鼻笛で世界を平和に!

妻:
紛争地帯で鼻笛吹いてくる?

たけ:
鼻笛吹いてるとこ見たら、戦意喪失して戦争やめるぞ。

妻:
その前に捕まるわ。


・・・というわけで、世界の出来事とはまるで関係のない、TEAMたけ「10大ニュース2015」。
内輪ウケの出来事ばかりですが。


第10位 鼻笛ブーム
何か楽器が弾けるようになりたいと思っていた私と鼻笛との出会い。今、妻をも巻き込んで鼻笛ブームが沸き起こっている。鼻息で笛を吹くだなんて、こんな楽器は他に聞いたことがない。綺麗な音色とどこかお間抜けな姿。「こいつは、絶対ウケる」と、ただいま特訓中。


第9位 喜びの舞「ピョンピョンぱちぱち」流行
ある日こぐまが突然帰省した。妻、嬉しさのあまり手を叩きながら踊り始めた。つられて娘も。以来、我が家では、嬉しいことがあるとこの踊りを踊るのである。休日の朝とかね。一番踊るのが上手いのは、当然妻。
PTDC0092.jpg



第8位 TEAMたけ カメラにハマる
昨年末、ミラーレスカメラ用のズームレンズ、今年7月には、500mmの望遠ズームを購入。こぐま、プロ仕様のプリンター(どでかい)とマクロレンズを購入。そして、なんと、「あの」妻までが一眼レフカメラを!!!家族に一台ありゃ十分だと思うが。
無題 (2)


第7位 こぐま 初めての一人旅
こぐま、人生初の一人旅は、東京へ大学受験の旅。たった3日間であったが、親は気が気じゃなかったぞ。そして、夏休みには、北海道へ。写真のイベントを手伝いに。こぐま、帰りに新幹線で爆睡し、乗り過ごしてしまったらしい。
PTDC0040.jpg


第6位 こぐま 涙の高校卒業
もっと順位が上でもよさそうなもんだが。卒業式は、涙涙だったものの、次の日にはケロッとして高校のクラブに出かけ、「あの感動は何だったの?」と、親を呆れさせた。卒業後、いまだにクラブの顧問の先生や友達とはお付き合いがある。そして、あのねずっち(仮名)とも・・・。
01bf9222e64871eba6eaf5f0c8104f29fd744f9883 (2)



第5位 たけ 妻 野鳥ブーム
こぐまが一人暮らしを始め、妻と二人で過ごす時間が多くなった。今年は、よく二人でバードウォッチングに出かけたなあ。カワセミを見つけたのには感動した。
IMG_547i1 (2)



第4位 たけ しまなみ海道走破
そらまめくんを買った頃から、いつかは行ってみたいと思っていたしまなみ海道。でも、いいところで膝の関節炎を何度も起こし、そのたび断念。ようやく今年実現した。走り切った時は涙が出た。
IMGP1141.jpg


第3位 19年目の新婚旅行
思い起こせば、19年前結婚して、すぐに子供ができて、旅行はいつもコブ付きだった。初めて妻と二人きりで2泊3日の東京旅行。これを私たちは「新婚旅行」と名付けた。ブログで知り合ったさくらさん、ユイマさん、ヒトニさん。そして、マニパンライブで知り合ったみ~むしさん、孫六さん、ターボーさん、咲さん、キョウさん。いろんな方と出会った。つくづくブログの力ってすごいと思う。一生の思い出だ。月島で初めて食べたもんじゃ焼き、「明太チーズもち」と「海鮮もんじゃ」。また食べたくなってきた。だから、来年も行くぞ!絶対!!
20150802_052329341_iOS (2) 20150807_034345327_iOS.jpg
S0136054 (3)



第2位 こぐま お受験
年明け早々、元日に「センター試験模試」から始まった2015年。こぐまも頑張っただろうが、父も母も頑張った。土日も祝日もなく塾の送り迎え、夜10時。仕事の合間を縫って作品制作の手伝い。そして、休日返上でセンター試験とAO入試、私立大受験の付き添い。妻と私、どっちかがついていけば済むことだったのだろうが、そこはTEAMである。3人で一つなのだ!1年間、自宅から高校、塾、画塾に通い、帰りはいつも私の車に乗せて帰っていた折り畳み自転車は、この間までこぐまの大学通学用に使われていたが、とうとう「ブレーキがふっとんで」お釈迦になったそうだ。
koDVC00327.jpg 01a83acaa1145d45dc2531a36e33931e4291592b48.jpg




