topimage

2010-11

こぐま語録「流行語大賞2010」 - 2010.11.28 Sun

じいじいじいじい  べっべべっべべ

少女時代「Gee」より)





syoujojidai(縮)


↑ たけのパソコンのデスクトップより
スポンサーサイト

心霊写真 - 2010.11.28 Sun

こぐまを塾に迎えに行った。駐車場で待っていると、こぐまがいつものように「ただいま。」と言って、車に入ってきた。

「お父さん。うちにお経の本、あったよね。」
「うん。あるけど。どしたの。」
「さっき、〇〇先生が心霊写真を見せてくれて、こぐまたちが『ひょっとして、今教室で撮ったら映るかも。』って言って、撮ったら・・・、う、映ったのおおおお。し、心霊写真がアアア・・・。」

結構マジな表情で怖がっている。

「あの・・・、こぐまちゃん。それ、写メでしょ。なんか、合成じゃない?」
「そ、そうかなあ・・・。」


うちに帰ってから、試しに「iphone(その先生の持ってた携帯) 心霊写真」で検索したら・・・。

・・・案の定、ありましたありました。写真を心霊写真にするアプリが・・・。

「なあんだあああ!!!」

こぐまは、心底ほっとした様子・・・。



あ、あの・・・。
塾の先生・・・。

こぐまは馬鹿ですから、
先生は冗談のつもりでも、すぐ本気にしてしまいます。

そこんとこ、よろしくお願いします・・・。

アメリカ人のサンドウィッチ - 2010.11.28 Sun

レシピ



妻が、A3用紙にプリントした、英語で書かれた料理のレシピを持って帰った。
妻の知り合いの家族、お父さんはアメリカ人、お母さんは日本人、子供2人? 女の子の家族。
以前、そのおうちで開かれたハロウィン・パーティーに招かれて、そこで食べた料理の数々に感激し、作り方を教えてくださいとお願いしたそうだ。すると、お父さんから、詳しい作り方を書いたものをいただいた。

この中で、昨日サンドウィッチを作ってもらった。
"Home style Chicken Salad"・・・チキンサラダ。それの入ったサンドウィッチである。

美味かった。

黒胡椒を利かせたチキン、セロリ、ゆで卵、ピクルス、オニオン・・・
それらをきざんでマヨネーズであえる。
そして、レタスと一緒にパンにはさむ。
手軽!

ただ、その知り合いのおうちでは、ピクルスは自家製。
そして、実際はチキンを調理するところから家で作るそうだが、
そこは一手間かかるので、缶詰で代用した。


日本のサンドウィッチと比べてみると、味の違いは、サラダにあると感じる。"Home style Chicken Salad"は、セロリとか、胡椒とか、ピクルスとか、玉葱とかの味を生かし、マヨネーズはホントに控えめである。日本のお店に売っているサンドウィッチのサラダは、なんか味を「マヨネーズ」に頼りすぎているように思った。



他にも色々教えてもらっているので、次に妻が何を作ってくれるか、楽しみである。


                     グルメレポーター・たけ(嘘)

期末テスト近し - 2010.11.27 Sat

こぐまが朝から歴史の勉強をしている。


年号を覚えたいらしいんだけど、いわゆる「語呂合わせ」の書いてある、ちっちゃい本をなくしてしまったらしい。

そこで、二人で新たに語呂合わせを考えることにした。

  ↓
  ↓
  ↓

anki(縮)
(「和親条約」の「親」の字、間違えちゃった。)



こんなところで「オヤジギャグ」のセンスが役立つとは・・・。

こぐま語録「青アザ」 - 2010.11.27 Sat

お父さん。

きのう階段で脛(すね)打った。

(たけ「・・・・・・。」)







ああ、
私は「日常生活が苦手な女」・・・。

こぐま語録「捕らぬタヌキの・・・」 - 2010.11.27 Sat

お母さん。
期末テストで〇番台じゃったら、「銀魂」(コミック)5巻買ってよお。
んで、5教科○○点以上じゃっても「銀魂」5巻。
そいから・・・
・・・・・・・。



そしたら、
中学卒業までに「銀魂」全巻揃う!!

ゴッホの椅子 - 2010.11.27 Sat




ゴッホの椅子。
アルル時代の作品。

真っ先に目に入るのは、異様に太い椅子の前足と、今にも崩れそうな歪んだ床。
粗末な木の箱には、芽の出た玉葱。
この椅子を見ていると、
椅子に座り、パイプをくわえたゴッホの姿が、
だんだん見えてくるような気がする。
或いは、この椅子がゴッホの姿そのものに見えるのかもしれない。

私は、この絵を見るたび、
歪んだ床に、ほんのちょっと狂気を感じたり、
太い椅子の脚に、不安と戦いながら踏ん張る画家の心を感じたりする。

gogyannoisu.jpg

こっちはゴーギャンの椅子。
随分違うなあ。
壁と床の境の線が水平で、落ち着いた、広々した印象を受ける。

この2枚の絵を描いたあと、
例の、ゴッホが自分の耳を切る事件が起き、
二人は決別することになる。

いーーーやっほぅぅぅぅ! - 2010.11.26 Fri

おわったぁぁぁぁ!!!!!!!
今、私の心は、・・・そうだなあ・・、
1ヶ月あまり続いた便秘が突然解消したような、清々しい気分といったらいいかなあ、
そんな心持ちである。

