topimage

2013-10

たけの悩み - 2013.10.29 Tue

昨日、職場の同世代の同僚からこう言われた。
「川崎さん(仮名)の相談に乗って欲しいんじゃけど。」と・・・。

川崎さんは、今年この職場に入ってきた若い男性である。真面目で人柄のよい新人職員だ。
新人ゆえのいろんな色んなストレスを感じながら働いておられるのだと、日頃そう思っていはいた。でも、なんで相談相手に私を選ぶの・・・。

若い頃から、こんなことがちょくちょくある。
はっきり言って、なんで俺がと、いつも思う。
もっと他にいるでしょ。頼りになる上司なり、同僚が。
私は、苦手なんである。相談されるの・・・。
人に自信を持ってアドバイスできるほど人生を分かっているわけじゃないし、
仕事にしろ、生活にしろ、人生にしろ、何にも分かっちゃいないんである。

「俺になんか無理だよお。」と、心で呟きつつ、
(これも私の悪い所なんだが、)
「はい、分かりました。」と、答えてしまった。

夕方、川崎さんと話をした。
仕事に自信が持てないでいることが悩みらしい。

話を聞き、自分が若い頃の話をして、
それだけで終わってしまった。
どんだけ頑張っても、私には、そんなことしかしてあげられないのだ。

そして、今も、
「あんなこと言っちゃったけど、よかったのかな。」と、
今、逆に自分が悩んでしまっている。

頼むよ!
もっと他の人に相談してくれよ。


スポンサーサイト

役に立たない山口弁講座「カア」 - 2013.10.28 Mon

カア。

「カア」と言われて想像するものはなんだろう。

カラスの鳴き声。
自動車を英語で。

まあ、そうだよね。
自動車は、「カー」と表記する方がいいかもしれないけど。



山口弁で、いや、私が住んでいる町でしか聞いたことがないから、
ホントに狭い地域での方言?なのだろうが、
実は、これ、「一輪車」を意味する。
あ、サーカスなんかで出てくる、ペダルをこいで進む一輪車ではなくて、
荷物や土砂や石ころなんかを運ぶ、いわゆる「ねこ車」と言われるヤツである。

「カア」の「カ」と「ア」。
「カ」よりも「ア」の方を高い声で発音する。
カア、である。



この街に移り住んで、最初の自治会の草刈作業の時に初めて知った。

「たけさん。ちょいと『カア』をどっかから取ってきて(持ってきて)くれんかいの。」

自治会長さんにそう言われて、その時、何を持ってきたらいいものやら分からなかった。
まさか「カア」が一輪車を意味するのだとは思いもよらなかったのだ。



「カア」。


私の知っている山口弁の中で、もっとも奇妙な言葉である。

 - 2013.10.27 Sun

S-DSCF0212.jpg
(K島。飲み物を買おうと立ち寄ったホテルで)


今日は、昼にうどん屋さんに行って、帰りに自転車屋さんに寄って、ブレーキシューを買った。
この前交換したばかりだったが、タイプが違っていた。ブレーキが効かないわけではなかったが、安全上最も重要なパーツなので、もったいないけど買い換えることにした。

帰宅してからブレーキシューを交換した。


今日は、午後3時過ぎにそらまめ君に乗って往復1時間ほど走った。
先日、カメラを買って、まだ使い方もよく分かっていないんだけど、今日は、何か写真を撮ろうと。
私にとってはお馴染みのK島へ。
「瀬戸内海国立公園の素晴らしい景色をカメラに収めるのだ。そして、ブログに載せるのだ!!」と、
出発した時は意気込んでいた私だが・・・。

S-DSCF0263.jpg

結局撮ったのは、猫だった。

S-DSCF0216.jpg

S-DSCF0246.jpg

S-DSCF0250.jpg

S-DSCF0242.jpg




で、でも、猫、かわいいっしょ?
「はなぐり海岸」っていう海水浴場に野良猫が7、8匹集まっていたので、もう、そっちに夢中になっちゃって・・・。

S-DSCF0269.jpg


////////////走行データ////////////

走行時間   1時間9分
走行距離   16.34km
平均時速   14.2km/h
最高時速   37.1km/h



忍法トリミングの術!!!
えい! やあっ!!!!


DSCF0242t.jpg
   

 - 2013.10.26 Sat

S-DSCF0186.jpg

こぐまが図書館で勉強すると言うので、昼過ぎ、妻が車でこぐまを送って行った。
えらく長いこと帰ってこないなあと、外に出てみると、玄関前の土が耕してある。

妻が花の苗や球根をしこたま買って帰ってきた。


私は、花の名前をあまり知らないから、紹介できないんだが、
こんな花も買ってきていた。
S-DSCF0187.jpg
(あの・・・、なんていう花? ホントに、知らないんです。)

楽しそうに花を植える妻。
奇麗に咲き揃うといいな。

改めて・・・。 - 2013.10.23 Wed

おと吉さ~ん、鍵コメさ~ん!

