FC2ブログ
topimage

2020-04

出勤前の儀式 - 2020.03.22 Sun

56A12D67-8A2D-46F0-8351-4BDFEFA075E7.jpeg


03858087-3424-49ED-8B0F-CD2EE776DEAF.jpeg


CEA3C4DB-D827-4ED0-9276-B5742BD642E2.jpeg


03858087-3424-49ED-8B0F-CD2EE776DEAF.jpeg
























で、


そのあと・・・、



CA0B7123-1721-4D5A-AD2B-5305F4B37021.jpeg

これ。




スポンサーサイト



My Funny Valentine - 2020.02.14 Fri

今日は、バレンタインデー。
職場で女性職員一同からチョコをいただき、
ホッコリしてうちに帰った。
うちに帰ると、妻から、バレンタインチョコのプレゼント。
我が家の定番「メリーチョコレート」だ。
もう20年間、毎年このチョコレートをもらっている。
妻のプレゼントにまたホッコリ。





妻:
「今年は、これだけじゃないけえね!」


そう言いながら、妻が夕食をテーブルに並べた。


86563B9D-2732-4A43-8804-E2E5F088A3B0.jpeg


たけ:
「おお!鯛じゃん!」

妻:
「そ。」

我が家では、
今秋、サンマは一度も食卓には登場しなかったが、
何度か塩焼きにした鯛が登場している。
小振りだが、地物の新鮮な鯛だ。

妻:
「へへへ。『バレン鯛』よ❤️!」



妻のダジャレに、またまたホッコリ。

ファニーなバレンタインデーだった。







シグマのコンデジ - 2020.02.11 Tue

12E74549-1C80-47E2-B21A-D282203A36F5.jpeg


私が先日買ったレンズは、「SIGMA」というメーカーの中古レンズである。
Canonの純正レンズにはちょっと憧れがあるが、なにせお高い。
一方、シグマとかオムロン(・・・じゃない、タムロンだ。オムロンは体温計のヤツ)とかいう、
いわゆるサードパーティのレンズだと、
純正品よりかなりお安く手に入る。

「お安く」とは言っても十分お高いのだが。
でもまあ、素人が写真を撮るのである。
純正品は敷居が高い。
(もちろん、SIGMAレンズだって決して安いわけではないが。)
SIGMAのレンズは純正品じゃないとはっても性能も高く、
中には、純正品を凌ぐ性能のものも数あるようだ。
私が買った単焦点レンズも評価の高いレンズだ。
それも中古で綺麗なものが手に入った。
いい買い物をしたな、と思う。


ただ厄介なことに、レンズってやつは、1個買うと、「レンズ沼」に引き込まれてしまうようだ。
最近レンズを買ったばかりだというのに、もう次は何を買おうか、などと考え始めている。
ここのところ、毎夜YouTubeのレンズ関連の動画ばかり見ている有様だ。
「ホシイ病」のウィルスが脳味噌を完全に支配してしまっている。



で、
レンズではないのだが、
つい、妻に「シグマのコンデジ欲しいっす」と漏らしてしまった。
シグマといえばレンズメーカー・・・だと思っていたが、デジカメも作っているらしい。
スタイリッシュで個性的なデザインだ。
癖の強い?カメラらしいが、一定の条件の下で撮ると、
一眼レフを超えるような写真が撮れるらしい。

C6D925B0-E5D4-41AE-AD16-E47F6045EC89.jpeg






で、



ここから「オチ」なんだが・・・。





妻が、今朝、朝食の前にコーヒーを持ってきてくれた。

妻:
「それから、お父さん、昨日『カメラ欲しい』って言ってたじゃん。これ、あげる。」
C1807B40-EB48-4327-9DFC-61B59350C35C.jpeg
妻作。
カ・・・、カラフル・・・。








