topimage

2017-10

TEAMたけ語辞典「たにた」 - 2017.08.26 Sat

【たにた】


<意味>
言葉や文のいろんなところにくっつけて、「タニタ食堂のレシピ」で作ったような低カロリー・低塩分な料理、あるいはダイエットの意味を添える言葉。
今回は、半分ふざけて書いているが、半分まじめな気持ちで書こうと思う。痩せたい人(というより、健康上痩せなければならない人)、成人病が気になる人に参考になるかな?


<例文①>買い物のとき
妻:
「んじゃ、お父さん、出かけてくるけえ。」

たけ:
「行ってらっしゃい。」

妻:
「違うでしょ!今から、スーパーに買い物に行くんよ!」

たけ:
「あ、そか。行ってらったにた!

妻:
「はい、行ってきまたにた。




<例文②>夕食時

妻:
「おとうさーん、たにたよー!

もはや「ごはんよ。」とは言わなくなった妻。

たけ:
いただきまったにた。

妻:
「モズクをどうぞ。シークヮサーのモズクよ。モズクは食前酒よっ!」

たけ:
「あい。分かったにた。」

もはや、モズクは飲み物

妻:
初めに野菜をよーく噛んで食べてね。野菜をはじめに食べると、急激な血糖値の上昇が抑えられるんよ。糖尿病の予防になるんよ。そして、よく咀嚼すると、満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎなくて済むわ。」

たけ:
「あい。・・・これは?・・・しめじかな?」

妻:
「そうよ。今日は、ブラックペッパーで。お塩は入れてないわ。油もほんのちょっと。塩は一食2g程度が理想ね。」

たけ:
「2g????!!!ああ・・・・はるか遠くで油の味がする・・・。お、みそ汁はうまいぞ!」

妻:
「そ?ありがと!味噌はほとんど入れてないんよ、その代わり、ちゃんとダシを取ったわ。塩分を控える代わりにダシのうまみで食べるのよ!1食500kcalよ!!

たけ:
「いや、今日は、どうみても300kcalだぞ!」

妻:
「昨日、こっそり食べたでしょ、ツナ缶。」

たけ:
「う・・・・。」

妻:
「だから、今日は我慢よ!」

ツナ缶は、高カロリー。・・・バレたか・・・。

たけ:
「冷ややっこかあ。お母さん、お醤油・・・。え?めんつゆ?・・・・え?そんだけ?」

妻:
「そ。醤油は、香り付けよ!そして、ご飯のお替り禁止!

たけ:
「そんなあ・・・。あ、そうだ。明日は、昼、外で食べてくる・・・。」

妻:
「いんや、私がお弁当作っちゃげるわ。」

たけ:
たに弁??」

妻:
「そ、たに弁よ!」

「たに弁」とは、タニタな弁当のこと。ご飯は通常の3分の1、おかずは、野菜ときのこが中心。もちろんタンパク質も必要だから、1~2種類は入っているが。弁当のふたを開けると、一面緑の草原。妻は、その弁当を「草原を渡る風」と題している。


<例文③>夕食後

たけ:
ごちそうさまたにた。

妻:
「コーヒー飲む?おかわりしていいよ。ただしブラックでね。カロリーほとんどないから。お茶やコーヒーを食後に飲むことで、食べる量は少なくても、『あー食べた』っていう満足感を得られるのよ。」(詐欺じゃん)

たけ:
「ふぁい・・・。」

妻:
「『あー食べた』は?言ってごらん!『あー食べた』って。」

たけ:
「・・・・・・・・・・・・あータニタ。





こんな日々を過ごしたこの1か月。
でも、タニタ作戦は、徐々に効果を表しつつある。
妻は、体のむくみがすっかりなくなった。
そう言えば、最近「こむらがえり」も起こさないなあ。
これは関係あるのかなあ。

