topimage

2010-02

よろこんでぇ!! - 2010.02.09 Tue

シナモンさんのブログに「言葉を略す」ことについて書かれていた。
(「わたしはごはん」←リンクしています。)

そこで、たけも昨今の巷の「言葉」について。



最近よく聞くのは、「~しちゃって大丈夫ですか。」っていうような言い方。

「隣りの席、空いてますか?」が、
「隣りの席、大丈夫ですか?」。

「窓開けといていいですか?」が、
「窓開けといて大丈夫ですか?」。

「~していいですか?」っていう意味。
たまに聞くには違和感はないんだが、頻繁に聞くと不自然に響く。

なんで?大げさすぎやしませんか?

先日、ファ〇リーマートに行って、こんなことがあった。
若いバイトのお兄ちゃんに、
「肉まん3つください。」って言うと、
お兄ちゃんは、さっそくケースから肉まんを出して、袋に入れようとした。


その時、私に言った言葉が、
「肉まん、3つとも一つの袋で大丈夫ですか?」

・・・・・・そ、そんなこと知るかい。

3つも入れると破れちゃうの?
それは、店側がちゃんと把握しとかなきゃいけないことで、
客の私、しかも初めてこの店で肉まんを買う私に、
袋が大丈夫かどうか聞かれたって、分かるわけがない。
3つを一つの袋に入れると、どんな問題が生じるのかさえ、さっぱり予測できない。
どっちかっていうと、それは、客が店員に言う言葉じゃないの?
「あ、あの、お兄さん、その袋に3つも肉まん入れちゃって、大丈夫?」って。

それを、大丈夫かどうか客に判断を委ねるなんて、
なんて無責任なんだ!!

・・・・・・って、これは後からこじつけただけの屁理屈だが。

はいはい、分かってますよ。
肉まんを3つとも一緒に入れてもいいの?
それとも、別々にする?って聞きたかったんだよね、兄ちゃん。






我が家から少し離れたところに、ラーメン屋がある。
元気のよさがウリみたいで、
店に入ると、
「るるあっしゃいませぃ!」と、店員がいっせいにでかい声を出す。
ちょっと辟易する。

ラーメンを注文すると、
「〇番テーブルさん、〇〇ラーメン!バリカタでぇ!」
と、注文をとった店員が厨房に叫ぶ。

すると・・・・・・・・・。
あっちこっちから、



「よろこんで!」     「よろこんでええ!!!」

      「よろこんでえ!」

  「よろこんでー!」      「よろこんで!!」

      「よろこんでえええ!」  「よろこんでーーー!」 



・・・と、いっせいにでかい声が響く。
なんか、喜んでる。ラーメン1杯注文しただけなのに。

向こうで、誰かが注文。
と、また・・・、




「よろこんで!」     「よろこんでええ!!!」

      「よろこんでえ!」

  「よろこんでー!」      「よろこんで!!」

      「よろこんでえええ!」  「よろこんでーーー!」 



また喜んでる。


その間に誰かが店を出ると、
「ありがとあんしたあ!」
とでかい声。
とても落ち着いて食べられやしない。


「よろこんで。」

「よろこんでご注文を承りました。」って言いたいの?
「よろこんでご注文の品を作らせていただきます。」って言いたいの?

それとも、
喜ぶことを客にお願いしてるの?
「よろこんで!お願いだから。ほらほら、よろこんで!」っちゅう意味??

なんにしろうるさい。
注文受けたら、「はい。」「あいよ!」「まいど!」
これくらいで十分だ。黙っててもいいくらいだ。
いっそ「うれしい!」って叫んでくれた方が可愛い。


「よーろこんでええええ!!」
                   ・・・・・・・ヤメテクレヨ・・・。



「うざったい」が「ウザい」に、
「気持ち悪い」が「キモい」に。
縮めて言うようになってから、やたら日常会話に「ウザい」「キモい」を聞くようになった。

昔は、「うざったい」「気持ち悪い」なんて、
人に対して、たとえそう思っていてたとしても、今ほど安々とは言わなかったような気がする。

言葉を省略することを、悪いことと決め付けたりはしないが、
(通じなかったら困るけどね。)
本来嫌なイメージを持っている言葉を、略して言いやすくすると、
人はどんどん気軽に、言葉で人を傷つけちゃうようになるんじゃないか、
・・・・・・・・・・と思うんだが。
スポンサーサイト

「TEAMたけ」の豆まき大会 - 2010.02.06 Sat

いつも、タイミングがずれちゃうんだけど、
今日の記事は、ナニを今さら「節分の豆まき」のこと。

我がTEAMの豆まきは一味違う。
妻の実家で行われていた「風習」が、TEAMたけに伝わった。

まず、窓から外へ豆を撒く。これは普通。
「鬼は外。福は内。」って。

その後、徹底的に一部屋をきれいにする。
なめてもいいくらいに。
部屋にあるものはすべて廊下に出し、部屋を空っぽにする。

それから・・・。
妻が、レジ袋を持ってくる。
中には、飴だのチョコだのキャラメルだのクッキーだのお菓子がぎっしり。
豆は・・・、ない。

豆まき菓子まき係」が(今年はこぐま)カーテンを閉め、
部屋の明かりを消す。

まっくら。

その暗闇の中で、
「おには~~~そと~~。」と菓子まきが始まる。
暗闇で、手探りの菓子争奪戦。

まいた本人もまき終わったら、すぐに参戦する。
ころあいを見て、妻が明かりをつける。
「あ、あっこに!チョコが!」
ダダダダ・・・。
暗闇で気付かなかったお菓子を見つけると、みな力ずくで奪い合う。

部屋にまいた菓子を全部拾うと、
運動会の玉いれみたいに、みんなで声をそろえて自分がGETした菓子の数を数える。
1回戦はこぐまが優勝。
「菓子まき係」だったこぐまは、わざと自分の足元にたくさんまいてたのだ。

これを3セットやる。
やっぱりこぐまが1位。
皆汗だく。
まるでスポーツである。
無病息災。そんな言葉はすっかり忘れている。

獲得したお菓子は、1日では食べ切れないが、
絶対誰にもあげたりしない。
無断で他の者のお菓子をちょろまかそうものなら、厳罰に処されるのだ。

豆まき。我がTEAMでは、かなりハードな年中行事である。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ま・・・まずい・・・・ Sep 16, 2017
さびし・・・ Sep 13, 2017
胃袋 Sep 09, 2017
いーじゃないの、幸せならば Sep 06, 2017
あ、そうそう、「ジコマン写真大賞」 Sep 04, 2017
「ホシイ病」再発 Sep 03, 2017
キジバト Aug 27, 2017
滅びゆくものの美 Aug 27, 2017
TEAMたけ語辞典「たにた」 Aug 26, 2017
夏の終わりのハーモニー Aug 25, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する