・・・おお・・・、し・・・、SIGMAじゃ・・・
53712866-5C7B-4FC9-B015-DD659FFEB817.jpeg






・・・おお・・・Made In Japan・・・。
DD0958C7-2852-4521-A006-474629E9C512.jpeg






私は、レンズ沼にもカメラ沼にもハマれそうにない。







押忍! - 2020.02.07 Fri

CA0B7123-1721-4D5A-AD2B-5305F4B37021.jpeg



もともと、
妻がふざけて、「エイサー」を玄関で踊ったのが始まりだった。

朝の出勤の時、
毎朝寝ぼけまなこで出勤する私を鼓舞しようと始めたようだ。

それがいつの間にか、朝私を送り出す時の日課となった。
「エイサー」は、いつしか「炭坑節」、「花笠音頭」と変わっていって、
今は、「私の母校の応援団の演舞」になっている。
(YouTubeの動画で覚えた。)
そして、恐ろしいことに、その演舞が日に日に上達しているのである。



「押忍!押忍!押忍押忍押忍!」

今日も今日とて「押忍押忍押忍!!」



私は、その演舞が終わるまで、直立不動。
最後に礼を合わせて、「行ってきま〜す!」。


妻の「玄関お見送りパフォーマンス」、
もう5〜6ヶ月続いている。
妻は今や、我が家の「応援団長」である。





ウサギが大好きな妻です - 2020.01.27 Mon

E5987DBE-F71C-4F1D-9FF2-A3071D618142.jpeg

帰宅すると、リビングにこんな箱が・・・。
1663D613-0314-497B-87F6-336BE8A13F36.jpeg

たけ:
「あ。ピーターラビット。」

妻:
「そそ。ついにコンプリート!」

たけ:
「コ・・・・コン・・・・?」





妻が、ダイソーのシールキャンペーンの応募券を集めているっていうのは知っていた。
でも、全種類を手に入れたとは思わなかった。

ダイソーで300円ごとに1枚もらえるシールを15〜20枚台紙に貼ると、1000円〜1500円相当の「ピーターラビット」の食器を300円で購入できるらしい。
私、日頃はこういうの捨てちゃうんだが、妻に頼まれて、持って帰ったことが2・3度ある。



先週の日曜日、「500円ポータブルスピーカー」を買ったときのことだ。

たけ:
「ダイソー行ってくる。」

妻:
「おー!行って行って!応募券もらったら、私に頂戴ね。あとちょっとで揃うから。・・・あ・・・それから・・・。」

たけ:
「え?なに?」

妻:
「レジ近くのごみ箱に応募券が落ちてたら拾って帰ってね!」


それは流石に恥ずかしくてできなかった(というか、ぱっと見、応募券らしきものが見えなかったのだが)。
まさか妻が全部の食器を手に入れるほど集めていたとは思っていなかったので、
もしやと思って、さっき妻に聞いてみた。

たけ:
「どうやってそれだけ集められたの?そんなにダイソーでたくさん買い物したっけ?」

妻:
「手芸材料とか買った。・・・・・・・それからね・・・・・。」

問い詰めるたけ:
「それから?」

妻:
「・・・ゴミ箱あさった・・・・・。」

問い詰めるたけ:
「それから????」

妻:
「・・・駐車場とかお店の床とかに落ちてるの拾った・・・・。」

問い詰めるたけ:
「それから?????」

妻:
「・・・レジで『いりません。』って断る人の応募券もらった・・・。」



ああ。・・・・・・・・・・・納得・・・・。


AB6CEA59-D14D-47A3-B98C-4EDE2ADB2EED.jpeg
妻、執念のコンプリート!




ぼっるるるる(←巻き舌)ろーーーぅにあぁぁぁ! - 2019.12.08 Sun

(前回の続き)
ムラヒゲくんからのお届け物は、ボローニアソーセージとコンビーフであった。



コンビーフって、缶詰でしか食べたことがないが、
これは、パック詰め。
珍しい。
「さぞや美味しいに違いない。」と、
妻が早速スマホをいじっていろいろ調べたみたいだ。

妻:
「夢のように美味しいらしいわよ。」

ほ・・・ほんとか!!




翌日、
早速ボローニアソーセージをいただいた。
CC9EE7D6-33A0-4AE3-8C24-AAD800B2DC66.jpeg
まずはソーセージの試食会。
弾力のある食感がいいですねー。
F37E5E52-DC3B-4909-9E9D-862BF9AF1005.jpeg
炒めて黒胡椒を振ってみた。

・・・んまい!