私も、
体重計に乗ったわけではないが、
おなかはちょっぴり凹んできた。
これは明らかに「タニタ効果」だといえよう。


妻の「タニタ作戦」に付き合って、分かったことがある。
ダイエットのポイントは、「続ける」ということだ。
いつまで続けるのか。
たぶん一生だ。

つまり、
ダイエットとは、食生活を見直すということに他ならない。

これまで、一時的に頑張って激痩せしたことがある。
毎日2km以上のジョギングと食事療法。
痩せて嬉しかったし、一時的に健康な体になった。
だが、長続きしなかった。
もともと私は運動が嫌いだったから。
一時的に頑張っても、それが生活の中で普通の習慣にならなければ、
いずれ失敗する。

世の中にいろんなダイエット本が出ていて、
例えばバナナしか食べないとかいうの。
一つの食材でダイエットをするというのは厳禁だ。
普通の、バランスの良い食事が基本だと思う。
その中で、塩分を取りすぎなら塩分を、
カロリーの取り過ぎならカロリーを、
炭水化物や脂肪を取りすぎならそれらを、
あくまで「健康な状態を保てる範囲」でコントロールしていくことが大事なのであろう。

不足した栄養はサプリメントで補う、という人がいる。
これは、却ってよくないそうだ。

私が定期的に診察してもらっている内科のお医者さんが教えてくれた。
「たけさん、考えてもごらんなさい、あーた。例えば鉄分を補給するサプリを『健康のため』に毎日のように飲む人。とんでもない話だ!あれはね、『毒』とは言えないが、自然界の何百倍もの鉄分を含んでいるわけでしょ?それによって、肝臓や腎臓なんかにものすごい負担をかけてるんよ。いずれ内臓壊すね。貧血は起きないけど人工透析、みたいになっちゃ本末転倒じゃ。一時的になら仕方ないかもしれんが、こういうものは、普段の食べ物から取らんとね。たけさん、『まずいもの』腹いっぱい食って、元気に長生きじゃ!ふぉっふぉっふぉっ。」




えーーーーー。なんか全然「辞典」っぽくなくてごめんなさい。





<追記>
訂正します。お馬鹿な書きぶりですが、うそはいけないと思い。
当初「塩分は一日2g」と書きましたが、妻が言った言葉は、「一食2g」。
本で改めて確認すると、
「そして、定食の平均塩分が2.7gになったのです。」「汗をかく夏は、熱中症などに考慮し、少し高い塩分になっています。」と書いてありました。
そこで、表記を、
「一日2g」(完全な誤り)を「一食2g程度」と書き直しました。(たけ)
スポンサーサイト

TEAMたけ語辞典「ぱにゃにゃんだー」 - 2015.02.18 Wed

【ぱにゃにゃんだー】



<意味>

我が家オリジナルの言葉ではない。「頑張れ」を表すラオス語らしい。以前、ツイッターで話題になったそうだ。こぐまに教えてもらった。それ以来、我が家ではよく使うようになった。緊張している時、「頑張れ」と言って励ますと、「頑張らねば」と気負ってしまい、緊張して実力が出せない、ということがある。だが、「ぱにゃにゃんだー!」と言葉をかけると、意味は「がんばれ」なんだが、ちょびっと「でも、ま、無理すんなよ。」とか、「リラックスせいよ。」とか、そんなニュアンスが付け加えられるような気がするのである。ちょっとホッとする言葉である。我が家では、頑張れよという意味を伝えながらも、緊張を解きほぐすことができる、魔法の言葉だ。



<例文>(実話)

センター試験当日の朝。試験会場の駐車場。
車の中で、こぐまは試験前の最後のひとあがき。参考書をめくっている。
私と妻は、こぐまの邪魔にならないよう、話しかけずに、雑誌を見たり、スマホをいじったり。


・・・・・・・・・長ーい沈黙。(約40分間)





こぐま:
「・・・・・・・・・・・・・じゃ、そろそろ・・・・・・・。」

妻:
「行く?」

こぐま:
「うん・・・・・・・。」


カチャ。
車のドアを開けるこぐま。

こぐま:
「じゃ、お父さんお母さん、行ってきます。」

こぐま、ドアを閉めようとする。

たけ:
「あ、こぐま、ぱにゃにゃんだー。

妻:
「こぐまちゃん、ぱにゃにゃんだー!

