QLOOKアクセス解析

父の病気



今日は、私の祖母の二十五回忌法要があった。久しぶりに実家に帰った。そこで私は、母から驚愕の事実を聞く。父が前立腺癌だというのだ。

父が前立腺の病気にかかっているということは、母から以前聞いていた。「前立腺肥大」と聞いた。それが今日、突然癌だと聞かされた。
「えっ??」思わず声を上げ、母を見る。だが、母の様子がおかしい。ニコニコしてそう言うのだ。当の父も、至って呑気なものである。「米をやるから持って帰れ。」などと言っている。私は混乱して、父の病名を母に聞きなおしたくらいだ。

母によると、確かに前立腺癌なのだが、他に転移はしていない。もう年寄りだから癌の進行も遅い。だから、癌に犯されるより前に寿命が来るのだそうだ。定期的に女性ホルモンの注射を受けに行くが、その他の治療や手術はしないらしい。その注射で癌がなくなってしまうかもしれないそうだ。・・・安心していいのか悪いのか、よく分からないのだが、父も母も呑気な顔をしているから心配しないでいいのだろう。

法事の坊さんは、痴呆症の住職であった。父はどうしてもと、この住職に頼んで、来てもらったそうだ。理由は分からない。経典の最初のページを開くのにやたら時間がかかる。お勤めの後、祖母についての話をするのだが、何度も何度も同じ言葉を繰り返し、結局、何を言ったのかさっぱり分からなかった。
でも、いい法事だった。このお坊さんに来ていただいてよかった。そう思った。父が満足していたから、それでいい。




帰りに車を止め、携帯で写真を撮った。天気はいいがけっこう風の冷たい今日、その冷たい風にこいのぼりが揺れていた。田んぼには、そこここに蓮華が咲いていた。


                                          たけ
スポンサーサイト

セザンヌ



職場の会議室に飾られた絵。複製。誰も見向きもしないが、私の大好きな絵だ。
この部屋に入るたび、じっくりと見る。

理屈を言えばきりがないが、その理屈やからくりを知らずとも、
この絵は心に迫ってくるのが分かる。



セザンヌ。

偉大な画家である。

ブログタイトル



ブログのタイトルを「いつか見た青い海」とした。思いつきで決めたタイトルだから、特に深い意味はない。試しにネットで「いつか見た」を検索してみると、「いつか見た青い空:海援隊」の文字が。金パチ先生のドラマ主題歌だったようだ。そうか、それが頭の隅に記憶されていたのかもしれない。

先週金曜日の夕方、車で妻を送って行った。その帰り道、夕日が海に沈もうとしていたので、駐車場に車を止めた。アマチュアカメラマンと思しき人が3人、カメラをセットしてシャッターチャンスを待っていた。きっとこれから夕日が綺麗に沈んでいくんだろう。

私は携帯のカメラで1枚、写真を撮った。強い逆光で手前は真っ黒だが、ほんとは海も空も青く、緑は鮮やかで、とてもすがすがしい景色だった。

写真の腕があればなあ、と思った。


ここは、瀬戸内海国立公園に指定されている。

こぐま語録 焼き鳥屋にて

お父さん、ライオンのことを「百獣の王」って言うけど、
その百匹の獣が全部ナヨッちい動物だったら・・・、あんまし自慢にならんね。

検尿

3日前、職場で紙コップと弁当の醤油入れみたいな物を渡された。職員の尿検査。家に持って帰り、翌日の朝の尿を取り提出するとのことであった。

その日、忙しさに紛れて持って帰るのを忘れてしまった。
次の日、そのことを謝ると、翌日が予備日だからいいですよ、と言われた。
よし、明日は忘れないように、と、思っていたのであるが・・・。

・・・また家に持って帰るのを忘れた・・・。

帰宅してから、尿検査のセットを職場に忘れたことに気付いた。どうしよう。もう一度職場に戻って持って帰ろうか・・・。だが、時刻は9時を回っている。1日働いて疲れてもいる。

そこで、
「よし!明日の朝職場に行って出そう!」と決心した。

検尿は、朝起きて初めて出す尿を採取する。だから、そこんところを我慢して職場に行かなければならない。
私は、間違えて朝トイレに行かないようにするために、油性の太マジックで、
手の甲に「しっこ」と書き、布団に入った。

