FC2ブログ
topimage

2020-07

たけ隊長、「web会議初体験」!! - 2020.05.24 Sun

先日職場で「Web会議」なるものを初体験したので、その模様を・・・。




021995E1-71F8-4510-9A84-476A3B8F8D3D.png




そして、私は職場に向かい、昼食後一室にこもった。


CAB436DD-7FE5-4D2D-87D6-55CD9D3BFE85.png








F196BC73-F599-47E0-A51A-FB05AB6B2B34.png






B19E7DAB-F6FA-49DC-A1CC-026B6269E8E6.png






17133326-DF94-4884-B0DD-22FAB7697D6F.png






70B1EED3-8E29-4307-8F1F-F213DDBBFB07.png






C748EBC0-0DBA-4540-AC68-AE9A743C42BA.png






0DE63D22-E915-42C0-A173-ECCD3D39C076.png
発言するとき以外は、マイクのスイッチを切っておくらしい。





BFCD3FBC-EC4A-4197-AFE9-59103C6A8909.png






65904680-E876-4634-9B47-74AF61F44288.png











C70BD9AB-9136-4928-91DE-6430069FA639.png









午後6時 帰宅
299C48BD-F9F6-4895-B53F-705F5641C5DA.png
スポンサーサイト



LR41・・・LR41・・・LR・・・4・・・1・・・ - 2020.04.14 Tue

朝食時、妻と体温を測った。
2人とも朝の体温を、毎朝職場に報告することになったのである。

妻:
「あら、この体温計、電池切れだわ。」

たけ:
「あ、んじゃ、オレ、買って帰っちゃる。」


ってことで、
妻が「LR41」っていうボタン電池の型番をメモして渡してくれた。

1軒目  通勤途中にあるファ○マ
あらま、品切れ。

2軒目  通勤途中のセ○ンイレ○ン
・・・ないな・・・、ここは扱ってないのかな??


・・・ま、いいや。
帰りにヤ○ダ電器にでも寄って帰ろう。
きっと、コンビニ程度じゃ売っていない電池に違いない。


3軒目  ヤ○ダ電器
ここも売り切れ。
「ご好評につき品切れ中」みたいな札がかかっている。

・・・このへんから嫌な予感がし始めた。



4軒目  エディ○ン(家電量販店)
こ・・・ここも売り切れ・・・。
まさか、まさか・・・ね・・・。


5軒目  ウォ○ツ(ドラッグストア)
全然ボタン電池がないので、いっそ新品の体温計を買ってやろう、と思ったのである。
店内をくまなく探すと・・・。

売り場はあったが、そこには、「1グループにつき1つまで」という札がかかっていて、
商品はすっからかん・・・。
いや、
一つだけ残っていたのだが、
それは、婦人用体温計で、しかも、6400円もする。
そんな金、ねーよ・・・。
・・・だって、手持ちは2000円しかなかったのである。


6軒目  セ○ア(百円ショップ)
あーあ、予想はしてたけど、やっぱりない。
隣に立っていた若いお父さんも、
「41・・・41・・・」とぶつぶつ言いながら同じ電池を探していた。


諦めて、今度は近くにあるディスカウントストアに行こうかと店を出て、
スマホで「LR41 品切れ」でググった。
すると、案の定、体温計によく使われる「LR41」は品薄だということが分かった。
体温計が品薄なのはなんとなく知っていたが、電池までも・・・。

諦めかけて家に帰ろうと思ったのだが、
ネットの情報を見ると、そこには、
「ダ○ソーの『ミニマムライト』で使われている電池がLR41」っていう、
神の言葉が・・・。


地獄で仏!
いや、神!


そうか、それならセ○アにもあるかもしれない。
私は、再びセ○アの店内に戻った。
懐中電灯(「ハンディライト」っていうの?)のコーナーにぶら下がっている、
大小様々なLEDライトの電池の型番を一つずつ確かめていると・・・。





あった!
ネットで見つけたのとおんなじ商品!
もちろん電池は「LR41」!


・・・つ、ついに見つけた!