こぐま:
「お、おう!ぱにゃにゃんだー!

妻:
「ぱにゃにゃんぱにゃにゃん」

こぐま:
「ぱにゃにゃんだー!」

たけ:
「ぱにゃにゃんぱにゃにゃん。」

こぐま:
「ぱにゃにゃんだー!!!!」


こうして、こぐまは笑顔で試験会場に向かったのです。

TEAMたけ語辞典「くまの捕獲」 - 2014.11.03 Mon

【くま‐の‐ほかく】

<意味>
妻が作り出した言葉。ここでいう「くま」とはこぐまのこと。「捕獲」とは、こぐまを塾やデッサン教室やたまに高校の自転車置き場に迎えに行くことを指す。網や猟犬などは使わない。コンビニのお菓子を餌に生け捕りにする。たいてい夜の10時過ぎ。曜日は決まっているが、たけは、迎えに行く場所を間違えることもしばしば。そんな毎日が4月からずっと続いている。捕獲に失敗したことは一度もない。こぐまは、コンビニに行くと言うと、大喜びで生け捕られる。



<例文>

妻:「お父さん! はよせんと!」

たけ:「(うたたね中)んあ?・・・・・・・・・や、やべ。今何時?」

妻:「もう10時!」

たけ:「しゃーない。んじゃ、くまの捕獲に行ってくるかあ。」

妻:「財布持った?あたしにもプリン買ってきて!」

たけ:「はいはい・・・。」


TEAMたけ語辞典「いいってことよ」 - 2014.09.13 Sat

【いいってことよ】


<意味>
そのまんま。一般に使う意味と何ら変わりない。
TEAMたけは、ファミリーではなくチーム。
だから、隊員の一人が困っていたら、あとの二人が助けるのだ。

「申し訳ない。」なんて思わせないように、気を遣わせないように、
この言葉を使う。


<例文>

(スーパーで)
妻:
困ったわあ。お財布にあんまりお金が入っちょらん。足りんわね。



こぐま:
あたし、出しちょこうか?(出しておこうか?)



妻:
ほんと?
ごめん、助かるわ。



こぐま:
いいってことよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


たけ:
急ぎの仕事の資料、仕事場に忘れたかもしれん。
でも俺、もう酒飲んだから、車の運転できんし。
こ、困った・・・。



妻:
夕飯済んだら、私、車出すけえ、取りに行っといで。



たけ:
でも、往復1時間かかるよ。



妻:
いいってことよ!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



たけ:
あ、お母さん、小遣いなくなった。おくれ。



妻:
はい。



たけ:
あの、今日、飲み会なんじゃけど・・・・・、もうちょいくれんかね。



妻:
・・・・・・・・・・・・。



たけ:
あ、の・・・・・・。



妻:
・・・・・・・・・・・・はいっ!(怒)




たけ:
おおお。助かったあ。
ありがとう!!!




妻:
・・・・・・・・・・・・・・・。







たけ:
あ・・・・・・・れ・・・・・・・・・????
「いいってことよ」は??




妻:
・・・・・・・。



たけ:
ねえ、ねえってば。「いいってことよ」は??????




妻:
・・・・・・・。




たけ:
(殺気・・・・・・・。)

TEAMたけ語辞典「F-U-G-U」 - 2013.08.15 Thu

【エフ-ユー-ジー-ユー】

【意味】
文字通り河豚(フグ)のこと。
山口県に住んでいるからか、フグが食卓に上ることは多い。もちろん、高級なトラフグは、滅多に食べないし、フグは我が家でもご馳走ではあるが。
今日の夕食は、フグの唐揚げであった。TEAMたけの一番のご馳走である。