それからというもの、
妻と私の「学級会に次ぐ学級会」が毎夜続いた。
議題はもちろん、
「ボローニアを美味しくいただくには」である。

で、
「ボローニアでペペロンチーノ」に決まった。

ADB7F357-2C72-49C1-83FD-EA80C97B4B6C.jpeg
(ボローニアソーセージとアスパラ菜のペペロンチーノ)


ああ・・・幸せの味・・・。

ぼっるるるる(←巻き舌)ろーーーぅにあぁぁぁ!
月に向かって吠えたい気分であった。





そして、
「コンビーフ」だ!

ネットでは、「夢のように美味しい」と書かれていた。
これまた「学級会に次ぐ学級会」を重ね、ご飯に乗っけて食することに・・・。

8EB7FD96-A909-45D9-81FE-3849D921723E.jpeg
ゴキュッ・・・

1E7BB5CB-D294-4C68-BA30-30CEBCBC4B40.jpeg
マゼマゼした後、目玉焼きをのっけたりして。


・・・・んんんんんんまいっ!



何年か前、「野崎の和風コンビーフ」を当ブログで紹介した。
0F9CFAC8-7078-4598-9693-68807DAA10A5.jpeg
もちろん、旨かったが、これは味付けの美味しさだったのだと思う。

このコンビーフは、コンビーフ自体がとってもおいしい。
妻と二人、一口食べて顔を見合わせたほどだ。

そして、今日。
2回目の「コンビーフ丼」を。


413333CF-6EA4-4B94-B453-41DEBE2201B0.jpeg
今回は、出来立てのアツアツご飯に乗せて、休日なのでおろしニンニクをちょびっと、そして、醤油を少々。

CD8C0BDC-7B77-42C8-B60F-057F1DB5C3F1.jpeg
で、豪快にマゼマゼ・・・。

パクッ・・・・

ああ・・・夢のようなお味!(←本当!)


我が家では、日頃、炭水化物を採りすぎないように、二人で1合しか米を炊かないが、
今日ほどそれを恨めしく思ったことはない。
あと3杯はいける。いや、5杯いけるかも。



ボローニアは食べ切ってしまったけど、
コンビーフは、まだ4分の3は残っている。
2日で4分の1。
つまり、これから6日間、この至福のコンビーフ丼が食べられるっていうことだ。



海の幸に続いて、肉の幸。

幸せすぎて怖い・・・。







ムラヒゲくん、ありがとう!!!




夢のような1週間 - 2019.12.05 Thu

少し前の話になる。
ないちゃーれきおーずのお二人(海月さん・ねこばすさん)が山口県漫遊の旅に来られた時、
米子の海の幸をたくさんいただいた。
それから1週間というもの、
我が家では、夕食のたび、美味しい海の幸のご馳走三昧!
幸せな幸せな1週間であった。

まずは、カニ!

天下の「マツバガニ」!

もらった次の日の夕食で、早速いただいた。
61CD17B0-D955-44CF-9485-A38198E0BD06.jpeg
・・・・瞬殺!

身に旨味があって、甲羅には美味しい味噌がみっしり!
カニを食べる時、人は無口になるというが、我が家では、
「うんめーーーー!」
「しあわせーーー!」
を大騒ぎしながら食べたので、賑やかだった。

B00542B6-4C7B-4F8C-B7E3-8672295692A9.jpeg
一緒にいただいたのがパック入りの「カニ味噌」!
これを野菜に混ぜ、「カニ味噌サラダ」に!
これまた「うんメーーー!」!!
カニ味噌ってマヨネーズにも合うんだ!
中に入っているのがカニカマってのがご愛嬌だ!


で、翌日から、
毎夕食に、
ハタハタの干物!(塩干し)
D6C22FBD-FC41-4C75-AC0F-B427DB32E197.jpeg
これを唐揚げにして。

頭からいける。
頭から尻尾までカリッと揚がって香ばしい!
思わず、「鳥取ありがとう!」と叫んでしまった。

ハタハタは、米子にないちゃーれきおーずを観に行って、
その夜、お二人に誘っていただいたお店で、生まれて初めて食べた魚だ。
それから病みつきになって、米子に行くたび、「プラントファイブ」で必ず買って帰る。
いつも唐揚げにして食べるが、本当に美味しい。

今回は3パックもいただいたので、
その日から、毎日ハタハタ三昧。
揚げたてをホフホフハフハフ言いながら食べた。
(あまりに美味しくて、毎日いただいたのに1枚も写真を撮っていなかった。残念!)
以前は、山陰の魚といえばノドグロ!だったが、
今、私の中での山陰の魚No1はハタハタだ!





