topimage

2012-05

特技 - 2012.05.30 Wed

夕飯は「餃子の王将」に行った。
そこで、得意技の話になった。

妻の言葉
「え? あたし? あたしは、喉に刺さった魚の骨を、箸で(!)取ってあげるのが得意。そりゃもう。履歴書に書いてもいいくらい得意。」
スポンサーサイト

森のくまさん劇場『取調べの定番はカツ丼です』 - 2012.05.27 Sun

第1話:取調室にて




S-a02.jpg


S-a03.jpg


S-a04.jpg
↑注)カツ丼です。

S-a05.jpg





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第2話:再び取調室にて

S-a01.jpg


S-a02.jpg


S-a03.jpg


S-b01.jpg


S-b02.jpg

帰巣本能 - 2012.05.27 Sun



忙しい1週間が終わった。
・・・疲れた。

金曜日、
職場の男4人で飲んだ。
疲れがたまっていると、酒の回りも早い。
楽しい飲み会だったが、その後がいけなかった。

終電が近づき、最寄り駅までダッシュ!
4人で電車に飛び乗って、自宅の駅で降りた。

したたか飲んだ上、「適度な運動」をしてしまったせいで、
頭はぐらぐら。
それならば、タクシーでも拾って素直に帰宅すればいいものを、
「あともうチョイ・・・。」って、一人スナックへ。

結局そこを出たのが、午前1時。
いや、2時だったな。覚えちょらん・・・。


さて、
帰ろう。

歩いて・・・。


駅から自宅までは、かなりな距離がある。
4~5km?
よく分からないけど。
でも、なぜか酔うと歩いて帰りたくなる。
しらふの時には、200m先のコンビニだって車で行くっていうのに・・・。


しかも、いつも通る道を歩けばいいのに、
「いや、こっちから行けるはずだ。」と、わざわざ違う道を進んでみたりする。


・・・
・・・
・・・あ、・・・・あら???
・・・
・・・
・・・

ど、どこだ?ここ・・・。

はじめて見る風景。
え?
こんな建物知らんぞ・・・。

その時を境に、あまり記憶がないのだが・・・





今朝、気付くと、ちゃんと自宅の布団の上で寝ていた。
二日酔いの頭でふらふらしながら台所に行くと、
妻もこぐまも、何事もなかったかのように「おそよう!」
・・・
・・・
たいしたもんだ、オレの帰巣本能・・・。

こぐま、中間テスト - 2012.05.20 Sun

先週末からこぐまは高校初の定期テスト「中間テスト」である。ほとんど部屋にこもりっきりで勉強している。高校に入って自分から勉強するようになった。だが、父親としては、あまり無理をして欲しくない。健康が第一。中間テストが近づいた頃、少し体調を崩していた。とにかく健康であることが何よりである。

こぐまは、大学進学を目指している。それも、彼女の中では既に具体的な大学も学部も決めてしまっている。それがいいことなのかどうかよく分からない。早い時期から進路を決め付けてしまうよりも、進路に幅を持ったほうがいいんじゃないかと思うのだが、なかなかどうして、こぐまには頑固なところがある。よほど思いが変わらない限り、自分の志望を変えたりはしないだろうと、親はすっかりあきらめている。


こぐまは、地元の国立大学に進学を希望している。
田舎の大学とはいえ、国立大学である。おいそれと入れるわけではない。
かわいそうなのは、国立大学に入ろうと思ったら、「センター試験」を受けなければならないということ。

私自身も、高校時代「共通1次試験」を受けた。
そして、国立大学をあきらめた。なぜなら、教科によって実力の差が大きかったからである。いや、はっきり書いておこう、数学だけが全然ダメだったのである。
これは、負け惜しみでしかないのだが、大学を受験するのに、果たして「全教科」の平均的な学力が必要なのかということ。これはいまだに疑問に感じていることだ。苦手とはいえ、それで高校の単位を修得するわけであるから、単位を取ったということは、高校卒業に必要な学力を身につけていると認定しているわけである。それをわざわざもう一度試験に使うってどうなんだろう。こりゃほんとに負け惜しみだけれど、やっぱりこのシステム変じゃないか?

そんなことを考えつつ、こぐまの健闘を祈っている、親馬鹿たけの日曜日。

こぐま語録「シラバス」 - 2012.05.20 Sun

「・・・あ~~。これがいわゆるサンチマンタリスム。はあい。青線引いといてクダサ~い。」

↑こぐまの担任の先生(♂)のものマネ。
私も妻もその先生の顔さえ一度も見たこともないのだが、こぐまのものマネが面白くて、聞くたびゲラゲラと笑ってしまう。
担任の先生のあだ名は「シラバス」。
こぐまと友達が、通学途中の会話の中で付けたあだ名だそうだ。

