topimage

2017-08

アスファルトの隙間のタンポポ - 2017.03.29 Wed

DSCF9495 (3)

先日撮ったタンポポの写真。
アスファルトとコンクリートの隙間から出てきた、タンポポの花である。
思い入れのわりに平凡な写真になったから、
タブレットでトリミングと画像処理をしてみた。

その茎はか細く、花は小さく、たった一輪。
だが、
殺風景なコンクリートの前で、鮮やかに、そして、健気に咲いている。

今年度が終わろうとしている。
この一年は、妻にとっても私にとっても、心痛の多い、辛い一年であった。
だが、
なんとか乗り越えられたのは、
ふたりとも、凹まず、いつも前を向いていたからだ。
そして、何とかなるさと笑っていたからだ。




タンポポは、たとえ頭の上に固いアスファルトの地面があっても、
その隙間から顔を出し、花を咲かせた。
きっと、冬の間に地下にしっかりと根を張り、春が来るのを待っていたにちがいない。
だから、こんな場所でも、立派に花を咲かせたのだ、きっと。


だから、みんな!
辛い時こそ、
不安な時こそ、
何をやっても上手くいかない時こそ、
「今は根を張る時」なのだ、と、自分に言い聞かせ、
希望を捨てずに生きていこう。






そうすれば、春は必ず訪れるのだ。




花は、必ず咲くのだ。





・・・と、
何を血迷ったか、このエロ親父が、偉そうなことをほざくのである。
スポンサーサイト

TEAMたけ、今年の漢字 - 2016.12.26 Mon

今年の漢字。
清水寺では「金」だったそうだ。

じゃあ我が家では?

妻の選んだ漢字が採用され、
「2016年TEAMたけの漢字一文字」は、
「騒」
に決定。

仕事でも家庭でも大騒動な1年だった。
妻が一番苦労したなあ。
何度休日が仕事でつぶれたことか。
帰宅が深夜になったことも多かったし。

だが、
不思議なことに、家族はみなほとんど病気知らずな一年だった。
やっぱ、毎日、気が張っていたんだろうな。

残念なのは、結局一度もそらまめ君(愛自転車)と旅ができなかったこと。
そして、東京に遊びに行っても、
あんまりゆっくりできなかったのも残念だったな、今年は。
時間的にも気分的にも、あんまりゆとりのない一年だった。
とは言っても、温泉に行ったり、ヤマセミを追っかけたりしたけどね。
休日にいかにストレスを解消するかが、私の今年のテーマだったから。

せめて、これから年末年始、ゆっくりだらだらのーんびりしたい。
あ、すでに妻も私も「だらだらモード」に入ってるか。
そろそろこぐまが帰省するはず。
こいつもなかなか「騒」な日々を送っている。
帰ってきたと思ったら、すぐに出て行ったことが何度も。
そのたびにひと騒動するTEAMたけであった。
来年こそ、平穏な一年でありますように。


さて、皆さんのこの一年を漢字一文字で表すと???

TEAMたけ「今年の10大ニュース」 - 2015.12.27 Sun

昨日の深夜、妻と二人、今年の出来事を振り返った。


たけ:
お母さん、イスラム国で日本人が殺害されたのって、今年だっけか?

妻:
なーんか、遠い昔のような気がするねえ。

たけ:
今年って「テロの年」だったよねえ。パリの爆弾テロとか。

妻:
悲しいことだわ。

たけ:
明るいニュースといえば、ノーベル賞とラグビーかね。

妻:
まあね。あ、お父さん、スマホ見ながら言いよるじゃろ。ズルい。

たけ:
俺もノーベル賞、欲しい。

妻:
無理無理。絶対。

たけ:
ノーベル平和賞。鼻笛で世界を平和に!

妻:
紛争地帯で鼻笛吹いてくる?

