QLOOKアクセス解析

伊藤公公園で

DVC00286a.jpg

妻と2人で紅葉を見に行った。

「伊藤公公園」。
日本の初代総理大臣伊藤博文の出身地、山口県光市(旧大和町荷束)にある。

紅葉の名所というわけではないが、ひょっとしたらと思って行ってみると、
奇麗な紅葉を見ることができた。
公園の入り口に伊藤公の銅像が建ち、記念館と、伊藤公の生家がある。

DVC00287a.jpg

seika.jpg
(伊藤博文生家)



カメラを持って来ればよかったと後悔した。
仕方がないので携帯で。

DVC00285a.jpg

DVC00277a.jpg


スポンサーサイト

たけの落書きギャラリー2013

新年のご挨拶に始まって、まー、今年も描いたもんである。
我ながら、感心する・・・というより、呆れてしまう。
2013年の私の描いた落書きの数々・・・。
暇に任せて、サムネイルで並べてみた。

S-akeome.jpg  S-01_20130106141127.jpg  S-team!2.jpg  S-special.jpg  S-suki.jpg  S-sya-pen.jpg  S-sumaho.jpg  S-baigaesi.jpg  S-gotya.jpg  S-matazure.jpg  S-re-panyaro-.jpg  S-kappa.jpg  S-syuugakuryokou.jpg  S-005.jpg  S-007.jpg  S-nagarebosi.jpg  S-seikei.jpg  S-pes.jpg  Untitled 1  Untitled 2  Untitled 4  S-gassyou.jpg  S-1_2013090723022027d.jpg  S-4_20130907230235971.jpg  S-5_20130907230239723.jpg  S-touji.jpg  S-ossan.jpg  S-buti.jpg  S-pafe.jpg  S-04_20130106141136.jpg  S-ful.jpg  S-nasyojio.jpg  S-kata.jpg  S-torinositai.jpg  S-fukuro.jpg  S-kiheitai.jpg  S-siawasemasu.jpg  S-ro-doyarou2.jpg  ottainai.jpg  No!!.jpg  kode.jpg

12月

今日で11月も終わり。いよいよ今年もあと1ヶ月になった。
12月に入ると、我が家では、

①「TEAMたけ」今年の(我が家の)重大ニュース
②「TEAMたけ」(我が家の)レコード大賞
③「TEAMたけ」(我が家の)流行語大賞
④「TEAMたけ」(我が家の)この1年を漢字一文字で表わすと

の4つの部門の選考が始まる。
・・・・・・って、
まあ、ただの雑談なのだけれども。

あくまで「我が家の」・・・なわけで、
重大ニュースに「TPP」や「汚染水」などという言葉が出てくることはない。
レコード大賞は、こぐまの鼻歌だったり、私が子供の頃聞いたCMソングだったりするわけだ。

それでも、けっこう真剣に?話し合う。
さて、どんな出来事、どんな歌、どんな言葉、どんな漢字が選ばれるのか。
年末には、ブログで紹介したい。

















と思ったけど、
内輪ウケしかしないだろうから、やめとく。




関連記事

  ・TEAMたけ流行語大賞2012
  ・こぐま語録「流行語大賞2010」
  ・大晦日なう。
  ・「TEAMたけ」の1年を振り返ってみる
  ・我が家の「漢字一文字」
  ・「我が家のレコード大賞」 ノミネート曲
  

キリギリス?

DSCF4037.jpg


昼から、そらまめ君に乗ってポタリング。
膝のことを考えて、あまり遠出はしなかった。

着いた所は、高台にある公園。

はじめは、「鳥」を撮ってやろうと思っていたのである。
が、
こんな真昼間に降りて来る鳥などいやしなかった。

しょうがない、車の進入止めの上に乗ってるスズメのオブジェ?でも撮って帰るか。(笑)

そう思って、見てみると、
zDSCF4028.jpg

あらま、
キリギリス?

