QLOOKアクセス解析

Cry me a river

クライ・ミー・ア・リヴァー。



初めて聴いたのは、オリジナルではなく、実はエアロスミスのカバーである。

「クライ・ミー・ア・リバー」をどう訳せばいいものかと、
意味はよく伝わるんだけど、言葉としてどう表現するのが一番ぴったり来るのであろうかと、
けっこう考えた。


「涙が河になるほどに」。
そんな感じかな。


一途に恋する女と、その気持ちを裏切る男。
あなたが私を本当に愛しているというのなら、
涙が河になるほどに、
泣いてみなさいよ。
あなたに私の心の何が分かるっていうの。
私は、あなたを想って、
泣いて、泣いて、泣いたんだから。

涙が河になるほどにね。




男は、いつも無頓着。
泣くのはいつも女の方。


・・・・・・

歌詞をそのまま訳したわけではないが、
これが私なりのこの歌のイメージ、解釈である。




この歌、
胸にズシンとくる。
男には。
スポンサーサイト

そらまめ君の持ち物検査

毎日寒い。
50歳を越えて、なんか急に寒がりになったような気がする。
両足の指にしもやけができた。
たぶん若い頃に比べて血行が悪くなっているんだろうなあ・・・。

冬になるまでは、毎週末そらまめ君に乗ってあちこち走っていたが、
正月が明けて、ぱったりしなくなった。
遠出したい気持ちはあるんだけど、この時期、いくら自転車を漕いでも体が十分温まらない。温まってもすぐに冷えてしまう・・・。
でも、ほんとどこかにサイクリングには行きたいのである。
春が待ち遠しい。




今は、買い物に行くために・・・、そうだなあ・・・、せいぜい15分ぐらいしか乗らない。
でも、その分、そらまめ君に別の愛情を注ぐのである。

角を生やしたり、
車載用のスタンドを作ったり、
チェーンをきれいにしたり、
メンテナンスの本を買ったり・・・。

暖かくなれば、明日にでも、すぐにどこにでもいけるぐらい、サイクリングの準備は万端整っているのだ。




今日は、休日。
倉庫で日がな1日、そらまめ君を愛でつつ、
それでもどこにも出かけずに過ごした。




んで、
暇なので、
そらまめ君の「持ち物検査」など・・・。

S-IMGP0790.jpg

そらまめ君の持ち物は、サドルの下の黒い小さな、ドラム型のバッグに入っている。
持ち物といっても、そんなにたくさんの物を携行しているわけではない。
そして、物欲番長な私だが、欲しい物はできるだけ我慢して、
ホントに必要な物だけに金をかけようと思っているのである。


S-130223_183652.jpg

これが、そらまめ君のサドルバッグ。
ビニール製で安かった。
が、
なかなかの優れもの。
思ったよりたくさん物が入って、物の出し入れもしやすく、とても気に入っている。
(サイクルショップで購入)

その中には、こんな物をいつも入れている。
S-130223_184005.jpg

番号を付けてみる・・・。
S-130223_184005-2.jpg

①6角レンチ
ディスカウントショップで購入。以前は100円ショップで買ったものを使っていたが、さすがにすぐに使いものにならなくなった。

②ドライバー
6角レンチと一緒に購入。

③タイヤレバー
ホームセンターで購入。2~300円。
こんなもん、なくてもそのへんのもので代用して大丈夫だと思っていたが、リムに傷がついたり、上手くタイヤが外れなかったりしたので、買うことにした。サイクリングに行った先でタイヤがパンクした時に活躍するはず。でも、今のところそんな経験はない。

④メジャー
100円ショップで気まぐれに買ったものだが、けっこうよく利用している。部品を買う時とか、駐輪場で寸法を測ってから店に入って部品を買ったりする。

⑤スポークに取り付けるライト
100円ショップで購入。これはいい買い物だった。振動するとライトが10秒間ほど点滅する。つまり、走っている時は、いつもピカピカ光っているっていうこと。本来は車輪のスポークに取り付けるものだが、これをサドルバッグの中にポイッと入れておく。サドルバッグはビニール製で、黒い網目越しに光が透けて見えるので便利。

S-130223_184145.jpg
(写真で見るよりもっと明るく光るよ。)

⑥パンク修理キット
100円ショップで買った。まだ使ったことがないので・・・。でも、これを使ってパンク修理をするより、チューブを取り替える方が楽だから、そのうちタイヤチューブを入れることになるであろう。

⑦小型空気入れ
サイクルショップで購入。これでタイヤに空気を入れると、きっとメチャクチャ苦労すると思うが、あくまで緊急用っていうことと、何にしろ、とにかく小さいものが欲しかった。