周りを見回して、さっき、同じ電池を探していたお父さんを探したが、
もう諦めて店を出たのかな、姿が見えなかった。
もしいたら教えてあげようと思ったんだけど。


一つ買って、急いで家に帰った。


この電池、
テスト電池だから「もち」はよくないだろうけど、
4つも入ってるもんね。
たった110円だし。
しかも、1個電池を取って3個になってもライトが点くんである。





・・・それにしても、
電池1個買うのにこれほど苦労したのって、生まれて初めてだ。


7AE46E39-FCAB-4D5A-81E2-18F7793AEF32.jpeg





感染源 - 2020.01.07 Tue



昨年のクリスマスイブの日、
忘年会で、
どうやら私はノロウィルスに感染してしまったようだ。

1日の潜伏期間をおいて発症した。
下痢が3日間続いた。
それほど症状はひどくないと思い込んでいたので、
というか、
もともとよく腹を下す体質なので、
年末ということもあって医者にも行かなかった。

どうやら、そのウィルスが妻の実家に運ばれたらしい。
大晦日から義母が体調を崩し、
直後に義父が体調を崩した。

そして、
二人の世話をしに行った妻が感染。
さらに、
里帰りした義妹、義弟が次々感染。

ようやくみんな症状がおさまったところだ。



最後に感染した妻は、この3日間、調子が悪かったが、今日ようやく復活した。
ウィルスは目に見えないものだから確証はないが、
私が感染源だとすると、
それぞれが接触したタイミングと、潜伏期間、発症してからおさまるまでの期間で、
ぴったりつじつまが合うのである。







みんな、ごめんなさい。



感染源は・・・・私です。(たぶん)



新年早々大忙し - 2018.01.07 Sun



皆さん、年賀状はもう出されましたか?

え?
去年とっくに?

TEAMたけは、
年賀状、昨日出しました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

年末ぎりぎりまで仕事が忙しく、
年賀状を買う気持ちの余裕すらなかった。
そして、年末には私の実家に帰省。
新年明けてから自宅に帰り、
「あーあ。年賀状まだやね。」

でも、
元日に間に合わなかったら、
「ま、いいか。ゆっくり書こう。」みたいな「負の余裕」がTEAMたけを支配し、
それまで遊び呆けていたのである。

ところがある日のこと。

妻が、
「お父さん、これ見て。」
と、届いた年賀状に添えてあるハガキ大のJPからのお知らせを差し出した。

『年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、1月7日までです。』
『1月8日以降に年賀はがきを差し出す際は、10円分の切手を貼り足す必要がありますのでご注意ください。』

うそ・・・・
うそ・・・・・・

うっそおおおおおお!!


で、
1月5日に、妻、慌てて年賀はがきを買いに行った。
で、
その日は妻が忙しく、
年賀状書きは翌日に持ち越し。

昨日は、
プリンターがフル回転。
私は、電気屋にトナーを買いに行き、
てんやわんやの一日となった。



午後、
妻と郵便局に出来立てほやほやの年賀状を出しに行った。
妻が年賀状を投函する間に車の向きを変えておこうと、
私は車に残っていたのだが、
待てど暮らせど、妻が出てこない。
やっと車に戻った妻、
「お父さん、年賀状を遅れて出すと、『市内宛』と『市外宛』に分けんといけんじゃった。それで時間がかかったんよ。」

こ、これって、
年賀状を遅れて出した人への罰ゲーム?
たぶん、年賀状のピーク時より仕分け作業をする人が減っちゃうからなのだろう。


妻は、前日年賀状を買ったときに、
窓口の人に「頑張ってくださいね。」と言われたそうだ。
そりゃそうだ。
年が明けてから100枚近い年賀状を買う人なんていないだろうし、
52円で送れるタイムリミットは目前に迫っているし。

その郵便局員さんの励ましの一言を糧として、
TEAMたけは、驚異的なスピードで年賀状を書き終えたのである。


妻、
「お父さん、私が年賀状を仕分けてた時に、窓口で年賀状を120枚買ってたおばさんがいたわ。」

ひいいいいい!