キリギリス君、よほどその金属製のスズメちゃんのことが好きらしく、
頭の上に乗って、じっとしていた。

見ようによっては、口ばしにキスしているようにも見える。

そっと近寄って、シャッターを切った。
zDSCF4036.jpg

zDSCF4034.jpg

それですっかり満足した私は、高台からの眺めも見ず、他に何にも撮らずに帰った。




あ、紅葉の写真は撮りましたよ。

zDSCF4017.jpg

のんびりと休日

kode.jpg


今日は、土曜日。おやすみ!

妻は、朝起きると、寝床で開口一番、
「ああ。幸せ・・・。」

天気が悪くて、溜め込んだ1週間分の洗濯物を妻と一緒に干してから、
faceboookで知った地元のラーメン屋に行っておいしいラーメンを食べ、
親戚のうちに届け物をしてから帰宅した。

午後、妻はのんびりテレビを見て、
こぐまはテスト勉強。


私は、たっぷり昼寝をしてから、
カメラを持って出かけた。
家を出てすぐに、空にたくさんの飛行機雲を見つけ、
お、こりゃいい写真が取れるかも、と、
ヤマ〇電器の駐車場に車を止め、
近くの歩道橋から西の空を撮った。

それから、ヤマ〇電器の店内をブラブラ。

さて、そろそろ帰ろうと、エスカレーターで1Fに降り、
缶コーヒーでも飲もうかと、自販機コーナーに行った。



小銭を販売機に入れて、どのボタンを押そうかと考えてると、
「こ・・・」と声がする。
見下ろすと、
まんまるほっぺの、幼稚園ぐらいのかわいい女の子が、
今にも、パイナップルのジュースのボタンを押そうとしている。

「あたし、こがほしい。」

真っ直ぐに私の方を見上げて、
屈託なくそう言う女の子。

「え???」

私は、すっかり慌ててしまって、思わず、欲しくもないコーヒーのボタンを押してしまった。



帰りの車の中で思い返すと、なんだか妙におかしくなった。

ごめんね。
買ってあげたかったけど、
さすがに見ず知らずのおっさんがジュース買ってあげたら、
君の親御さんが不審に思うだろうから。


のんびりとした休日。
いつもは気にも止めないちっちゃな出来事が、
今日は何だか楽しく感じられた。

マナー

ある朝、コンビニの駐車場におまわりさんが来ていた。
店の前を見ると、ゴミ箱が2つ、メチャクチャに壊れている。
おまわりさんが、そのゴミ箱のすぐ前に停まっている軽自動車のドア越しに、
60代の男性ドライバーと話をしている。
軽自動車のバンパーが少し凹んでいた。

次の日、同じコンビニに寄ると、一つだけ残ったゴミ箱に張り紙がしてあった。

DVC00274.jpg

『缶、ビン、ペットボトルは入れないでください。』
『燃えるゴミ専用です。』
『・・・空き缶はお持ち帰りください。・・・』

店員さんの悲鳴が聞こえそうな張り紙だった。

1回目はなかったことに・・・

No!!.jpg



金曜日に自分にとって大きな仕事が終わって、
ほっと一息つくまもなく、土曜日も仕事だった。

それも、朝の8時過ぎから、夜の9時までほぼ立ち通しだった。
その日の夜は、
「あー、ちょっと足が疲れたかな。」程度だったのだが・・・。


次の日曜日。
朝起きると、左足の膝が痛い・・・。


うううう・・・・。
8月に右膝関節が関節炎を起こし、
2ヶ月かかってようやく治ったっていうのに、
今度は左膝かよ・・・。



50歳を越えてから、やたら脚の故障が多い。
去年、肉離れを2回。今年は、関節炎。
もうやだと思う間もなく、右胸の筋肉が炎症を起こし、
歩くたびに肩に激痛が走った。

