QLOOKアクセス解析

クルミにハマる

ここ1か月ほど、
クルミにハマっている。
夜に飲む酒のアテ(ツマミのこと)として。

私は、高血圧で、コレステロール値も高い。
(毎日薬を飲んでいる。)
それがクルミを食べるようになったきっかけである。

それまでクルミが嫌いなわけではなかったが、
その「脳みそ」みたいな見た目から、
何となく敬遠していた。
クルミパンとか、
せっかくの柔らかいパンなのに、
時々「カリッ」とした食感がやってきて、
どうも好きにはなれなかったのだが。

だが、
食べ始めるとなかなかいい。
コリコリした歯ごたえが心地いいのだ。

その上、
悪玉コレステロールを下げたり、
動脈硬化を予防したり、
血圧を下げたりする効果があると聞くと、
ますます好きになってしまった。


今、まるで、リスになった気分である。

スポンサーサイト

ポピー畑

DSCF4559.jpg

ポピーを見に行った。
綺麗。
写真を撮ったけど、
知らぬ間にシャッタースピードのダイアルを動かしてしまい、
真っ暗な写真に。
しかも、撮影後の再生をオフにしてたので、
失敗してたことに当分気づかなかった。

気を取り直して、撮り直した。

DSCF4570.jpg

DSCF4567.jpg

DSCF4562.jpg

DSCF4561 (2)

DSCF4561.jpg

DSCF4541 (2)

DSCF4552.jpg

DSCF4545 (2)

糞(ふん)




夕方6時半ごろ、そらまめ君に乗って、コンビニに行った。
帰り道、交差点で信号待ちをしていると、
向こうの電線にハクセキレイらしき鳥がとまった。

「お? ハクセキか?」

私は、信号が青になるのを待って、急いで横断歩道を渡り、その電線の近くまで走って行った。

「このへんかな?」

見上げると、ちょうど真上に、まだその鳥がいた。
まさにハクセキレイだった。

「おお、ラッキー!」

私は、しばし真上の電線を見上げて、その鳥に見とれていた。




すると、
ハクセキ君のお尻から、
何やらちっちゃい塊が落ちてきた。

「はっ! まさか!」


嫌な予感がして右腕を見ると……。









・・・・・・・・・案の定、ハクセキレイのフンであった!





こいつが証拠写真↓。


013f651ba1fe5b542dfbcfdcff11b2e65c08290741.jpg


そうか。
だから今日は、オオヨシキリの写真が撮れたんだ・・・。






今日は「ウン」が付いてる・・・・・・・・・・。


きらら浜で野鳥観察


野鳥観察用の望遠鏡にカメラをくっつけて撮った。


今日は、妻とお出かけ。
妻が、「きらら浜自然観察公園に連れてってあげる。」と、一昨日言ったので。
(とは言っても、車を出したのは私だったが。)


kirarahama02.jpg
きらら浜自然観察公園。
山口市阿知須にある。
元々ここは広大な干拓地のあったところで、
数多くの水鳥の生息地であった。
2001年に「きらら博」という博覧会が開かれ、
多くの人々の反対運動も虚しく、
貴重な水鳥の生息地をぶっ潰して、パビリオンなどが建設された。
ちなみにきらら博のテーマは、
「いのち燦(きら)めく未来へ」だった。
(皮肉を込めたつもりなんだけど。)

その跡地は記念公園になった。
この自然観察公園もその中の施設だ。

公園内には大きな池やヨシ原やビオトープなどがあり、
水鳥や水辺の野鳥などを観察することができる。

私たちは、まず、ビジターセンターに向かった。
ここからスコープを使って野鳥を観察することができる。
冒頭の写真は、そのスコープにカメラをくっつけて撮ったもの。
名前は・・・・えーと・・・忘れた。

そんなにたくさんの水鳥はいなかった。
まあ、冬鳥はもう北へ帰っちゃっただろうからね。
見つけたのは、
ダイサギやカワウ、マガモ(渡りそびれた「つがい」らしい)、オオバンなど。
S0654354 (2)

S0864466 (2)

妻はカワセミを見たらしいが、私は・・・・、
残念。見れなかった。



それから、園内を散策。
ひと際たくさんの鳴き声が聴こえるヨシ原へ。

妻:「オオヨシキリかも。」

たけ:「写真撮れるかなあ。」







と・・・・・。


S0734385 (2)

S0724379 (2)
・・・・・・・ヨシ原に紛れて一羽の鳥が見えた。
そして、その時、幸い少し風が出てヨシが揺れ、
何とか数枚オオヨシキリの姿を撮ることができた。

S0744390 (2)

S0744396 (2)

しばらく歩いていると、
ヨシ原から数メートル真上に飛んでホバリングをしては下降する鳥を発見。

妻:「セッカじゃないかな?」

たけ:「よー知っちょるのお。」

これはさすがに、カメラには収められなかった。



妻:「今日は、楽しかったわあ。」

たけ:「じゃろ?鳥を探すのに夢中になっちょると、仕事のこととか忘れるけん。」
私は、知ったげにそう言ったが、
実は妻のバーダー歴の方がずっと長い。

ヘッドホン

こぐまが大学で使うPCとかプリンターとか、ヤ〇ダ電機で買ったので、
ポイントがずいぶんたまった。
たまったポイントで、買ったのがこれ!