驚くのは、マツバガニにしろ、ハタハタにしろ、
値段が驚くほど安いことだ!

以前米子でマツバガニを買った時は、
1杯980円だった。
その安さに「ウソだ!」と、信じられない思いだった。
そして、今回いただいたカニ、
な、なんと580円!
ちなみに妻がリサーチしたところによると、
近所のスーパーでは、いただいたカニより2回りも小さいヤツが1800円もしたそうだ。

ハタハタも、
1パック(5・6匹入っていたな、確か。)が・・・、
画像に写っている通り、
な、な、なんと!
380円である。
海月さんが「安さをわかっていただくために、あえて値段をつけておきます。」
と言っておられたのが、
その安さと美味しさに開いた口が塞がらないどころか、
開いた口がヘソまで垂れ下がりそうな気分であった。

鳥取県は、カニの水揚げ量も消費量も日本一なのだそうだ。
つまり、北海道より水揚げ量が多いってことだ。
安いわけだ。
・・・いいなあ。


海月さん、ねこばすさん、
鳥取の海の幸、心の底から堪能することができました。
ありがとうございました!










で、
ハタハタ最終日。
「ああ。今日でハタハタも終わりかあ・・・。」
と、少々おセンチになって、
「蛍の光」を口ずさみながら、
妻が最後のハタハタを揚げている、まさにその時、
玄関のチャイムがピンポンと鳴った。


私が玄関に出てみると、宅配便のおじさん。










なんと、伝票には「ムラヒゲ」の文字が・・・・。(つづく)





壊れたミシン - 2019.11.10 Sun




ここ半年、妻が洋裁にハマっている。
初めは、ポシェット程度の大きさのものを作っていたのだが、
バッグを作り、
今は、娘にセーラーカラーの秋物ワンピースを作って、くまっこ市に送るまでになった。


妻の創作活動を支えるのが「ミシン」。
もう30年も使っているらしい。
これまで何度も修理に出し、
「新しいの、買ったら?」という私の助言もものともせずに使い続けてきた。

いや、
本人も「そろそろ買い替えどき」と思っているに違いない。
だが、これまで修理して直ってくるたび、その話は立ち消えになった。
妻にとっては、これまで30年間馴染んできたこのミシンが一番使いやすいのであろう。

7月ごろ、糸調子がうまくできなくなった。
ミシン屋さんに持って行って修理を頼むと、
「ああ。もうこのタイプのミシンは、部品も製造していないんですよ。直そうと思ったら、中古や、廃棄された同じ型のミシンから同じ部品を取り出して使うしかないですよ。それでも元どおりに直る保証はないですし、修理代も高くつきますよ。もう、新しいのを買われてはいかがですか?」と言われた。

その時は、妻もその気になったようだ。
ミシンのカタログをもらって「これがいいかなあ。」などと言っていた。
私は、「ボーナスで買おうぜい。」と妻をけしかけたのだが・・・。


妻、それでも懲りずに壊れたまんまのミシンを動かそうとした。
そして、発見したらしい。
「自動糸調子が壊れたから、『手動糸調子』でやったら出来たわ!」
布の厚さに合わせて力を加減しながらひっぱったら出来たのだそうだ。

それで、新しいミシンを買うっていう話は、またうやむやになってしまった。
(そして、この状態のミシンで、服を4着作った・・・。)




さらにトラブルは続く。
2週間ほど前、
帰宅すると、妻が、
「おとうさん!今日、ミシンから『変な音』が出て、止まっちゃった・・・。」と・・・。

・・・さすがに・・・・さすがにこれは・・・。


と、思ったら、
「でもね。カバーを開けて、中に溜まってたホコリを綿棒でチマチマ取り除いたら直ったのよ!!」


・・・・・・恐れ入りました。



100人中98.8人は買い換えるであろう状況でも何とかする妻。

「良い物を長く使う」人は結構多いと思うが、
妻は「安物を『壊れても』使う」人である。
でも、それは決してケチなわけではないことが分かった。
使い慣れた物をとことん使うということなのだろう。