第1位 こぐま 大学入学
職場にこぐまからかかってきた、合格したという電話の声。今も忘れられない。それから大慌てで入学手続きと下宿探し。あっという間にこぐまは我が家を出て行ってしまった。こぐまがいなくなってから、我が家の生活も変わった。妻は、毎日、こぐまにストーカーのごとくメールを送りつけた。寂しいといえば寂しい。でも、会おうと思えばいつでも会える距離だし、妻と私、夫婦の会話が増え、いつも一緒に行動するようになった。今のところ、こぐまの大学生活も順調なようだ。クリスマス頃には帰ってくるかと期待していたが、帰省は、年末ぎりぎりになるらしい。帰ってきたら、久しぶりに親子3人で「ピョンピョンぱちぱち」だね、こぐま!
01bbcabb1157aaef5dea18e95b337922eba33b4a5f.jpg HOME-PC+-+WIN_20150620_142304_convert_20150620143826.jpg

kik.jpg

TEAMたけ「流行語大賞2015」

今年もあと少し。
TEAMたけでは、「流行語大賞2015」が決定した。

では、発表します!

シャラララ・・・・・(ドラムロール)

TEAMたけ流行語大賞2015は!!!



「ぱにゃにゃんだー!」に決定!!!


(言葉の意味については→こちらをどーぞ。


みんな今年一年、よく「ぱにゃにゃん」したぞ!!

聖なる夜に「鼻笛」吹いて

鼻笛。
ご存じだろうか。

つい2日前、忘年会の後、
とある琉球料理の店で買った。
もう2か月も前から、ずっと欲しかった楽器である。

まだちょっとしか練習してないので、
上手く吹けないが、
今日はクリスマスイブ。
「きよしこの夜」なんぞを吹いてみた。

鼻笛。
美しい音色と、
ちょっととぼけた感じが大好きである。



(クリスマス系の衣装を持っていないので、なぜか広島カープのユニフォーム姿で。赤いし。)


今日はイブ。
皆さん、素敵な夜を過ごしていらっしゃるだろうか。

メリー・クリスマス!

決定!!「輝く!TEAMたけレコード大賞2015」

TEAMたけレコード大賞選考委員会では、
この2日間、協議に協議を重ね、栄えあるレコード大賞の選考作業を進めた。
そして、たった今、今年の「TEAMたけレコード大賞2015」が決定した!

候補に挙がったものは、次の曲。(受賞曲を除く)

・童謡「桃太郎さん」
♫も~もたろさん ももたろさん
日本人なら誰でも知っている昔話の歌。
この後、
♫ひっとつー わたしに くださいな~

♫(2番)あーげません あげませんー

♫(3番)いーりません いりませんー・・・・・・・・と、
たけオリジナルの歌詞が続く。



・「Bigbang Life」
著作権フリーのBGM曲。
ダウンロードして、しまなみ海道の動画に挿入した。軽快なリズムを私も妻も気に入って、年末、毎日口ずさんだ。



・トンコ トンコ ウッテン ウッテン トンコ トンコ ウッテン ウッテン トンコ トンコ トンコ
えーーーーー・・・。
妻が(嫌々)習っている太鼓の曲のワンフレーズ。
今年も苦労しました。
曲名はあるんだろうけど、妻が寝ちゃって、聞き出せなかった。




そして、





そして、







栄えあるレコード大賞の栄冠に輝いたのは、

















伝説のライブから4か月、
今なおTEAMたけのハートを捕えて離さない名曲!
妻は、ライブの後、帰りの山手線で、
「ふ~んふんふん ふーんふんふん ふーんふんふんふーん」と、
メロディーを口ずさんでいたのである。
そして、妻は今でも歌詞はも一つ覚えないが、
そのメロディーは、心に深く刻まれ、
しょっちゅう鼻歌を歌っているのである!
もちろん、
たけにとっては、マニパンのいっちゃん特別な曲である。


それではお送りしましょう!
作詞作曲演奏:Manic Punk Pushersで、
Manic Dream!!



おめでとう!マニパン!
おめでとう!YUIMAさん & Hitoniさん!


マニパンよ!
永遠なれ!!

TEAMたけ「今年の漢字2015」決定!!!

毎年、「今年の漢字」を決めるTEAMたけである。

2014年は、こぐま「人」、妻「激」、たけ「寂」であった。
3人譲らず、一つに絞ることができなかった。

さて、今年も、「TEAMたけ『今年の漢字2015』」がさっき決まった。





まず私の提案した漢字一文字は、
「挑」
私自身、 いろんなことに挑んだ1年だったからだ。

まだまだ、人生、守りに入るには早すぎる。
仕事でも、生活の中でも。
ささやかな挑戦だったかもしれないが、
ささやかでも、前向きに挑むことが、
私に生きるエネルギーを与えてくたのだ。
実に充実した1年だった。

だから「挑」






妻は、
「熊」
な・・・・・、なんで??