翌朝、私はそそくさと出勤の支度をした。トイレに行っちゃ行けない、と思えば思うほど、尿意を意識してしまう。
「行ってくるよ。」と、おかとこぐまに挨拶をし、車のエンジンをかけた。
私の職場までは、車でちょうど30分。けっこうな時間である。しかも、出かけてすぐに尿意をもよおし始めちゃったのである。
「ま、まずい・・・。」
途中に、毎朝立ち寄るコンビニがある。寄ろうか、どうしようか。いっそそこで出しちゃおうか・・・。別に「一番搾り」じゃなくてもバレやしない。い、いや、ここまで頑張ったのだから・・・。私は、そこで意地を見せた。

コンビニをスルーし、職場に向かう。
信号待ちが妙に長く感じられる。いつもより時間の流れが遅い・・・。
気を紛らわせるため、そして、何より運転に集中するため、オシッコのことを考えないようにするのだが・・・。
ダメだ・・・。カーラジオのニュースを聞いていると、「シッコー猶予」なんて言葉を連想してしまう。

・・・職場に着いた。駐車場から職場までダッシュ!!
すでに出勤している同僚に早口で挨拶し、カッコ悪いので紙コップと「タレビン」を上着のポケットに忍ばせて、トイレに向かう。
「おお、たけさん。こないだの件だけど。」
うっ・・・。こんな時に限って話しかける上司。この人が話し始めると長い・・・。
私は、無理な笑顔を取り繕って、上司としばらく話しをした。できるだけ早く切り上げるように努力した。
・・・やっと開放された。
私は、小走りでトイレへ・・・。

ま、ま、間に合った・・・。



それから私は、トイレの便房で落ち着いて尿を採取し、提出用の紙袋に氏名を書き、
なぜか、やや誇らしげな笑みを浮かべながらトイレから出た。

勝った・・・。
何に勝ったのかさっぱり分からないが、
私は勝ったのである。
この貴重な「一番搾り」、どうぞ存分に検査しておくんなさい。



初めての日記がこれじゃ、先が思いやられます・・・トホホ…  たけ

よろしくお願いします

ようこそいらっしゃいました。
と言いつつ、トップの画像がいきなり不気味なコラージュ?でごめんなさい。
く、暗いなあ・・・。背景、真っ黒だし・・・。


ようやくブログを再開する元気が戻ってきました。

このブログは、不特定多数の人に読んでもらうことを目的としていません。以前書いていた「『TEAMたけ』の日記」、とても楽しく続けられたのですが、徐々に「だれに見られているか分からない。」という不安を感じるようになり、一つ一つの言葉が気になるようになり・・・、それらが気持ちの負担となっていって、結局閉じてしまいました。(他にも色々、個人的な理由はありましたがこれは書けません・・・。)

ですが、ブログの楽しさを味わいたいという気持ちもあり、悩んだ末に、これまで「TEAMたけ」を読んでくださった皆さんの中から、何人かの人だけにURLを知らせ、ひっそりと再開することにしました。私は、あんまり多くの人と関わるのが得意な方ではありません。限られた少ない人数の中でしか自分を表わせないような気がしています。

今のところ、ランキングや足跡等、このブログの存在が他に分かってしまうものは設定しておりません。また、当ブログは、パスワードをかけております。ご面倒をおかけしますがご了承ください。

・・・と、ずいぶん我儘なことを書いてしまいました。ここへは気が向いたら来ていただくのでかまいません、ほんとうに。

コメントは自由に書いてください。ただし、誹謗や中傷(特に私以外の人への)はされませんよう。
また、私自身が失礼なことを書いていたら、どうぞ遠慮なくお知らせくださいね。



                             管理人  たけ

« »

04 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
下心など・・・ない! May 20, 2017
追記 午後は海岸へ May 15, 2017
バラ祭2017 May 15, 2017
こぐま語録「電波の無駄遣い」 May 06, 2017
こぐま語録「フレーミング」 May 05, 2017
今日も会えたよ~ん! May 05, 2017
キビタキ撮れた! May 03, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login