たけ:
鼻笛吹いてるとこ見たら、戦意喪失して戦争やめるぞ。

妻:
その前に捕まるわ。


・・・というわけで、世界の出来事とはまるで関係のない、TEAMたけ「10大ニュース2015」。
内輪ウケの出来事ばかりですが。


第10位 鼻笛ブーム
何か楽器が弾けるようになりたいと思っていた私と鼻笛との出会い。今、妻をも巻き込んで鼻笛ブームが沸き起こっている。鼻息で笛を吹くだなんて、こんな楽器は他に聞いたことがない。綺麗な音色とどこかお間抜けな姿。「こいつは、絶対ウケる」と、ただいま特訓中。


第9位 喜びの舞「ピョンピョンぱちぱち」流行
ある日こぐまが突然帰省した。妻、嬉しさのあまり手を叩きながら踊り始めた。つられて娘も。以来、我が家では、嬉しいことがあるとこの踊りを踊るのである。休日の朝とかね。一番踊るのが上手いのは、当然妻。
PTDC0092.jpg



第8位 TEAMたけ カメラにハマる
昨年末、ミラーレスカメラ用のズームレンズ、今年7月には、500mmの望遠ズームを購入。こぐま、プロ仕様のプリンター(どでかい)とマクロレンズを購入。そして、なんと、「あの」妻までが一眼レフカメラを!!!家族に一台ありゃ十分だと思うが。
無題 (2)


第7位 こぐま 初めての一人旅
こぐま、人生初の一人旅は、東京へ大学受験の旅。たった3日間であったが、親は気が気じゃなかったぞ。そして、夏休みには、北海道へ。写真のイベントを手伝いに。こぐま、帰りに新幹線で爆睡し、乗り過ごしてしまったらしい。
PTDC0040.jpg


第6位 こぐま 涙の高校卒業
もっと順位が上でもよさそうなもんだが。卒業式は、涙涙だったものの、次の日にはケロッとして高校のクラブに出かけ、「あの感動は何だったの?」と、親を呆れさせた。卒業後、いまだにクラブの顧問の先生や友達とはお付き合いがある。そして、あのねずっち(仮名)とも・・・。
01bf9222e64871eba6eaf5f0c8104f29fd744f9883 (2)



第5位 たけ 妻 野鳥ブーム
こぐまが一人暮らしを始め、妻と二人で過ごす時間が多くなった。今年は、よく二人でバードウォッチングに出かけたなあ。カワセミを見つけたのには感動した。
IMG_547i1 (2)



第4位 たけ しまなみ海道走破
そらまめくんを買った頃から、いつかは行ってみたいと思っていたしまなみ海道。でも、いいところで膝の関節炎を何度も起こし、そのたび断念。ようやく今年実現した。走り切った時は涙が出た。
IMGP1141.jpg


第3位 19年目の新婚旅行
思い起こせば、19年前結婚して、すぐに子供ができて、旅行はいつもコブ付きだった。初めて妻と二人きりで2泊3日の東京旅行。これを私たちは「新婚旅行」と名付けた。ブログで知り合ったさくらさん、ユイマさん、ヒトニさん。そして、マニパンライブで知り合ったみ~むしさん、孫六さん、ターボーさん、咲さん、キョウさん。いろんな方と出会った。つくづくブログの力ってすごいと思う。一生の思い出だ。月島で初めて食べたもんじゃ焼き、「明太チーズもち」と「海鮮もんじゃ」。また食べたくなってきた。だから、来年も行くぞ!絶対!!
20150802_052329341_iOS (2) 20150807_034345327_iOS.jpg
S0136054 (3)



第2位 こぐま お受験
年明け早々、元日に「センター試験模試」から始まった2015年。こぐまも頑張っただろうが、父も母も頑張った。土日も祝日もなく塾の送り迎え、夜10時。仕事の合間を縫って作品制作の手伝い。そして、休日返上でセンター試験とAO入試、私立大受験の付き添い。妻と私、どっちかがついていけば済むことだったのだろうが、そこはTEAMである。3人で一つなのだ!1年間、自宅から高校、塾、画塾に通い、帰りはいつも私の車に乗せて帰っていた折り畳み自転車は、この間までこぐまの大学通学用に使われていたが、とうとう「ブレーキがふっとんで」お釈迦になったそうだ。
koDVC00327.jpg 01a83acaa1145d45dc2531a36e33931e4291592b48.jpg




