QLOOKアクセス解析

転勤

職場を変わることになった。今度は、街の仕事場に変わる。
このところ、残務整理の日々である。
次に私の役職に就く人のためにパソコンのデータを整理したり、やり残した仕事をしたりと、この数日休むいとまもない。

今日も、朝からパソコンの前にねじ座って仕事をした。
日もとっぷりと暮れた頃、気がつくと、私以外には、もう女性職員が一人しか残っていない。彼女を見ると、来年度のために、7~80冊はあろうかと思われる、空の紙ファイルの背表紙に、せっせと「テプラ」で作ったラベルを貼っている。見るに見かねてお手伝いした。一人ぼっちでたくさんの仕事、なんか可哀想になったのである。それに、女性だから、夜遅くに帰ってほしくなかったのである。危ないから。




私は、こんなちっちゃな親切が好きである。でかいことはできないが、ほんのちょっと「ありがと。」って言ってもらえるくらいのことをするのが。


帰宅は1時間遅くなったが、転勤前にその人の役に立てて、とっても嬉しい。


ちっちゃいヤツだ、俺。


スポンサーサイト

03/26のツイートまとめ

take704

映画館にきている。親子3人休みが合うのは今日だけ。「漫才ギャング」をみるのだ。でも、映画館、ガラガラ。。。。。。
03-26 14:45


03/24のツイートまとめ

take704

まってる人多いなう。。。
03-24 18:24

かーっぱかっぱかっぱずしなう。
03-24 18:22

娘の保護者懇談会にきている。次は俺の番。き、緊張する。。。
03-24 16:28


小さなお祭り

今日は妻が朝から出かけている。
妻の勤める小さな町の公民館のお祭り。
妻も仲間と一緒にお店を出している。

こぐまと一緒に昼食を食べに出かけ、その帰りに陣中見舞いを兼ねてお祭りに行ってみた。

ホントに小さなお祭りである。
斜面にいくつかの家々が集まり、その家に囲まれたところに公民館がある。
その狭い駐車場に4、5張のテントを設け、お祭りが開かれている。

会場には、大音量で音楽が流れていた。「港のヨーコ、横浜横須賀」「イミテーション・ゴールド」「セカンドラブ」などなど。私がまだ中学に上がるか上がらないか、その頃流行っていた曲が流れている。きっと、その頃から毎年同じテープを流しているようだ。

でも、お餅をついたり、フランクフルトやカレーやジュースやビールなど、色んなお店があったり、子供達がたくさん来てたりして、賑やかで和やかなお祭りだった。(とはいえ、今日は雨で人出は少なかったそうだ。)


さっそく妻に声をかけた。
妻は「タコ天」を売っていた。


妻にもらった「タコ天」。うまし!
この地域には、漁師さんも多い。魚介類は新鮮である。

会場の傍らでは、ブ〇ースさんというアメリカ人が、幼稚園の子供達になにやら陸上競技を教えている。
ブ〇ースさんは、モスクワ五輪の陸上競技の選手だったそうだ。残念ながら、アメリカがボイコットしたので幻の米国選手になった。カップ酒をそばに置いて、チビリチビリやりながら、子供達にコーチしている。子供達は大喜びである
110320_123547.jpg
写真奥の方に大きなクレーンが見える。この町にある造船所である。この町は、造船の町で、高度成長期には活気にあふれた町であった。それから造船業は衰退して行ったが、昔ほどではないにしろ、今も船を作っている。進水式の時は、一斉にたくさんの風船が空に放たれるのだそうだ。


この公民館のお祭りも開催が危ぶまれていたのだそうだ。
東北地方の大災害。
でも、こんな時だからこそ、地域が一つにならなければと、
雨模様であったが開催に踏み切ったそうだ。
会場の片隅に義捐金を募るコーナーが設けられていた。


ちっちゃいちっちゃいお祭り。
それだけに、ほのぼのとしてあったかいお祭りであった。

03/19のツイートまとめ

take704

お好み焼き、だいすきだあああ!
03-19 20:31

支援物資を届けに行くぞお!
03-19 12:51


支援物資

あいパークへ

風はやや冷たかったけれど、今日は温かい春の日差しの穏やかな1日だ。
今週は仕事が立て込み多忙な日々だったが、昨日それも山を越え、
今日は心にゆとりのある休日である。

朝からのんびりとテレビを見ていたら、
ローカルニュースで、地震の被災地に送る物資を受け付けている場所を知らせていた。
妻と顔を見合わせた。

妻、
「毛布、持って行こう!」

その一言で、今日、隣りの町にある「あいパーク」という社会福祉施設に、家にある毛布とタオルを届けることになった。


さっき帰ってきたところである。

いいことをすると気持ちがいい。
単純にそう思う。

これまで、「何かしてあげたい。」という気持ちはあったのだが、
なかなかその時間的なゆとりがなかった。
今朝、ニュースを見たのはラッキーだった。

誰かが使ってくれたら嬉しい。

募金

職場で募金を始めた。
今、とても忙しい時期なのだが、自分が社会に役立っているという気持ちがあると、やる気が出るものである。たった1日で、予想以上の金額が集まった。

