QLOOKアクセス解析

見知らぬオッサン

DSCF1411 (3)
少し前の話になるが、
とある美術講座に一日行って、石膏レリーフを作った。
「レリーフ」っていうくらいだから、なんか可愛いものでも作るのかなと思ったら、
作ったのは人の顔。
前に座っている人とペアになって、
お互いにモデルになりながら作った。
私の前に座ったのは、麗しい女性じゃなくて、
私と同年代のいかめしいオッサン。

「おっさんかあ」 (たぶん相手もそう思ったに違いない。)
でも、
女性よりも男性の方が特徴をつかみやすい。
顔の凹凸が大きいからだ。

結構満足できるものが出来上がった。
教室の先生にも褒められ、
いい気分で持って帰った。

ようやく石膏が乾いたので、
廊下の白い壁にかけてみた。

はじめは悦に入って眺めていたが・・・・。
なんか、
見ず知らずのオッサンに見つめられているようで…。





白い壁から浮き出た、
見ず知らずの、
いかつい不気味な白いオッサン。





すぐに取り外したのは言うまでもない。

スポンサーサイト

刹那

WIN_20151230_115021.jpg
(たけ「刹那」)

自分の部屋のガラクタをガチャガチャやってたら、
一枚の油絵を見つけた。
5年ほど前に描いた絵だ。
まだ描き足りてないものだ。
途中でほったらかして。


とある店で、ジャズを聴いた。
狭い店で、ステージらしきものもない。
ベーシストのすぐ後ろが店の出入り口になっていて、
お客さんが扉を開けるたび、
ベーシストは、演奏しながら窮屈そうに体を右に傾ける。


スポットライトもない、薄暗い店。
でも、演奏は一流だった。


客も演奏者も徐々に気持ちが高ぶってくる。



そして、




一瞬、






ベーシストの表情が。











エクスタシー。
その瞬間だったのだと思う。
ほんの刹那だったが、
私の脳裏に、はっきりとその表情が残った。


その日の真夜中、
帰宅して、すぐにこの絵を描いた。
あのベーシストの一瞬のエクスタシーが私の記憶にあるうちに、と。








今年は、ブログを通じて、
特に、これまであまり関わりのなかった「音楽系」の人々との交流の輪が広がった。

ロック・ラテン音楽・ポップス・シャンソン、
そして、我が青春時代のフォーク・ニューミュージック。
様々な方のブログを訪問し、様々なジャンルの音楽を聴かせていただいた。
音楽って、素晴らしい。
改めてそう思う、たけである。







今年もあとわずか。
土壇場で年賀状を書き始めている。
たぶん、これが今年最後の更新になると思うので、
ちょいと早いが、最後にご挨拶を。



今年1年、「帰ってきた『TEAMたけ』の日記」をご覧いただき、ありがとうございました。
心から感謝しております。


それではみなさん、よいお年を!




・・・・・・・「帰ってきた『TEAMたけ』の日記」 管理人・たけ

BOSS

20101018211515192_20141018042746e70.jpg




以前描いた油絵を。

タイトルは、「BOSS」。かつての私の上司だ。

私は、趣味で油絵を描くが、手元にはほとんどない。

全部あげちゃうのだ。

つーか、

誰かにあげるために絵を描いている。

へたくそでも、世界に一つしかない絵。

それをたった一人のために描く。

この絵もそうだ。

尊敬する上司の定年退職の折に描いた。

一度記事としてこのブログに掲載したのだが、

画像を削除してしまったので、再度掲載することにした。

ゲージュツの秋だし。


ゆうとくーーーん!!お誕生日おめでとーーー!!!



ゆうとくん、2さいの おたんじょうび、おめでとう!!!

これからも、いっぱい あそんで、

いっぱい いっぱい わらって、

たくましく すこやかに そだつのだよ!!!