ごめんなさい。
今日は、疲れて、体力がもう限界なので、お返事、あきらめました。

明後日まで、仕事が山場なので、
その後、ゆっくりお返事しますね。


  コメント、ありがとう  たけ

味の記憶 - 2013.10.23 Wed

台風の影響か、今夜は少し風が強い。
今日は仕事が肉体的にハードな1日で疲れたが、疲れすぎると気が立ってしまうのか、どうも寝付けない。

んで、つらつらとブログを書いているのだが・・・。


40代後半から、少しずつ自分の食べ物の好みが変わってきたような気がする。
若い頃は、肉や脂っこい料理や、揚げ物なんかが好きだったが、
この頃妙に白いご飯と味噌汁と焼き魚と・・・みたいな、
ごくフツーの献立が嬉しくなったりするのである。

最近、食卓に上ると嬉しいと思うようになった食べ物。
煮物。豆腐。ひじき。高野豆腐・・・。

思うに、
これらの食べ物に共通するのは、
いずれも
「子供の頃、それほど好きでもなかったけど、しょっちゅう食べさせられたもの」だということだ。

子供の頃の味の記憶は、年取ってから蘇ってくるのではないかなあと思うのである。若い頃は一時的に味付けの濃いものや脂っこいもの、高カロリーなものを体が欲しても、年取ったら、結局子供の頃に食べつけていたものが好きになる。・・・のではないか・・・と、・・・あんまり自信はないが、そう思うのである。

そう考えてみると、子供の頃に煮物やひじきや豆腐を食べさせてくれた母親に、感謝せねばならない。
もし、小さい頃から、ハンバーガーとかフライドチキンみたいな、いわゆるジャンクフードばかり食べていたとしたら、・・・どうなってたんだろ。子供の頃の味の記憶には、この歳の体に必要な食べ物はなかったかもしれない。

母のおかげだ。



もう一つ、母に感謝せねばならないことがある。
それは、薄味ということ。
母は胃が丈夫ではなかったので、濃い味付けや刺激のあるもの、脂っこいものがまるでダメだった。
だから、自然と家族が食べるものも薄味になる。


幸いなことに、妻の料理も「薄味」なのだ。
健康を考えて塩分を控えめにしている、っていうのもあるけど、結局妻も、薄味が好きなのである。母の薄味に慣れて育った私は、妻の薄味の料理もへっちゃらである。
たまに外で食事をするときなど、料理の味付けをしょっぱく感じることさえある。



だから、結婚してから、妻の味付けに注文をつけたことは1度もない。



これも、母のおかげだ。

ああ、あんぱんまん・・・ - 2013.10.21 Mon

今日の夕食は、外食だった。

近くの「餃子の〇将」へ。

料理ができるのを待っていると、
こぐまが急に「こりゃおもしろい。」と独り言。


こぐまの視線の先に目をやると・・・。

S-DVC00260.jpg
壁にハロウィンの飾りつけが。


ん???

S-Untitled 1


こ、これは・・・、



正義の味方のはずの、あんぱんまんが、


S-Untitled 2


死神・・・。


なんか、イメージが・・・。

役に立たない山口弁講座「しあわせます」 - 2013.10.20 Sun

S-siawasemasu.jpg



しあわせます

就職して初めて知った山口弁である。

しあわせます。・・・たぶん、漢字で書くと「幸せます」。
「しあわせです」なら分かるけど、文法的にちょっと変な言葉。

「幸いです(さいわいです)」と同じ意味で使う。
人に何か頼むときなどによく使う。

「明日までに銀行に振り込んでいただければ幸せます。」

入金の催促でも、「しあわせます」にすると、何だか幸せ感がアップする。
「ああ、お金を振り込むと、この人、幸せになるんだな。」って思っちゃう。




で、冒頭の落書き。
これ、私の頭の中の「しあわせます」のイメージである・・・。

役に立たない山口弁講座「あります」 - 2013.10.20 Sun

S-kiheitai.jpg



今でこそ、山口県は地味で保守的な県になってしまったが、何を隠そう、明治維新の原動力になった県なのである。そのころは、非常に革新的だったわけだ。なにせ、江戸幕府をひっくり返したわけだから。

で、「あります」なのだが、
この言葉、方言というより、共通語っぽい。

「テーブルの上にリンゴがあります。」
普通に使う。あ、これは元々共通語?

「今日は、日曜日であります。」
やや、肩肘張った感じがする。


軍隊などで、
「△山二等兵であります。」
などと言う。
そう、軍隊用語みたいに使うから、堅苦しい印象を持つのかもしれない。



山口弁でも、
「えー天気でります。」
(いい天気ですね。)
と言う。年配の人がよく使う。



「~でります」という表現、(太字はアクセントを置く字。)
実は、山口弁が共通語となったものらしい。
Wikipediaによると、
「(略)・・・この「アリマス言葉」は、明治初期に共通語や軍隊用語の丁寧表現に導入されたと言われている。」
と記されている。

なるほど。
明治維新で中央に進出した長州は、言葉にも影響を与えたのか。




でも、山口の田舎で使う「あります」は、軍隊チックな響きはまるでなく、もっとのーんびりした言い方でります。




(注:きちんと調べたわけではないので、この記事、あまり信用してはいけない。:たけ)


クイズ - 2013.10.17 Thu

【問題】

昨日、デジカメが届き、興奮冷めやらぬたけですが、
さて、初めて撮った写真はなんだったでしょう。

正解者全員、ハワイ旅行御招待!(自費で)


(正解は・・・追記から→)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

第6回ジコマン写真大賞・・ぱふぱふドンドンドン Nov 20, 2017
夕景 月 Nov 20, 2017
の、のどぐろぉ! Nov 19, 2017
紅葉 Nov 12, 2017
第5回「ジコマン写真大賞」~伯方島にて Nov 06, 2017
「そらまめ君の冒険」をたどる旅 Nov 04, 2017
ダイエット Oct 29, 2017
どん底? Oct 22, 2017
期日前投票 Oct 19, 2017
孫ロックライブ! Oct 13, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する