社会に貢献できるという喜び。
これは確かにある。

募金、献血、ボランティア。


東日本大震災

東日本大震災から5日が経った。
信じられない惨劇。



金曜日。
私が震災を知ったのは、午後4時くらいだっただろうか。
この日は、昼から職場のワックスかけを職員全員でしていた。それが終わって、ワックスが乾くまでいつもと違う部屋で仕事をしながら待機していた。
仕事が終わって、かといって他の部屋に入るわけにもいかず、暇をもてあまして、携帯で「ツイッター」を開いた。すると、自分がツイートしていない人からの「拡散希望」の文が入っていた。
もうよく覚えていないが、そのツイートには、「会社の部屋にあるサーバー機の棚が倒れてきて、身動きができない。腹から出血している。息が苦しい。」と書かれていた。

ニュージーランドの地震のことだろうか。真っ先に頭に浮かんだのはそれだった。いや、日本のどこかで地震があったのか? それで、携帯でニュースを見てみたが、上手く探せなかった。そのツイートのホームへつないでみた。すると、「あいつを殺す」などと、物騒なツイートがたくさん書いてあったので、何かヘンな人、アブナい人なのかなあと思い、ツイッターの文面も悪戯なのかと思ったのである。

午後4時半頃、職員の一人が、電話で、はじめて東北で大きな地震があったということを知った。(つまり、私の職場の人は、その電話まで誰も地震のことを知らなかったのである。)
テレビをつけた。
千葉の石油コンビナート火災が、映されている。東北地方の地震。なのに、ニュース映像は千葉。そしてその後、東京の火災の様子が映し出され、宮城・岩手の津波の様子が映し出され。
実は、職場にいる間、ずっと地震の実態がイメージできなかったのである。

帰宅してから、テレビに釘付けであった。
津波の映像。恐ろしかった。ただただ恐ろしかった。



それから今日まで、災害の様子、被災地の人々の様子、亡くなられた方々、消息の分からない方々のこと、福島原発のこと・・・。帰宅してから、ずっとテレビの報道を見ている。
いまだに、その規模の大きさが実感できないでいる。だが、宮城、岩手の被災者の人々の声を聞き、何度も涙がこぼれた。そして、こんなに大きな災害に遭遇しながらも、秩序を保ち、一生懸命避難生活を送っておられる皆さんに何もしてあげられない自分を申し訳なく思った。


山口県には地震の影響は何もなかった。
だが、今、私達、被害を受けなかった地方の人々こそが被災された人々を支えてあげなければならないと思うのである。

妻と、何ができるだろうかと話をした。

まずは節電。
西日本と東日本では、電気の周波数が違うから、送電はできないのかもしれないが、それでも、節電はしたいと思う。

募金。
職場で募金を集めることになった。個人的にも義捐金を送りたいと思っている。ただし、信用のできるところへ送付したいと思う。

インターネットへのアクセスを控える。
しばらくの間、ブログも更新しなかった。ツイッターを見たり、書き込んだりすることも控えている。
実は、地震があった日、後でもう1回、ツイッターにアクセスしたのだが、その時は、ツイッターにアクセスが集中して、画面が表示されなかった。ツイッターを通じて助けを求める人もいるし、家族の消息を尋ねる書き込みもある。非常時なので、少しでも緊急を要する情報に回線を空けておくことは、無駄にはならないと思った。

とにかく、災害の時は、まず第1に必要なのは情報である。そのために、しばらく、できるだけ無駄なアクセスをしないことを心がけているつもりだ。



地震が起きてから今日まで、家族であまり冗談を言って大声で笑ったりしていない。何となくそんな気分が続いている。町の雰囲気も、(思い過ごしなのかもしれないが、)何となく明るさがなくなっているような気がする。





テレビのインタビューで家族の生存を知らされた女性の、
「生きていてくれさえすればそれだけでいい。」
という言葉が心に残っている。




亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、一人でも多くの方が救助されますよう願っています。

足の引っ張り合い

昨日記事を書いて、今日車で前原外相辞任のニュースを見て、少し自分のとらえ方が違っていたのでもう一言書いておく。

前原さんがもらった献金は、25万円ほど。そして、外国人が献金してはいけないことを献金した本人も知らなかったということだ。前原外相の不注意が招いたことという。

そういうことだったのか。私はてっきり賄賂っぽいお金なのかと思っていたのだが。


となると、今度は自民党なんだけど、なんか、自分達が政権をとるためには手段を選ばないっていうか、民主党のあら探しっぽく感じる。確かに、した事は「政治献金規制法」に違反することなんだろうケド、なんだか、こんなことに精力を費やすくらいなら、もっと大きなことに力を注いで欲しいとも思えた。もしこの次に再び自民党が政権を握ると、今度は民主党が同じようなあら探しをするんだろうなあ。こんなことの繰り返しでいいんだろうか???

03/06のツイートまとめ

take704

ちょっと休憩。
03-06 12:05

今日は仕事をしに職場へ。だーれもいない職場へ。。。。。。
03-06 08:02

日曜日にしては早起き!
03-06 08:00


« »

03 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login