・・・おうえんしてるぜ!!!・・・たけおじ







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『ぼくは ゆうと』

電車と「じんじんじゃー」が大好きなスーパー2歳児ゆうと君が大活躍のブログです。
お父さんやお母さんが書いた子育て日記は数ありますが、
このブログはゆうと君自身のブログ!!

大人の目からではなく、
2歳の子供の視点から書かれていて、
ゆうと君の思っていることが、ダイレクトに伝わってきます!

かわいい、楽しいブログです。
ぜひ、1度ご覧くださいね。

リンク→「ぼくは ゆうと」

たけの落書きヒストリー

くらもち風


えー・・・・・・・。


くらもちふさこ風・・・の落書きだ。
ペンを入れたら、もっと下手くそがバレてしまいそうなので、シャーペンの下書きのまま。
最近、急に「少女漫画」にハマっていた頃を懐かしく思い出し、
ネット画像を見ながら、その頃よくノートの隅に描いていた「くらもちふさこ」風女の子を描いてみた。

懐かしい。


小さい頃から落書きが好きだった。
自分の兄弟が、三つ年上の姉だったことも影響しているかもしれない。
我が家は代々「運動音痴」の家系だったようで、それも関係しているのかもしれない。
もちろん、子供の頃は外で元気よく遊んでいたが、
スポーツよりも、部屋にこもってプラモデルを作ったり、マンガを描いたりする方が好きだった。



以下は、たけの落書きヒストリーである。自分が覚えている、その当時はまっていた「落書き」を思い出して描いてみた。


5歳
5歳頃。
ようやく物心がついた頃の、たぶん生まれて初めて描いた(笑)落書きである。
今でも覚えているので描いてみた。
車だ。
リニアモーターカーみたいに、車輪が付いていない未来の車だ。
かっこいい!と、思っていた。

その頃、子供心に不思議に思っていたのは、
漫画の登場人物に「鼻の穴」がないということ。
ひらがなの「く」の字の鼻。
この人たちは、どうやって息をするのか、本気で心配していた。
友達に聞くと、「口で息するから大丈夫じゃ。」。
その一言で安心した。
それから、「かっこいい人には、鼻の穴がない。」と、
誤った認識をかなり長いこと持っていた。

10歳
小学校2・3年の頃。
当時、スポ根アニメ全盛で、私は、「巨人の星」にハマった。
星ヒュウマ、かっこいい!!
星ヒュウマの絵の上に白い紙を重ね、窓ガラスにすかして写してたなあ。
今思えば、「ど根性」と言いながら、やたら泣くシーンが多いアニメだった。

9歳
小学校3年の頃、
一時期こんな落書きを色んなものに書いていた。

12歳
小学校6年の頃、
仮面ライダー(初代・2代目)が教室で大ブームになった。
その頃、友達と仮面ライダーのパロディーみたいなギャグ漫画を、
交換日記みたいに描いていた。
友達は、ホントに漫画を描くのが上手で、私は、心から彼に憧れていた。
漫画の題は、「お面ライダー」。
二人で大学ノート5,6冊は描いただろうか。
このキャラクター、まるで、「レレレのおじさん」であるが。

中学に入って、姉の影響で「少女漫画」が好きになった。
くらもちふさこ、亜月裕、槇村さとる・・・。
別冊マーガレットを毎月楽しみにしていた。
もちろん、家族には内緒で、町に一軒しかない本屋に行き、
自分の部屋でこっそり読んでいたものだ。

亜月風
亜月裕「伊賀野カバ丸」。
ギャグシーンでよく描かれていた表情。
目と涙の描き方が面白くって、よくこんな落書きを描いていた。
あ、今でもこんな風に描いてる・・・。


たけの落書きに歴史あり!