この人、今頃、わき目も振らずに年賀状を書いていることであろう。
タイムリミットは、今日1月7日である。




悪夢、再び - 2017.07.16 Sun

PTDC0007_20170716155704f22.jpg
※同じTシャツということを分かりやすくするため、実際のデザインとは変えております。また、ニイちゃんと目があったわけではありません。向こうは気づいたかなあ・・・。気づいただろうなあ・・・。

昨日は3連休初日。
前回記事同様、日中「惰眠」を貪った私と妻。
夜になってごそごそと起きだし、
遅い夕食を食べに行った。
行った先は近所の回転寿司。
人気のお店で夕食時には順番待ちの人がたくさんだが、
休日とはいえ、さすがに9時を過ぎると空いていた。
席は、7割ぐらい埋まっていたかな。

奥から2番目のテーブル席について、
何やかやとタッチパネルで注文し、
ふと、通路を挟んだ向こう側の席のカップルに目をやると・・・・・。




あ・・・・・・・・・・・、



おんなじTシャツ・・・・・・・・・・・。



私は、それに気づくと、とっさに目をそらし、
二度とそちらに顔を向けなかった。

な、なんだ、この居心地の悪さは!
2年前の悪夢が蘇る。(→羞恥!!ペアルック!







ニイちゃん。
それ、
し○む○で買うたやろ。
値下げ品700円のヤツやろ・・・・・・。


下心など・・・ない! - 2017.05.20 Sat

昨日19:30頃。
帰宅途中の私に、ちょっとした事件が起きた。

あと数十メートルで家に着くというところに、
車がなんとかすれ違えるくらいの狭い道がある。
そこに差し掛かった時、運悪く対向車がやってきた。
でも、私の車も対向車も小型の車なので、
十分すれ違える。


対向車のビッツと思しき車が停車した。
私も、左側ギリギリによって、一旦停止。
それからゆるゆると前進したのだが。

ビッツは少し動いて、それから全然動かなくなった。
なんだ?ちょっと様子が変だ。
私も前進をやめ、停車した。
しばらくするとビッツのドアが開いて、
中から見目麗しき若い女性(←ここ重要)が降りてきた。
すかさず私も外に出た。

どうやら前輪が脱輪したようだ。
彼女の車は、すでに十分端に寄っていたのに、さらに左にハンドルを切ったために、
タイヤが段差を超え、浮いた状態になっていたのだ。

まあ、私に何の落ち度も責任もなかったのだが、
なぜか咄嗟に出た言葉は「すみません」だった。
途方に暮れる女性を見て、何とかしてあげたい、と思った。
い、いや別に、相手が麗しい女性だったからではない。

私は、
「ギアをバックに入れて、ハンドルをこっちに切って、アクセルを踏んでみてください。私は前から押しますから。」
私は、彼女のために一肌脱ぐことにした。
べ、別に彼女が麗しい女性だったからではない。
あ、相手が誰だって私はそうした。
ほ、ほんとだ。




「せーの」で彼女はエンジンをふかし、私はビッツの前部を目いっぱい押した。
が、前輪駆動の車輪はむなしく空転し、
タイヤとコンクリートが擦れて、
煙がもうもうと立ち上るだけだった。
私一人の力ではどうしようもなく、
今度は私が途方に暮れていた。


と、彼女、
「すみません。JAF呼びますからもういいですよ。」

「は、はあ。」

「どうぞ。だいじょうぶですから。」

彼女は、スマホを取り出した。
私は後ろ髪を引かれる思いで、
脱輪したビッツとすれ違い、帰路に就いた。
い、いや、別に彼女が麗しい女性だったから、後ろ髪を引かれたわけではない。
し、信じてほしい。


今朝、
出勤するとき、その道を通った。
ビッツは当然そこにはなかった。
きっとあれから、JAFがやってきて、こともなげに彼女の車を救出したのであろう。








その時私の頭に浮かんだ言葉は・・・・・・




























「JAFめ!!」













い、いや、
別に彼女が・・・・・


あ、もういいですか・・・・・。

条件反射? - 2017.04.29 Sat

PTDC0028.jpg
昔々、パブロフさんちの犬は、
ベルを鳴らしただけで餌がもらえるかと思い、
よだれを垂らすようになったという。
これを「条件反射」という。