第1位 こぐま 大学入学
職場にこぐまからかかってきた、合格したという電話の声。今も忘れられない。それから大慌てで入学手続きと下宿探し。あっという間にこぐまは我が家を出て行ってしまった。こぐまがいなくなってから、我が家の生活も変わった。妻は、毎日、こぐまにストーカーのごとくメールを送りつけた。寂しいといえば寂しい。でも、会おうと思えばいつでも会える距離だし、妻と私、夫婦の会話が増え、いつも一緒に行動するようになった。今のところ、こぐまの大学生活も順調なようだ。クリスマス頃には帰ってくるかと期待していたが、帰省は、年末ぎりぎりになるらしい。帰ってきたら、久しぶりに親子3人で「ピョンピョンぱちぱち」だね、こぐま!
01bbcabb1157aaef5dea18e95b337922eba33b4a5f.jpg HOME-PC+-+WIN_20150620_142304_convert_20150620143826.jpg

kik.jpg

TEAMたけ「流行語大賞2015」 - 2015.12.26 Sat

今年もあと少し。
TEAMたけでは、「流行語大賞2015」が決定した。

では、発表します!

シャラララ・・・・・(ドラムロール)

TEAMたけ流行語大賞2015は!!!



「ぱにゃにゃんだー!」に決定!!!


(言葉の意味については→こちらをどーぞ。


みんな今年一年、よく「ぱにゃにゃん」したぞ!!

TEAMたけ「今年の漢字2015」決定!!! - 2015.12.15 Tue

毎年、「今年の漢字」を決めるTEAMたけである。

2014年は、こぐま「人」、妻「激」、たけ「寂」であった。
3人譲らず、一つに絞ることができなかった。

さて、今年も、「TEAMたけ『今年の漢字2015』」がさっき決まった。





まず私の提案した漢字一文字は、
「挑」
私自身、 いろんなことに挑んだ1年だったからだ。

まだまだ、人生、守りに入るには早すぎる。
仕事でも、生活の中でも。
ささやかな挑戦だったかもしれないが、
ささやかでも、前向きに挑むことが、
私に生きるエネルギーを与えてくたのだ。
実に充実した1年だった。

だから「挑」






妻は、
「熊」
な・・・・・、なんで??

こぐまと離れて暮らすようになった今年。
それまで、スマホを全然使いこなせなかった妻が、
こぐまにメールを送りたい一心で、毎日こぐまにメールを打った。
おかげで、私なんかよりずっとメールを打つのが速くなった。

妻は、こぐまの影響で写真に興味が湧いて、
先日、なんと一眼レフのカメラを買った。

離れて暮らしてもなお、
いや、
離れて暮らすからこそ、
なおさらこぐまの存在が大きくなり、
こぐまの影響を受ける妻であった。
んだから「熊」だ。






そして、こぐま。
昨日メールでこぐまに聞いてみた。
返メルには一言、
「新!!!」と・・・。

うーん、分かりやすい。
4月、大学に入学した「新」入生こぐま。
今年は、「新たな」生活がスタートした年だった。


んで、
今年の漢字一文字は、
「新!!!」に決定!

こぐまだけではなく、
妻も私も、
こぐまがいない、「新しい」生活を始めた。
夏には、結婚19年目の「新」婚旅行もしたしね♡♡
そこで、多くの「新しい」出会いもあり、
素晴らしい一年だった。
「新車」は、買えなかったけど。



つーことで、
「新!!!」だ!!