たけの落書きギャラリー2013

新年のご挨拶に始まって、まー、今年も描いたもんである。
我ながら、感心する・・・というより、呆れてしまう。
2013年の私の描いた落書きの数々・・・。
暇に任せて、サムネイルで並べてみた。

S-akeome.jpg  S-01_20130106141127.jpg  S-team!2.jpg  S-special.jpg  S-suki.jpg  S-sya-pen.jpg  S-sumaho.jpg  S-baigaesi.jpg  S-gotya.jpg  S-matazure.jpg  S-re-panyaro-.jpg  S-kappa.jpg  S-syuugakuryokou.jpg  S-005.jpg  S-007.jpg  S-nagarebosi.jpg  S-seikei.jpg  S-pes.jpg  Untitled 1  Untitled 2  Untitled 4  S-gassyou.jpg  S-1_2013090723022027d.jpg  S-4_20130907230235971.jpg  S-5_20130907230239723.jpg  S-touji.jpg  S-ossan.jpg  S-buti.jpg  S-pafe.jpg  S-04_20130106141136.jpg  S-ful.jpg  S-nasyojio.jpg  S-kata.jpg  S-torinositai.jpg  S-fukuro.jpg  S-kiheitai.jpg  S-siawasemasu.jpg  S-ro-doyarou2.jpg  ottainai.jpg  No!!.jpg  kode.jpg

こぐま「3歳の時の絵」

S-youtiennnoe.jpg


物置をごそごそしてたら見つかった。
たぶん、こぐまが幼稚園に入ってはじめて描いた絵である。
3歳の頃だから、もう13年も前のもの。

絵とは言えないか。
クレヨンのなぐりがきだ。

でも、なんか愛しい気分になる。

たけの落書きギャラリー①

これまでアップロードした画像の整理をしようと、アルバムを見たら、「イラスト1」「イラスト2」がもういっぱいで入らないことが分かった。1つのアルバムで200枚の画像が保存されているわけであるから、重複したものもあるにしろ、約400枚。・・・400枚もバカな落書きをせっせとアップロードしてきたわけだ。

その中から、いくつかを並べてみることにした。サムネイルだから、何が描いてあるか分からないかもしれないけど、ね。


teryo-ri.jpg 熊さんの言うことにゃ 迷子 fc2.jpg tawan.jpg 高級レストラン 立山_旅の思い出 SHOGO 1syu-nen.jpg sinigami.jpg 運動会イラスト oneesan.jpg karibaraida-.jpg okumori(縮) oreno(縮) seki(縮)

これぞ落書き



退屈な講演会。

ふと前を見ると、
髪を後ろで丸めている女性がいて、
その髪の流れが美しかったので。
つい・・・・・・。

フェルメール

S-tegami_20120825123307.jpg

『手紙を書く女と召使』フェルメール

もう数年前のことになる。東京でフェルメール展があると聞いて見に行ったことがある。その頃、フェルメールについての知識はほとんどなく、絵も、「青い色」が有名っていうくらいの認識だった。ただ、世間で話題になっていて、これほどの数のフェルメールの作品が来るのは滅多にないということで興味が湧いたに過ぎない。

そのフェルメール展で、私が一番好きになったのが、この絵である。一番惹かれたのが、婦人の肌の色。窓から差す光を浴びて、透明に輝いていた。フェルメールが「光の画家」であることを始めて知ったというか、実感したのは、この肌を見た瞬間だった。

確か、2度の盗難に会ったことや修復時に赤い蝋封の存在が分かり、それによって絵の解釈が大きく変わったという、いわくつきの名画である。
だが、私にとっては、そんなのはどうでもよいこと。


「肌」。これに尽きる。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。
ImageClock
最新記事一覧
GO!GO!55歳!! Jun 23, 2017
今宵は「瓦そば」パーティー Jun 17, 2017
女は化ける Jun 11, 2017
重いコンダラ試練の道を♪ Jun 06, 2017
夢への一歩 May 29, 2017
朝の鳥 May 29, 2017
ガーリックライス May 28, 2017
減光フィルター May 22, 2017
瀬戸の夕景 May 21, 2017
本の紹介などしてみるぞ May 21, 2017
プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム
Category Bar Graph
全記事表示リンク

Archive RSS Login