私は毎朝、「パブロフの犬」っぽい。

セ○ンの100円コーヒーで
尿意をもよおす。

嗚呼、キビタキ - 2017.04.23 Sun



今日の昼前、
ちょっとした用事があったので、隣町に行ったのだが、
ふと、野鳥が撮りたくなり、公園に立ち寄った。

持っていたのは、
200mmの望遠レンズ付きのミラーレス。
春なので、鳥がいっぱいいるんじゃないかと。

木立の中で耳を澄ませていると、
ヒヨドリの大声に交じって、澄んだ鳥の鳴き声が。
「キビタキ」だ!
直感的にそう思った。
その鳴き方は忘れてしまったけど、
以前、キビタキの姿をカメラに収めたのはこの公園だった。
時期も春だった。

たけの期待は膨らむ。

しばらく鳥のさえずる方向に目を凝らしていると、
私の数メートル先の木の枝に、
不意にキビタキが姿を現した。
ちょうど私の目の高さほど。
きれいなオレンジ色が目に飛び込んできた。
だが、この時は惜しいことに、
カメラのAFが姿をとらえる前に、
キビタキは飛んで行ってしまった。

「いる!いるぞお!キビタキ!」
私は、夕方にもう一度ここに来ることにした。










そして、午後5時前。

今度は一眼レフに500mmの「バズーカ」を抱えて、
再びこの公園にやってきた。


しばらくすると、キビタキのさえずりが聞こえてきた。



耳を澄ませ、声のする方に近寄っていく。


じわりじわりと、にじり寄る。



何度か声のする場所が変わる。


キビタキが移動しながら鳴いているのだ。

かなりの時間、木立の中をうろうろしたが、
だんだんどの木にいるのかが分かってきた。
そこから鳴き声は動かない。


わ、分かった!あの木だ!

その手前の木に向かってじわりじわり。
体を隠して撮影するためだ。



「ツイーーッチ、ピヨピヨピヨ」みたいな、独特な鳴き声が、
ヒヨドリの「ギャースギャース」に交じって聞こえる。


手前の木に身を隠しながら、
前の木の上の方に目を凝らす。






う、動いた!
鳥の影、発見!


私は、カメラのISO感度(1600が限界)を確かめ、
シャッターを連続撮影(3コマ/秒だが)モードにして、
カメラを構え、近くの枝にピントを合わせ、
キビタキがひょっこり顔を出す瞬間を待った。






ところが、






その時!






「ワン」




飼い主と一緒に散歩していた小さな白い犬が、
突然、体に似合わぬ大きな声で、
一声私に吠えた。

その途端、
キビタキの鳴き声は止まった。


続いて飼い主の、
「コラ!前向いて歩け!」
という怒鳴り声。


・・・ああ・・・・・・・・・・ダメ押し・・・。


キビタキは、どこかに飛び去って行ったのであろう。
後には、
ヒヨドリの「ギャースギャース」というダミ声が響くばかりだった・・・








・・・・・・・とさ。


TEAMたけ vs スシロー 第4ラウンド~初勝利! - 2017.03.25 Sat

昨夜、妻と4度目のスシロー。


んで、


苦節4か月・・・・・






ついに・・・・・・







ついに!!!

注文もパーフェクトなら、
取り忘れもなし!
あたふたと慌てることもなし!
オーダーを間違えて持ってきた店員を笑顔で許し、
食後のデザートとコーヒーをおいしくいただき・・・。


やったぞ!
パーフェクトゲームだっ!!








ただ・・・・・・・、




これじゃ・・・・・・・・・・、










記事(ネタ)になんねえええ!!!