終わった。
私が気にかけていた大きな仕事の一つが終わった。
ふううう。
ほっと一息、である。

とにかくこの仕事がずっと気にかかっていた。
どのくらい気にしていたかというと、
寝言で何度も今日のイベント? の名を「叫んで」いたくらい。
そのくらい気にかけていたのである。

それが終わった。
もちろん、月曜日からもエンドレスに仕事はあるんだけど、
「これで心置きなく正月が迎えられる」という気分である。

この2.3か月ほど、仕事が超忙しかった。
輻輳する仕事を毎日こなさなければならない。
なんか余裕のない日々だった。
自分を見失いそうになりながらも、何とか踏ん張れた。

明日のお休みは、心になんの引っかかりもなく迎える、久しぶりの、ホントの休日である。

私は、心のスイッチの切り替えが下手くそだと思う。気にかかることがあると休みの日でもなんとなく落ち着かない。そんな自分を馬鹿だと思いながらも、私は、いつも不安に駆られるのだ。

もっと図太く生きたいと思う。もっと楽観的に物事をとらえたいと思うのだが。これはもう、持って生まれた気質だろうとあきらめている。こう見えてナイーヴなのである。

けど、そんな自分でも、今、めっちゃくっちゃハッピーな気分になれている。さっそく50号のキャンバスを買い、超久しぶりに絵など描いてやろうかと思っている。そして、年末に行く旅行のことで、今、頭の中はいっぱいになっている。

1年のうちでこんなハッピーな日があってもいいよね。つうか、こんな日もなければ、正直やってられない。





こんなとき、私は家族(特に妻)に感謝するのである。私がピンチの時に、いつも支えてくれるのは家族である。私がもっとしっかりしていたら、という自責の念と共に、家族の有難さ、家族の尊さをひしひしと感じるのである。妻は、自分だって仕事で忙しいのに、いつも私の健康を気遣ってくれた。娘は、笑顔を毎日見せてくれた。そして、私はその気遣いと笑顔に支えられて生きている、ということを実感するのである。

ブログを一度閉じてから、「TEAMたけ」という言葉を意識的に使わなくなったのだが、やっぱり我が家は「TEAM」である。たった3人の家族が、みんなブーブー言いながらも、毎日それぞれの存在なしでは生きていけない。誰が立派なわけでもない。ただただ、みんな持ちつ持たれつ生きている。泣いたり笑ったり怒ったりしながら、それでも「分かち合って」生きている。






繰り返すが、
いつも感謝するのは、
やはり「家族」なのである。

外壁工事 - 2010.11.23 Tue

101123_101921(縮)


勤労感謝の日の今日。我が家は朝から慌ただしい。今日から家の外壁の塗り替え? が始まった。写真は、2階の小窓から外の様子を撮ったもの。
昨日帰宅すると、突然家の周りに足場が組んであった。「おお~。遂に始まるんか。」と呟きつつ帰宅。今朝、2人の職人さんが来て、工事が始まった。今、居間にいるが、上の方でガタガタと音がする。なんかやってる。

この家を建ててから、12、3年経っている。これは私の想像なのだが、この家、同じ頃に建った近所の他の家より痛みは激しいんじゃないかと思う。我が家は、数件並んだ家々の一番奥にある。奥にあるといっても、家の北側と東側は田んぼ、南側は道路で、西側以外は完全に吹きっ晒しなのである。

台風のときは、かなりヤバい。東からの強い風がモロに家にぶつかる。その台風に何度も耐えながら、我が家もよく頑張ったのであるが、調べてもらうと、かなり痛んでいて、このまま置いていたらまずいらしい。

そこで、懇意にしている業者に頼み、外壁を塗り替えることにしたのである。費用は、「目玉が飛び出る」くらいかかる。見積もりを取ったとき、「やっぱやめようか・・・。」と正直思ったが。ここは一発、「清水の舞台からバンジージャンプ」!! 今日に至ったわけである。

10日もすると、工事が終わる。

どうでもいいことなんですが・・・ - 2010.11.22 Mon



仕事場の戸口を出た所で見つけた1匹の昆虫。
体長4cm~5cmくらいかな。

この虫、


何??

101122_1350232.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ま・・・まずい・・・・ Sep 16, 2017
さびし・・・ Sep 13, 2017
胃袋 Sep 09, 2017
いーじゃないの、幸せならば Sep 06, 2017
あ、そうそう、「ジコマン写真大賞」 Sep 04, 2017
「ホシイ病」再発 Sep 03, 2017
キジバト Aug 27, 2017
滅びゆくものの美 Aug 27, 2017
TEAMたけ語辞典「たにた」 Aug 26, 2017
夏の終わりのハーモニー Aug 25, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する