折り畳みのヘッドホンと、
016ab55634a7e6398733c1e2c5ff8dd8ee722b3484_20150511210123339.jpg
Flush Air という、画像データをカメラからWIFIを使って直接PCやスマホに飛ばせるSDカード。

昨日の午後、
この二つを持って海岸に行った。

01348c52fbdfb2505f97b1d1419967bc5303484731 (2)
海岸に着いて、早速取り出したのがこれ。


01a76f33e826009f25592f1cc80cd8762dbc1e2c7c.jpg
これまで、音楽を聴くときに使ってたのは、インナーイヤータイプのものだったが、
どれも15分以上使っていると、耳の穴が「痒く」なる。
耳に引っ掛けて使うタイプのものは長時間使うと耳が「痛く」なる。


こいつはいいねえ。
耳がすっぽり収まって、しかも折りたためるからかさばらない。

タブレットにつないで、使ってみた。


DSCF4100.jpg
休日の昼下がり。
海を眺めながらバッハを聴くという贅沢。

いいのが撮れた!!

S0404232 (2)


昼過ぎ、そらまめ君に乗って海岸に昼寝をしに行った。

2時間ほどそこにいて、
「そろそろ家に帰んべか。」と帰路に着いた。




国道と交わる三叉路。
いつもはそこを素直に右折するのだが、
今日は、まだ鳥を一羽もとれてなかったので、
三叉路を左に折れて、海沿いにある森林公園に向かった。

ここ、
テニスコートや広場には人がちらほらいるけど、
周りの林はあまり人けがない。

そのそばの道を通って仕事に行く私は、
ずいぶん前からここに目を付けていた。
朝ここを通る時、
野鳥の声が聞こえたり、
たまに、見たことのない鳥が、
道を横切ったりするからである。

で、
林の中のベンチに腰かけていると、
けたたましく鳴くヒヨドリの鳴き声に交じって、
いろんな鳥の鳴き声が聴こえてきた。


歩道から林に入って木に近づいて行っても、
ずっと止まない鳴き声があった。
綺麗な鳴き声だった。

折り重なる枝葉を、
目を凝らしてみていると・・・、



鳥がいた。



キビタキだ!!!

S0374220 (2)

S0434249 (2)

S0474271 (2)


ピント合わせに苦労したが、なんとか。


バックが明るい木の葉で、
キビタキの姿もはっきりと撮影できた。


これまでの、私の「鳥写真史(とは言っても、半年ぐらいの歴史だけどね。・・・笑)」で最高の出来栄えだ。


キビタキ。



なんて可愛く、美しい鳥なんだ。


おいでませ!光市冠山総合公園!

012edf21cf81b90e88227b319f7a89a794d48c8b6e (2)


今年も、妻と「バラ祭」に行った。
光市冠山総合公園で今開催されているイベントである。

まだ、バラが満開というほどではなかったが、
色とりどりのバラに心癒された。
01df0f09e43eac86788bd0333bc474248b30dcd419 (2)

014e60edda333958ac2a9ba35cb50aacc7a4d17b82.jpg
バラに負けじと、ビオラも咲き誇っていた。


だが、
不覚にも、私は、カメラを持ってくるのを忘れちまって、
そこんとこが非常に残念だったのだが、
去年もここに来て、バラの写真をいっぱい撮ったから、ま、いいか、
と諦めて、iPhoneのカメラで写真を撮った。

んで、
今回は、この公園の紹介を。


011788aceadd3d4d26d332610e2bee25466252a255.jpg
この公園、
広い日本式庭園があって、
そこにもたくさんの「日本っぽい」花が咲いている。

011347173950761ec0f3b3f6aa380992e2f9e9758e (2)

もひとつ写真ではその美しさが伝わらないが、
スイレン???(私は、植物の名前に疎いので、全然自信がないが。)の花が、
綺麗に咲いていた。
公園に隣接して、「冠梅園」という、たくさんの梅の木がある公園もある。

公園を少し上がっていくと、芝生の広場があり、
イベントのためのステージがある。
01545432a668274a9d20fb2c975028a69003f312fc.jpg
ここで野外コンサートなんかどうだろうか。
ヴォーカル♀&ギター♂の2人組ロックバンドなんかにはうってつけのステージである。(笑)
ただし、花がいっぱい咲いている屋外で、
山も近く、
芝生の広場ということもあって、
ハチとか、バッタとか、アリとか、クモとか、
ムシも多い。はずだ。


隣接して、おこちゃま大喜びの遊具の公園もあり、
017320507ece3a09d8362168398a0c4f1824790db6 (2)

公園の上には、瀬戸内海を見下ろせるオートキャンプ場があり、
下の駐車場近くには、
おいしいイタリアンレストランや売店もある。
0136b0a2cbe5558f09d62029d14c7962c28ab8a0cb.jpg


で、
いかがですか?