ブログ開設6執念!!! - 2015.08.19 Wed

HOME-PC - WIN_20150816_143247

久々に予約投稿。
でも、もうちょっとで忘れるとこだった。
今日で、ブログ開設6周年だ。
ブログ的には、正月が来たようなもんだ。

この6年間、
時間に余裕があるときは、落書きを描いて載せてきた。
駄文をごまかすための手段だが、
落書きを描いたスケッチブックは、この6年で17冊になった。



始めたころは、何を記事にしていいものやら、と思ってた。
だが、
毎回毎回うっすっぺらな記事を書き続けていくうちに、
なんとなーく「ブログの中の自分」が見えてきたように感じる。
「自分」はブログの中で果たしてどんな人間だったのか。
そんなことを考えながら、古い記事から読み返していくと・・・・。

・・・・くだらないことばっかりホザいていた・・・。

何をそんなに悩んでいたのだろうかと、恥ずかしくなるような記事。
調子こいてるなあと反省させられる記事。
記事にするほどのことかと呆れるような記事。
家族に申し訳ないと頭を下げたくなるような記事・・・。

そんな記事ばかり。







だが、私自身は、このブログを通してずいぶん変わったと思う。
もともと全然アクティブな人間じゃない。
それが、
この6年間で、
駅伝や24時間リレーマラソンに挑戦し、
サイクリングをし、
カメラ片手に野鳥を追いかけ回すようになった。

すべてはブログネタのために!(笑)






もともと無目的に始めたブログである。
気まぐれに「カテゴリー」を作ってしまい、
なんと今や32個!
もはやカテゴリーとは言えないのではないか?と思う時もある。
記事を書くたび、
どのカテゴリーに入れればよいのか、
わけが分からなくなっている。
一つのカテゴリーの内容も・・・・ぐちゃぐちゃである。

それに引き換え・・・・・・・私の周り、
どれも素敵なブログばかりだ。
いつもその文章や写真や動画や深いものの考えに感心させられる。
読み逃げも多いが、いつも楽しく読ませていただいている。

これまで、ブログを通じていろんな出会いがあった。
特にこの一年は、私にとって、思い出に残る出会いがたくさんあった年だ。
ブログでの世代を超えた交流が、
諦めかけていた何かを思い出させてくれたこともある。
夢を叶えようと頑張る若者のブログに、励まされ、勇気づけられたこともある。

だから、これからも、せめて訪問することででも、密かに応援していきたい。



そして、
ブログの中でも、現実の生活の中でも、
一番に応援しているのは、もちろん「TEAMたけ」!・・・我が家族である。

たった三人。
妻・夫・一人娘の最小のユニット。
娘こぐまは、離れて暮らすようになったが、
それでも、TEAMたけは三人で一つ。
いつもブログネタにして申し訳ないのだけれども、
心から愛し、心の底から応援している。
いや、
応援するだけじゃない。
オレも頑張るけえ!
と、
決意を新たにする、6年目のたけ隊長であった。











「帰ってきた『TEAMたけ』の日記」は、まだまだ続く。
娘こぐまが結婚してこの家を出るまで。
つまり、「TEAMたけ解散」の時まで。
いつも誰かの心に、
こっそり寄り添いながら続くのである。



TEAMたけ「今年の漢字2014」 - 2014.12.26 Fri

少し前の話になるが、
今年の漢字は「税」になったらしい。
消費税だな、これは。
我が家でも、妻の財布の紐はますます固くなり、
この一年、大きな買い物は何もしなかったなあ。
私も、なんとなく節約ムードな1年だったなあ。





んで、
話は、税金からガラッと変わるが、
ここで、
TEAMたけの2014年を振り返って、漢字一文字で表してみる。



「激」

・・・妻は今年職場をかわり、劇的に?生活が変わった1年だった。慣れない環境で、貧血や「こむらがえり」と闘いながら、それでも、いつも家族のことを考え、こぐまや私を気遣ってくれた。ほんと、心から感謝である。仕事から帰宅する時刻もぐっと遅くなった。体を壊さぬよう、この年末、ゆっくり休ませてあげたい。そして、いつか私は、「深夜の調理実習」で料理の腕を磨いて、妻にご馳走してあげるのだ!缶詰料理を(笑)!。でも、和太鼓がうまくなったのはよかったなあ。それがちょっと羨ましい。