こぐまと離れて暮らすようになった今年。
それまで、スマホを全然使いこなせなかった妻が、
こぐまにメールを送りたい一心で、毎日こぐまにメールを打った。
おかげで、私なんかよりずっとメールを打つのが速くなった。

妻は、こぐまの影響で写真に興味が湧いて、
先日、なんと一眼レフのカメラを買った。

離れて暮らしてもなお、
いや、
離れて暮らすからこそ、
なおさらこぐまの存在が大きくなり、
こぐまの影響を受ける妻であった。
んだから「熊」だ。






そして、こぐま。
昨日メールでこぐまに聞いてみた。
返メルには一言、
「新!!!」と・・・。

うーん、分かりやすい。
4月、大学に入学した「新」入生こぐま。
今年は、「新たな」生活がスタートした年だった。


んで、
今年の漢字一文字は、
「新!!!」に決定!

こぐまだけではなく、
妻も私も、
こぐまがいない、「新しい」生活を始めた。
夏には、結婚19年目の「新」婚旅行もしたしね♡♡
そこで、多くの「新しい」出会いもあり、
素晴らしい一年だった。
「新車」は、買えなかったけど。



つーことで、
「新!!!」だ!!



師走



昨日は、夜9時前に帰宅した。
うちに帰って、さて着替えようかと足元を見てびっくり。
左足は紳士用の黒いビジネスソックス。
右足は、丈の短い「スニーカーソックス」。

なぜ履き間違えたのか分からない。
ただ、朝、大慌てで着替えたことだけは覚えている。



俺、今日一日、それに全然気づかずに過ごしたのか。


妻が洗濯の時に左右のソックスを間違えてペアにしたのかもしれない。
それにしても、一目で分かりそうなもんだ。
いやいや、
私自身も、
こんだけ違うソックスだったら、はくときにきづきそうなもんだ。
しかも、右足はくるぶしが出てスースーするから、
はいた後で気づいてもよさそうなもんだ。



恥ずかしさとともに、
慌ただしい師走を感じさせる出来事だった。

小さな楽園

IMG_5560 (2)

朝、妻とコーヒーショップにモーニングを食べに行った。
コーヒーを頼むと、その値段でトーストと茹で卵を付けてくれる、名古屋っぽいお店だ。
久しぶりにゆっくりとした休日の朝を楽しんだ。

クリーニング店に寄り、帰宅。

車から降りて、玄関に向かう時に、
「お母さん、カワセミが住んじょる所、今度教えちゃげるわ。」と言うと、
妻は、今から行ってみたいと言い出した。

そこで、玄関にクリーニングした服をほっぽらかして、
また車に乗り、
私が週末ごとに行く「カワセミスポットに妻を案内した。
今日は、桜の木の枝の先や、対岸のコンクリートの上に留まっているのをじっくり観察することができた。


川べりの道を100mほど往復した。
川の両岸には、あちこち小さな洲ができていて、
そこにススキなどの背の高い草が生い茂っている。
ヨシ原っていうわけではないが、水鳥もたくさんいる。
川には綺麗な鯉も。

今日は、いろんな鳥を見つけた。

IMG_5559 (2)

IMG_5553 (2)

IMG_5563 (2)

IMG_5566 (2)
スズメ、ムクドリ、カラス、セグロセキレイ、ハクセキレイ、トビ、アオサギ、チュウサギ?(コサギかな?)、キジバト。
お馴染みの鳥たち。



IMG_5556 (2)
カルガモ、オオバン(幼鳥)、コガモなどの水鳥。
珍しいところでは、
キセキレイ。
鳴き声を上げながら、私たちの目の前を横切って行った。


踏切を渡ると、ジョウビタキ(♀)が枝に留まっていた。
IMG_5532 (2)

IMG_5543 (2)
きっと北から渡ってきたばかりなのだろう。


帰り際にはモズ(♂)も。
IMG_5571 (2)


ここは、人も車もけっこう多い所なんだが、
これだけの鳥が生きているんだなあと、感心した。

あ、忘れてた。
カワセミ君の写真。
a-IMG_5526.jpg

a2-IMG_5526.jpg


橋の上から鯉にパンくずをやっていたおばさんが話しかけてきた。
「いい作品が撮れましたか?」と。


飛翔

IMG_547i1 (2)

飛んでいるカワセミを追いかけてシャッターを切ると、
偶然、画面の隅っこに小さく飛んでいる姿が写った。

ISO感度をあげたせいか、拡大するとざらついている。
もっとキレイに撮りたいなあ。

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login