解決!あれはメジロでした。

前回記事、不思議な鳥のこと。
記事をアップしてから、勇気を出して「ヤフー知恵袋」に投稿してみることに。

ここへは、以前一度だけ、交通法規についての質問を載せたことがある。
回答者の人は、みな親切であったが、
中には、傷つくような言葉の回答もあり、
ちょっと躊躇していた。


今回は、回答者の人、みんな分かりやすく気持ちよく回答してくださったので、
とても嬉しかった。


さて、前回の記事での疑問であるが、
疑問は解けた。
十分納得できた。

あれは、メジロである。


大きさについては、
「メジロは首を伸ばすと1.3倍の長さになる」とのこと。
さらに、これは自分で振り返って考えたのだが、
周りに大きさを比較するようなものがなかったことや、
「好きなものは実際より大きく見える」という心の働きによって、
より大きい鳥というイメージを自分の中で作り出してしまったのではないかということ。
(学生時代に心理学系の講義で教わった。同じ10円玉でも、金持ちにはより小さく見え、貧しい者にはより大きく見えるらしい。)
それらの要因によって、
誤った判断をしてしまったようだ。


さらに、色は、
木の葉の影であったことや、
周辺の葉がとても鮮やかな緑色で、
光も強く当たり、
相対的に鳥が黒ずんで見えたのではないかと思われる。
実際に私が投稿した写真を補正して再度アップして説明してくださった人がいて、
これを見て、腹から納得したのである。


知恵袋に聞いてみてよかった。
そして、鳥好きの人って、親切なんだなあと思った。


拾い物の画像で恐縮だが、これを見るとよく分かる。
私が写した鳥とそっくりである。
rokurokkubi
拾った写真


S0753904 (2)
たけの写真

イメージとちゃう!

昨日、車で鳥の写真を撮りに行った。
山の中のダム湖畔の公園である。
カメラ片手に歩道を歩いていると、
4歳ぐらいの男の子が寄ってきて、
「何してんの?」


「お散歩。」
と私。

「いいなあ。ぼくも連れてって!」
近くでバーベキューをしていた家族のお子さんらしい。
きっと遊びたいんだろうな。




さて、
男の子の家族がバーベキューをしている、その近くの高い木に鳥がいた。
大きさは、スズメよりは明らかに大きいが、ハトほどはない。
ツグミぐらいかな?

S0753909 (3)

S0753904 (2)

うちに帰ってから調べてみた。
ところが、
野鳥図鑑のどこにも載っていない。
妻にも見せたが、分からない。

特徴は、メジロのような目の周りの白い模様。茶色い羽。
ネットで「目の周りが白い鳥」と検索してみた。
出てくるのはやっぱりメジロ。
茶色い鳥もいるにはいたが、明らかに私の写真とは違う鳥(ガビチョウ)だった。

隣の町の「鳥の先生」に聞いてみようか、とまで話したが、
Twitterで「この鳥何?」と、画像付きでつぶやくと、こんな書き込みが。










「メジロですね。」






メ、メジロおおお??








め、メジロって、これでしょ?↓
S0490951 (2)


これですよね?↓
S0550978 (2)

私の「たけが出会った、かわいい野鳥ランキング」で、
エナガ、コゲラについで堂々第3位のメジロちゃんなのにい?
Wikipediaで調べても、「スズメより小さい」と書いてあったのに・・・。

だが、
撮った写真をあれこれ見てみると、
その顔はまさにメジロであった。


メジロ君、
どんな事情があって、
こんな姿になったのか。






PTDC0055.jpg
ということらしい。

こぐま、帰省中。

PTDC005JwwwPG.jpg


kik.jpg


PTDC0lll051.jpg


PTDCjkl0053.jpg


ま、
こんなもんだべ。

« »

05 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
妻の言葉「ごちそうさまじゃダメ!」 Jul 17, 2017
悪夢、再び Jul 16, 2017
気合が入っとらん!! Jul 09, 2017
空梅雨? Jul 02, 2017
GO!GO!55歳!! Jun 23, 2017
今宵は「瓦そば」パーティー Jun 17, 2017
女は化ける Jun 11, 2017
重いコンダラ試練の道を♪ Jun 06, 2017
夢への一歩 May 29, 2017
朝の鳥 May 29, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login