もう大丈夫だろうと思っていた矢先のことだった。


月曜日。
仕事は休みだった。
せっかくの貴重な休日だったが、仕方ない・・・、また医者に行こう。


私は、いつもの「Hクリニック」に行った。
いつものようにレントゲンを撮り、
(今年ここで、4回もレントゲンを撮ったが、大丈夫なんだろうか。被爆。)
お医者さんのいる診察室へ。

「ちょっと腫れてますネエ。はい、ベッドに寝てください。」

腫れてる? そうかな。この前と痛みの種類?が違うようだけど。
私は、何となくそう思った。

お医者さんは、けっこう容赦なく私の脚を曲げたり、ひねったりしてみる。
その度、痛みが走った。
ま、それは我慢できた。

「さて、膝の水、抜いときましょう。」

悪魔の一言。
膝に打つ注射は、逃げ出したくなるくらい痛いのだ。
関節辺りに溜まった水を注射器で吸い取り、
針は差したままで今度は薬を注射する。

繰り返すが、逃げ出したくなるくらい痛いのだ。

でも、覚悟を決めて、私は、両手を組んだ。
痛みをこらえるためのポーズである。

アルコールのついた脱脂綿でチョンチョン。
そこだけヒヤリとする。
それから、注射器の針を左膝にプスリ・・・。
くううううううううう。
激痛!!
こんなに痛いんなら、膝が痛いほうがマシ・・・。
一瞬そんなことが脳裏に浮かんだ。


ところが・・・・・・・・・

お医者さん、急に「あれ?」と言う。
「水が溜まってないなあ・・・。」

お医者さんの言うには、どうやら今度は関節炎ではなくて、
膝周りの腱だったか靭帯だったかが炎症を起こしているらしい。

「注射、打っときましょう。」

ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ。
じゃあ、さっきの注射は? まちがい???
あんなに痛かったのに?
そして、
ま、また打つのお?注射・・・。

左膝に二つの注射の跡。
一個は、間違えて打たれた注射の跡。


なんか・・・、ついてない。

星空

DSCF0355h.jpg

先日、飲み会があって、酔っ払って夜遅く帰ってきた。
タクシーを降り、夜空を見上げると、月もなく満天の星空。

私の家は、近くにガソリンスタンドがあって、けっこう深夜まで明りをつけているので、
なかなか奇麗に星空が見えることがない。
だが、この時は、夜の1時くらいで、ガソリンスタンドの灯も消え、
とても奇麗に星が光っていた。

酔った勢いで、「こぐま。今から星空を撮影するぞ。お父さんに撮り方教えてくれ。」と、
寝ようとしていたこぐまをたたき起こし、深夜の星空撮影会となった。
上の写真は、その時撮れたオリオン座の写真。


オリオン座。
私が一番好きな星座だ。










昨日は、しし座流星群の極大日だったそうだ。
(ゆうとくんに教えてもらった。)
残念ながら、流れ星をみることはできなかったのだが、
(月が明るかったからかな? いや、根性が続かなかったからか。)
2・3日前、
部屋の窓を開けた時に偶然流れ星を一つ見た。





ほんの1秒にも満たない時間。

流れ星は、オリオン座の真ん中をつっきって飛んでいった。


東へ。


もったいない

ottainai.jpg


先週末、妻と「洋服の〇△」にスーツを買いに行った。

店内には、数人のお客さん。
私は、ブラブラと商品を見て回った。
でも、なんかみんな同じに見えて、何を選んだらよいのかよく分からない。

そこへ、背のすらっと高い女性の店員さんに声をかけられた。
さすがよく知っている。当たり前か。店員さんだもの。

私より、妻の方がよほど話が分かるらしく、
ほぼ妻と店員さんの2人で話が進んでいる。

で、ウエストを測り、1着のスーツに決めた。
と、ここまではよかったんだけど・・・。



店員さん、唐突に、
「今、もう1着お買い上げになられますと、2着目は、なんと1000円なんですよ!」

・・・・・・ほーら、きたきた!