こぐま
「人」

・・・これは意外だった。受験勉強に明け暮れた一年。「忍」とか「耐」とか、そういう字だと思ったのだが。だが、こぐまは、文化祭の準備で友達と深くかかわったこととか、フォトコンテストの授賞式で、全国の高校生とか写真家の人なんかと新たな出会いがあったこととか、進路のことで担任の先生に慰められたり励まされたりしたこととか、人とのつながりに心打たれた1年であったらしい。そういえば、今年、こぐまは人物の写真をたくさん撮ったなあ。どれも素敵な笑顔の写真だった。



そして、
たけ:
「寂」

・・・こぐまが毎日受験勉強で、なんだか寂しい1年だったなあ。だって、朝、顔を見たら、夜の10時まで家には帰らない日がほとんど。4月からずっとそんな日々が続いている。こぐまを塾に迎えに行くのは私の仕事。車に折り畳み自転車「マリーちゃん号」を乗せて、帰りにコンビニに寄るのが日課になった。こぐまが父と付き合ってくれるのは、たったその30分だけ。妻と二人っきりの夕食。家にこぐまがいないというだけで、こんなにも寂しいものなのかと思う。いや、寂しかったのはそれだけじゃなくて、妻も今年は帰宅が遅くなって、ほんと、寂しかった。特に金曜日。妻は太鼓の練習で、私一人、ずっと妻の帰りを待っていた。こんな生活は、この一年だけで十分。来年は「楽」で、「嬉」な年になるといいな。・・・あ、こぐまが浪人なんてことになると、また続くのかな、この生活。合格しても、家を出ていく?・・・ああ・・「寂」・・・・。



一つの文字にはまとめきれない、
家族三人、それぞれ違った思いの2014年が、
あと何日かで終ろうとしている。




終戦記念日 - 2014.08.16 Sat

今日(ホントいうと昨日)、終戦記念日だった。

子供の頃、「戦争は、だいたい20年くらい前に終わった。」
と覚えていた。
昭和40年代の頃である。昭和の年から20を引いた数だった。
昭和が終わり平成になって、ちょっぴり計算はややこしくなった。
今年を西暦に直して、下2桁から45を引いて・・・。
西暦2000年を超えると、計算の苦手な私は、あんまり「戦後何年」なんて計算をしなくなった。

今年は、終戦後69年だという。
もう70年もたつのか。
いや、まてよ。
70年「も」なのかな、果たして。

私が生まれたのは昭和37年。
終戦から17年後。
若い人にとっては17年って長い年月に感じるかもしれない。
でも、私にとって、17年っていう年月はそんなに長い時間には感じない。
今になって感じる17年という時間の感覚からすれば、
私が生まれたのは、戦争が終わってたった17年「しか」経っていない時ということなんだ。

考えてみれば、そのたった17年の間に、
日本の焼け野が原はもとの街に、いや、それ以上の都市になり、
国は独立を果たし、
世界一の新幹線を完成させ、
オリンピックを開くまでの国になったのだ。
(ち、違ったー!!東京オリンピックも新幹線開業も、昭和39年じゃったー。ま、ま、その頃っていうことで。:汗)

17年だ。
たった17年間でだ。

そして、その復興と発展を支えたのは、
戦争で苦労した、私の父母、祖父母の世代であったことは間違いないのである。

「硫黄島からの手紙」をテレビで見た。途中からだったけど。
あれはきっとフィクションなのだろうけど、
きっとそれと同じような体験をした人々は、どこにでもいたのであろう。

どの家庭でも、形は違えども、同じ苦しみ、同じ悲しみを味わわなければならなかったに違いない。

それが戦争というものであろう。

戦争を経験した人たちにとって、
身近なところでは、私の父母にとって、
戦後70年とは、果たして長い時間だったのか。
それとも、あっという間の時間だったのか。

70年「も」たったのか。
70年「しか」たってないのか。

そして、その「も」と「しか」の言葉の中には、
どんな思いが込められるのか。

それが知りたい。

戦争を知る世代がいなくなってしまう前に。

贈り物 - 2014.08.05 Tue




今日、出張でお世話になった方に、お礼の気持ちを込めて「ちょっとしたもの」を贈ることになって、
私が仕事帰りに買うことにした。

ところが、困ったことに私は贈り物を選ぶのがへたくそだ。
だから、めっちゃ悩む。
そして、何を贈っても、必ず贈ってから後悔する。

今日は、贈り物に自信のない私は、出張先から妻にメールで聞いてみた。
「洋菓子なら○○、和菓子なら△△がいいかも。」という返メルに、
安心して贈り物を選ぶことができた。
妻に感謝、である。