TEAMたけ VS スシロー 第3ラウンド - 2017.03.04 Sat



妻とスシローに行った。
これで3回目である。
第1ラウンドは、醤油皿の在りかが分からず、完敗。
第2ラウンドは、注文した皿が自分のものかどうか分からず、あたふた。
これまた大敗を喫している。

三度目の正直。
妻と私、気合を入れ、店の戸を開けた。
待合コーナーには20人以上の客が待っている。
たけ:
「多いからやめとこうか。」
妻:
「うんにゃ。カウンター席が4つ空いちょる。
周りはみんな家族連れ。
テーブル席を待っちょると見た。
カウンターならすぐ座れるはず!」

妻の読みは当たった。
5分と待たないうちに「96番のお客様!」と、私たちの番号が呼ばれた。
妻、ナイスな読み。
勝ち誇った表情でカウンター席の一番隅、
ベルトコンベアの折り返し点に座った。

この席がよかった。
スシローでは、注文すると、コンベアに乗って商品がやってくる。
「ピロピロピローン。間もなくご注文の品が到着いたします」
という音声が聞こえるのだが、
この席は、向こう側からやってくる品がよく見える。
そして、
目の前に注文した商品の名前が表示されるので、
じっくりと確認して、慌てず騒がず間違えず、注文した皿をとることができるのである。

「勝てるかもしれない。今日こそ。」
妻と私はお互いに目を見合わせ、力強く頷いた。


実際、
一度も慌てず、間違えずに皿を取ることができた。



・・・・・・・・・・・・・・・
さあ、そろそろ帰るべ。
勝利は目前だ。

私はコーヒーを注文し、
妻は「さくらエビうどん」を頼んだ。
これが最後の注文である。

しばらく待っていると、
「ピロピロピローン。間もなくご注文の品が到着いたします。」
妻:
「お。きたきた!」
妻の頼んだうどんがやってきた。
妻、対スシロー完封勝利目前。


と、こ、ろ、が! である。

妻のうどんがコーナーに差し掛かったちょうどその時、
「後ろ、失礼いたしまーす。」と、店員の声。
「ご注文の『メロンソーダ』お待たせいたしましたあ。」

たけ&妻:
「え?」

店員:
「ご注文されましたよ。」

妻:
「いえ、ホットコーヒーじゃ?」

たけ:(パネルの『注文履歴』を見せて)
「ほら、これ、ホットコーヒー。」

店員:
「あ。これは失礼しました。こちらですね。」

たけ:
「そうです。」

店員:
「申し訳ございません。」

たけ&妻:
「いえいえいえいえいえ。」





・・・・・
たけ:
「突然、黄緑色のグラスが出てきてびっくりしたっちゃ。」

妻:
「よかったね・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


この時初めて妻は、
自分が「さくらエビうどん」を取り忘れたことに気が付いた。


あーあ。
妻の注文の品は、はるか彼方へ。

「もう1周回ってくるかな。」と、
しばらく待った。
すると、彼方から丼が回ってきたので、
これかな?
と、それを取ってふたを開けてみると、「ラーメン」。
そそくさと元のレーンに戻した。


妻、しかたなく店員を呼び出し、
赤面しながら、
「あのー。取り忘れました。」





TEAMたけ、まさかの三連敗!
しかも、
完封目前、
9回裏ツーアウトから痛恨のボークでサヨナラ負け!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

よがっだぁぁぁぁ…(ToT) Jul 05, 2020
新習慣 Jun 29, 2020
My 58th Birthday…を忘れてた… Jun 24, 2020
紫陽花 Jun 21, 2020
エアロスミス・・・だ・・・ May 31, 2020
アマビエ酒と金持酒 May 26, 2020
たけ隊長、「web会議初体験」!! May 24, 2020
薔薇に癒された朝 May 23, 2020
フレー フレー 動画を見てくれた人ー! May 15, 2020
1日遅れの「母の日」 May 11, 2020

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (32)
TEAMの日記 (1041)
隊長の日記 (259)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (81)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
健康のためなら命も惜しくない! (52)
こぐまと (161)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (57)
妻の言葉 (30)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (413)
Bobusurē (11)
そらまめ君と (63)
音楽 (70)
絵画 (39)
CG (12)
写真・映像 (109)
数うちゃ当たる?写真術 (0)
鳥 (98)
深夜の調理実習 (11)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (10)
つくネ通信 (13)
未分類 (0)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始