ばら祭り - 2012.05.19 Sat



朝、隣りの町の楽器店に用事があって、車を走らせた。
と、国道沿いの総合公園に「ばら祭り」ののぼり旗が幾つも立っているのが目に入った。

楽器店での用事を済ませた後、なんだかふと行って見たくなって、一人立ち寄った。

車のドアを開けたとたんにバラの甘い香りが車内にも流れ込んできた。
公園内、どこまでも色とりどりのバラが満開。
あちこちから「綺麗。」とか、「ステキ。」とかいう言葉が聞こえてくる。
そんなに長いこといたわけではないのだが、園内を散策してみた。


bara01.jpg

バラの回廊があった。
バラの香りと木漏れ日を全身で浴びながら、ゆっくりと歩くと気持ちが安らいだ。

惜しむらくは、デジカメも、携帯さえも持ってきていなかったこと。
上の画像はどれも拾い物である。

結婚記念日 - 2012.05.11 Fri

5月11日。
今日は、私と妻の結婚記念日。

これまで子育てと仕事に一生懸命で、結婚記念日に特別なことはしなかった。せいぜい「あ、今日結婚記念日だった。」っていう程度だった。
今年も夫婦で特別なことをしたわけではないけれど、今週は夫婦ともハードな日々を送っていたからかもしれないが、「金曜日は結婚記念日だから、金曜日を楽しみにして今週を乗り切ろう。」っていうのが、一つの合言葉みたいになっていた。

行きつけのレストランに予約を入れようかと、実は思っていたのだが、今日になって仕事でアクシデントが起き、予約などすっかり忘れてしまっていた。
少々後ろめたい気持ちで帰宅した。

でも、リビングに行くと、妻がすかさず、
「お父さん。今日は結婚記念日だからね。ステーキ焼くよ!! ちょい高いヤツ買ってきたんじゃからね!!」と言う。

よかった。
これで、お祝いっぽい週末が迎えられる。



歳を取ったせいか、或いはこぐまが高校に入り、子育てが一段落っていう段階になったからか、この頃、夫婦で若い頃の思い出話をすることが多くなった。こぐまを出産した頃の話や、付き合い出してから結婚するまでの話。

晩婚(死語?・・・今や、誰かが40代で結婚しても全然驚かなくなったのだが)の私と妻である。結婚までには、長い長い、ながあああーーーい道のりがあった。それは、付き合った時間の問題ではない。結婚までにたくさんのハードルを乗り越えてきたのである。でも、そんな苦労も今となっては全部笑い話になっている。

幸せになるっていいことだ。どれだけの苦労も、辛い過去も、悲しい出来事も、それらをぜーんぶ昇華してくれる。笑い話や、いい思い出にしてくれる。







幸せになるっていいことだ。
満たされるっていいことだ。

ラヂオ体操第「4」 - 2012.05.09 Wed

あいやー!

久しぶりにビックラこいた。


ラヂオ体操第4。


こんなのあったんだ。

でも、日本人の一体何%がこの体操ができるのだろう・・・。(笑)

エルメス - 2012.05.05 Sat



「電車男」。
何を今さら「電車男」?

GWだというのにどこにも行かず、
引きこもっているTEAMたけだが、
昨夜こぐまがレンタルDVDを借りてきたんである。

数年前、あれほど話題になったにもかかわらず、見るのは初めてだった。
うーん。ステキな映画だ。
冴えないヲタク青年の、純愛物語だ。

「電車男」と自分が重なる。
っていうか、
「電車男」な部分、多くの男達、誰でも持っているのではないかなあ。

中谷美紀扮する「エルメス」みたいな女性が自分の前に現れたら、
私もきっと電車男みたいに緊張するだろうし、
電話1本、メール1通にドキドキするだろうし、
デートしたらガチガチになっちゃうだろなあ・・・。



中谷美紀

























・・・(;´Д`)ハアハア・・・

tributeの夜 - 2012.05.03 Thu



昨日は、くだらない集会に出席したあと、夕方から焼肉屋で飲んだ。
私を含め、5人の気の合った友達で。
そのあと、tributeっていう、田舎では珍しいジャズのライブをしてくれる店に行き、語り合った。

仕事のこと、芸術のこと、家族のこと、健康のこと。


一番若いのと、一番年寄りとで、
歳の差は10歳以上あるけれど、
皆同等、友達だ。

このメンバーの中で一番古くからの友達とは、
もう、二十年以上の付き合いになる。
この人と酒を飲むと元気になる。
どんなに落ち込んでいても、だ。

ふと、「出会い」っていう言葉が心に浮かぶ。
ステキな人と出会うって、人生で最も素晴らしいことだ。

tributeの夜。
実に楽しいひと時だった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ま・・・まずい・・・・ Sep 16, 2017
さびし・・・ Sep 13, 2017
胃袋 Sep 09, 2017
いーじゃないの、幸せならば Sep 06, 2017
あ、そうそう、「ジコマン写真大賞」 Sep 04, 2017
「ホシイ病」再発 Sep 03, 2017
キジバト Aug 27, 2017
滅びゆくものの美 Aug 27, 2017
TEAMたけ語辞典「たにた」 Aug 26, 2017
夏の終わりのハーモニー Aug 25, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する