数年前、家族旅行で宮古島に行き、職場に配る土産物を買ったときは、めっちゃ悩んだ。
妻は、
「お菓子がいいわよ。食べたら消えちゃうから。形の残る土産物は、もし、それが気に入られなかったら、もらった人も困るでしょ。」
とアドバイスしてくれた。

しかし、その頃「鬱」だった私は、
「俺が手に取ったものが人の口の中に入るなんて、もの凄く嫌に違いない。」
なんて、ヘンな思いにとらわれてしまっていたので、
ホテルの土産物売り場で、毎日2時間も迷い、悩んでいた。

今思えば、たかが義理でもらったお土産、
人はそんなに気に留めたりしないのだ。
それに早く気付くべきだった。

とにかく、
そのくらい、人に物を上げるとか、贈るとかいうのは苦手なんである。




10年ほど前、
不思議な贈り物をもらった。
たしか、出産祝いをあげた、そのお返しだったと思う。

小さな、一辺が3~4cmほどのレースの四角い編み物。
説明書にそのレースのいわれとか、歴史とか、
どれだけ素晴らしいものかだとか、
取り扱い方法とか、
そんなことは詳しく書かれていたのだが、
それがいったい何なのか、
何に使うものなのか、
それがどこにも書いてない。

家族で議論したが、それでも分からない。
コースターにしては、小さ過ぎる。
壁飾り?テーブルクロス?・・・それにも小さ過ぎるし・・・・。

さりとて贈った本人に聞くのも失礼だし。


で、いまだに使っていない。
家のどこかにあるとは思うんだけど。

一人カラオケ - 2014.07.28 Mon




昨日、休日出勤をした代わりに、今日は振り替え休日のたけである。

朝、寝坊したこぐまを高校の課外授業に連れて行き、
部屋でだらーーーーーーーーーーーーーーっとしている。
今日も暑いが、昨日、一昨日の殺人的な暑さではないような気がする。


この前、職場の元同僚が、「一人カラオケ」した、というようなことを話していた。
「一人でカラオケボックス入るの、勇気いるでしょ?」
と私。
「ぜーんぜん。」と、元同僚。

今の職場では、カラオケに行くことは滅多にない。
(つうより、飲み会自体が少ない。)
たまに行ってもおしゃべりばかりで歌などほとんど歌わない。
それが不満か、といえば、そうでもない。
フォーマルな飲み会自体、私は、そんなに好きではないからだ。

「一人カラオケかあ・・・・・。」・・・・・なんかちょっと興味がわいた。


でも、私、車で出張の時とか、一人で長い距離を運転する時に、してるんである。一人カラオケ。
そう、車の中で、オーディオを聞きながら・・・・・。
半分は眠気覚ましのためだが、
かなりなりきって歌っている。


一度、後ろの窓が開いてることに気づかずに、
市街地でシャウトしてたことがあった。
後でめちゃくちゃ恥ずかしくなった。




歌を歌うの、
実は私、けっこう好きなのである。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

ImageClock

最新記事一覧

み~むし音楽祭番外編③~げっ歯目・たけ Aug 20, 2017
み~むし音楽祭番外編②~祭りの前 Aug 20, 2017
おのおのがた、ブログ開設8周年にござりまするっ! Aug 19, 2017
み~むし音楽祭番外編①~涙そうそう Aug 17, 2017
たけのジコマン写真大賞 Aug 16, 2017
み~むし音楽祭⑤~レポーター・妻、ちょびっとだけライブ・レポート Aug 16, 2017
み~むし音楽祭④~素敵なひと時 Aug 15, 2017
み~むし音楽祭③~たけそろ Aug 14, 2017
み~むし音楽祭②~涙そうそう~ Aug 14, 2017
東京という異国 Aug 14, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する