⑧軍手






・・・っていう具合である。



ああ、
ほんと、早く春が来ないかなあ・・・。

妻の言葉「格言」

節約家の妻は、
時々、こんな「格言(?)」を思いつく。

「金を出さずに知恵を出せ」



・・・ああ・・・・・・。

心を込めて・・・

今日はバレンタインデー。中学の頃から始まった「風習」であるが。
その頃から結婚するまで、この日にろくな思い出はなかった。・・・ははは。

が、今日、妻からとてもいい話を聞いた。

今朝のこと。
妻が出勤のために車を運転していた。家から近い広い道の交差点にさしかかって、信号が赤なので停止した。

... その交差点の横断歩道では、70代の男性が一人、毎日ボランティアで交通立哨をしておられる。娘が小学校に通う頃もしておられたので、ずいぶん昔から続けていらっしゃるのであろう。

妻が信号が青になるのを待っていると、その横断歩道に一人の女子高校生がやってきた。女子高生は、道の向こうのバス停に向かっていたのであろう。

横断歩道に着くと、女子高生はおじさんに近づき、突然ポケットからチョコレートを取り出し、おじさんに手渡したのである。それから彼女は、足早に横断歩道を渡って行った。歩道を渡り切ってから、くるりと振り返り、そのおじさんに何か一言言葉をかけた。すると、おじさんは、満面の笑顔になったという。

その話を聞いて、なんだかほっこり心が温まった。
これは、私の想像だが、きっとその子も、小学校の頃から毎朝そのおじさんにお世話になっていたに違いない。暑い日も寒い日も、雨の日も、その横断歩道を渡る人々のために頑張っているおじさんに、彼女は、きっと感謝の気持ちを贈ろうとしたのである。信号待ちのわずかな時間に渡すために、予めポケットにチョコレートを入れて。

バレンタインデーって、「告白する日」とか、この頃は、お中元やお歳暮みたいに渡すこともあるみたいだけど、こんな話を聞くと、なんか、バレンタインデーもいいもんだなあって思っちゃうのである。

そらまめ君改造計画「角が生えた!」

S-IMGP0789.jpg


寒い日が続く。


冬になってからぱったりと自転車で出かけなくなった。
せいぜい街中をポタリング程度である。

んが、
飽きてしまったわけではない。
倉庫でそらまめ君を愛でながら、春が来るのを待ちわびている。



さて、
先日、ネット注文していたものが届いた。
自転車のグリップである。
休日の今日、グリップを交換することにした。

私の自転車はT字型のハンドルだ。T字ハンドルは、「押さえ」が利かせ易く、ハンドルをコントロールしやすいのが利点だ。だが、両腕をそれぞれ90度ひねらせて握っているわけで、長距離巡航には向かない。一方、ドロップハンドル車は、手のひらを向かい合わせた形でハンドルを握ることができるので、腕のねじれがなくより長距離を負担なく走ることができるわけだ。

私の場合、そんなに長距離を走るわけではない。せいぜい2~3時間。だから、今のままで問題ないといえば、全然問題はないのだが、そんな知識を知ってしまうとなんだか気になってくる。だからといって、クロスバイクにドロップハンドルってのもどうかと思うし・・・。

そこで、自転車のグリップにバーエンドを付けることにした。ちょうどグリップとエンドバーがセットになって、一体感のある製品を見つけたので、それを買うことにした。

取り付けにはそんなに苦労はしなかった。


S-IMGP0788.jpg

S-IMGP0790.jpg

ちょっと、いかつくなったね、そらまめ君。
クワガタっぽいぞ。


あ、それから、少し前に「ボトルケージ」も付けた。
次は何を・・・。
S-IMGP0791.jpg

休日ドライブ「秋穂~下関」



義父母を連れて、TEAMたけはエビを食べに行った。

山口市秋穂。
クルマエビの養殖で、県内では有名な所である。

眺めの良い高台にある国民宿舎で昼食。



エビづくし!!
ebifugu (1)

圧巻は、これ。

ebifugu (2)

「トンカツサイズのエビフライ」!!


それから、一行は、山口県の・・・、いや、ここはちと大げさに・・・、
本州の西端!!下関へ。
ここは、フグの水揚げ日本一の市である。


まずは、「海響館」という水族館へ。


さすが下関の水族館だけあって、「フグの仲間」コーナーがあったりする。

ebifugu (3)

ハコフグの仲間。


ebifugu (4)

おお。
マンボウ!!

そか、こいつもフグの仲間なんだ。







それから、
「唐戸市場」へ。

そう、ここにフグが水揚げされ、セリにかけられるのである。

ebifugu (6)

こぐまとじいちゃんは、市場の中にあるお店で「フク汁」というフグの入った汁(味噌汁)を買い、市場のど真ん中で食した。


ebifugu (5)











久しぶりによく晴れた、温かい一日。
TEAMたけ、大いに楽しみ、大いに笑った一日だった。













夕方の空に、たくさんの「凧」が飛んでいた。

ebifugu (7)
(あ、携帯の写真なので、分かりにくいでしょうけど・・・。)

« »

02 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login