妻の持ち物には、30年選手がザラにある。
アイロンは、大学生時代からのもの。
コーヒーを挽いた粉を入れる缶は、新婚時代に私の両親からもらったコーヒーの空き缶。(あ、これ、20年選手)
現役で使っている色鉛筆は、なんと、小学校時代に使っていたもの(半世紀前のもの!!・・・もはや骨董品である。)。

そして、
今日、100均ショップで砂糖の入れ物を買ってきたが、
これまで使っていた、壊れた砂糖入れも30年は使っていた物らしい。




なんか・・・凄い・・・。



妻のBirthday - 2019.10.10 Thu

先日は、妻の・・・・・回目の誕生日だった。

家族のために尽くしてくれる妻。
心からの感謝の気持ちを込めて、
まずは、たけ隊長からプレゼント。

20191010211931545.jpeg

プラ板で作ったキーホルダー的なもの。
ちとショボいが・・・。

そして、ちっちゃいケーキ。ウサギさんの。
201910102119353c4.jpeg

これもちとショボい?
いやいや。
いつもは、仕事帰りのコンビニスイーツだが、
この日は、仕事帰りにケーキ屋さんに寄って買ったケーキだぞ!


翌日、くまっこ市に住むこぐまから、可愛いメッセージカードが。
20191011032452d73.jpeg

画像はトリミングしたが、母にあてた心温まるメッセージが書かれていた。


そして、
何より私が驚いたのは、
妻の父親、つまり、私の義父がバースデーケーキをくれたことだ。
20191010211933ecc.jpeg

たぶん義父にケーキをもらうなんて妻にとっては初めてのことだろう。
チョコレートのプレートには、「お誕生日おめでとう」の文字。
私のちっちゃいケーキとは違ってちゃんとしたやつである。



妻として、母として、娘として、
みんな妻に感謝してる。
なかなかその気持ちを伝える機会がないけど、
誕生日っていう特別な日に、
それぞれが、それぞれの思いを形にして伝えたのだ。


妻!
おめでとう!
そして、これまでありがとう!
そしてそして、
これからもよろしくね!




おっと、
忘れるところだった。

このヒトからもメッセージが。





プリンさん、
あなた、いったいいつから関西弁に?




グレードアップ - 2019.07.01 Mon

台所のテーブルの上に妻の買い物メモ。
「ドラッグストア〇〇で、ハイボール・櫛」と書いてあったので、
ついでに「・今度こそ、白い筒のレンズ」と、ちっちゃい文字で書いてみた。

私がコンビニに出かけて帰ってきたら、入れ違いで妻が出かけていた。
さっきのテーブルの上にはこんな物が(左)


少しずつ、リアリティーが増す、
妻の「紙製」キャノン純正レンズ。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

ダイソースピーカーでエンクロージャー自作 Mar 29, 2020
軽率な行動を控える Mar 26, 2020
出勤前の儀式 Mar 22, 2020
不要不急のドライブ Mar 20, 2020
不安との闘い Mar 10, 2020
ヒ・・・、ヒレンジャク!!! Mar 01, 2020
星空 Feb 25, 2020
山田くーーーん! Feb 24, 2020
河津桜はメジロちゃん祭り! Feb 22, 2020
My Funny Valentine Feb 14, 2020

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 還暦が徐々に近づくお年頃。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。あ、最近ギターなども。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (32)
TEAMの日記 (1032)
隊長の日記 (253)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (79)
凹日記 (15)
虫歯治療記 (10)
健康のためなら命も惜しくない! (52)
こぐまと (161)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (56)
妻の言葉 (30)
旅行記 (45)
思い出 (20)
TEAMたけ語辞典 (17)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (406)
Bobusurē (11)
そらまめ君と (63)
音楽 (67)
絵画 (39)
CG (12)
写真・映像 (106)
数うちゃ当たる?写真術 (0)
鳥 (97)
深夜の調理実習 (11)
I love やまぐち (34)
山口県のニュース (21)
役に立たない山口弁講座 (13)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (10)
つくネ通信 (13)
未分類 (0)
落書き絵日記 (6)
詐欺飯 (2)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始