私は、この手の店で洋服を買うと、これがどうもイヤである。

買う物は、店に入る前から決めている。
でも、それ以外のものを必ず勧められるのである。
だから、今日は、「何か勧められても、絶対の絶対に断ろう!!」
と心に決めて来たのだ。


たけ
「いえ、今日は・・・。」

当然、私はそう言って断った。
すると、店員さん、とたんに驚いた表情になり、


「まっ! 本当に1着でいいんですか? たった1000円ですよお! もったいないですよお!!」




・・・・・・・・・これだよ・・・・・・・・・・・。




例えば、卵を1パック買おうとスーパーに行ったら、
たとえお買い得でも、理由もなく2パック買って帰りゃしないよなあ。
2パック目は無駄な買い物だし、
食べ切れなかったら損だもん。

例えば、中古車屋に行って、車を1台買って、
「お、隣りの車、1000円じゃん。もう1台買っとこう!」
なんてね。
思わない思わない。


スーツだって同じでしょ。
もともとスーツを1着だけ買うつもりで行ってんだから、
2着目が、たとえ1000円っていう驚きのプライスでも、
1着買えればそれでいいのだ。
少なくとも私はそうだ。


でも、その店員さん、なかなか手ごわい。
私が、試着室に行くまで、
「たった1000円ですよお! なんで買わないんですかあ? 買わないなんてもったいなーい。」と食い下がる。

カーテンを閉めて着替えている時も、
妻に向かって、
「もったいなーい。」を連呼。

裾を測ってもらって、もとの服に着替えて、試着室から出からも、
「もったいなーい。」は続いた。


はあ・・・・・・。
分かりました分かりました。
2着目、買えばいいんでしょ。


ついに根負けした私は、ジャケットを買うことにした。
もう、ほとんどテキトーに1着選んで、「はい。」と渡すと、
「ホントにジャケットでいいんですか? スーツでも1000円なのに。」


もういいって!!!(怒)



・・・・・・・・・・


店員さん、終始愛想良く応対はしてくれたけど、
私は何だかうんざりした気分になった。

だいたい2着目を1000円にしても利益が出るってことは、
スーツ、ホントは相当安いんじゃないの?
なら、2着買わせるより1着の値段を安くしてほしいよね。



店員の勧めを断って買うと損した気分に、
店員の言うがままに買ったら、
欲しくもない物まで余計に買ってしまって損した気分に。


洋服の〇△は、私にとってそういう店である。







(けど、きゃりーちゃんが可愛いからいいか。)

よかったーーー!!!

しばらく更新しないつもりだったが、今日は一つ「ほっ」としたことがあったので書くことにした。

週末に、妻宛に「乳がん健診」の検査結果が届き、「要精密検査」だった。
妻は、落ち込み、不安で一杯だった。
私までが妻と一緒に落ち込んでは、ますます妻を不安にさせると思い、
できるだけいつもと同じように振舞ったつもりだったが・・・。


今日、妻は、精密検査を受けに、仕事を休んで病院に行った。

私は、こんな日に限って、家に携帯電話を忘れて仕事に行ってしまい、
ますます不安になったのだが・・・。


仕事が定時に終わり、残りの仕事をやっつけて、すぐに帰宅した。
家に帰ると、妻の車が。私より先に帰ってきていた。



玄関の鍵を開け、
「ただいま。」と私。

すると、2階から、
「おとうさーーーーん! よかったよーーーー!!」
と、明るい妻の声。







ほっっっっ・・・・・




妻の声を聞いた途端、
体中の力が抜けてしまった。

診察の結果、
乳房に何かちっちゃいものがあるのだが、
それは、良性のものだったそうだ。







ああ・・・・。






よかったあああああ!!!!




(※前回記事にコメントありがとうございました。また今度お返事します。  たけ)

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login