【例文】

「今日の晩ご飯はなんだと思う?」

たけ&こぐま
「はい。」


「はい。たけちゃん。」

たけ
「カレーだと思います!」


「ブッブー。・・・はい、こぐまちゃん!」

こぐま
「ひょっとして・・・・、エフ・ユー・ジー・ユー?」


「ピンポーーーーン! 今日の晩ご飯は、フグの唐揚げでしたあ!!」

TEAMたけ語辞典「托卵」 - 2012.08.10 Fri

【たくらん】

<意味>
「托卵:自分では巣をつくらずに,ほかの種の鳥の巣に卵を産みこみ,その後の世話をその巣の親鳥にまかせてしまう鳥の習性。」(世界大百科事典 第2版より引用)
転じて、スーパーで、妻の買い物かごにこっそり商品を入れること。私とこぐまの二人でグルになり、一人が妻の気を引く間にもう一人が、商品をかごに入れるという、高度な組織犯罪(?)に及ぶことも。(成功率0.03%)



TEAMたけ語辞典「シェアする」 - 2012.06.23 Sat

【しぇあする】

<意味>

たぶん、一般に使っているのと同じ意味で使っている。『共有する; 《負担・感情などを》 共にする; 分配する.
』(英和コンピューター用語辞典より)TEAMたけでは「分かち合う」意味で使うことが多い。今、TEAMたけで流行語となっている。

<例文>

ある日のこと。車で。

こぐま
「お父さん、お母さん、今日面白いことあったんよ。教えちゃろうか?」


「なになに? 教えて。」

たけ
「TEAMたけは、喜びも悲しみも、すべて家族でシェアするのだ。」

こぐま
「あのね。・・・・。」

・・・・・・・・・・


しばらくして・・・・


「あ、誰か今、車の中で『おなら』したでしょ。」

たけ
「あ・・・、それ、オレだ。この香りも家族でシェアしようぜ。」


妻&こぐま
「・・・・・・・・・・・・・・・。」

ヴイイイイイイイイン・・・・

(無言で窓を開ける妻とこぐま。)


たけ
「ごめんなさい・・・。」

TEAMたけ語辞典「ずんだれ」 - 2012.03.17 Sat

【ずんだれ】

<意味>


今時の女子高生が背負っているリュックサック。皆これを背負って高校に通い、勉強をしているそうだ。しかも、ストラップを目一杯伸ばして、リュック本体はお尻の辺り?まで「ずんだれ」ている。だから、TEAMたけでは、はじめ、「ずんだれリュック」と呼んでいたが、そのうち「ずんだれ」と呼ぶようになった。まだ高校に入学さえしていないこぐまだが、既に持っている。私は、このリュック、大ッ嫌いである。


※拾い物の画像。


<例文>

たけ
お父さんが高校生の頃はなあ、みんな学生カバンだったぞ。その中に教科書とかノートとか辞書とかを詰め込んで、パンパンにして通学したもんだ。しかも、そのカバンは、たいていのヤツが中学で使ってたボロボロの学生カバンだったぞ。

こぐま
ふーん。
あ、お父さん。あたし、こないだ遂に、ずんだれ買ってもらったんだよ。ほれほれ、見て見て。いいでしょ。モフモフのクマのマスコット付き。えーじゃろ! かわいーじゃろ!




・・・・・・ああ、なげかわしや、今時の女子コーセイ。

お父さんが高校の頃はなあ!!!・・・・・・・・・・・・

TEAMたけ語辞典「素人さん」 - 2012.02.09 Thu

【しろうとさん】

<意味>
「1 その事に経験が浅く、未熟な人。その道で必要な技能や知識をもっていない人。また、その事を職業・専門としていない人。(「デジタル大辞泉」より引用)」を小馬鹿にした言葉。主にこぐまと妻がたけに対して使う。

<例文>

たけ
「あのさあ、『夏みかん』と『はっさく』って見分け付く?」

こぐま&妻(二人とも柑橘系大好き)
「え?」

たけ(柑橘系嫌い)
「あ、そいから『ぽんかん』と『オレンジ』・・・。」

こぐま&妻
「へ?」

たけ
「『八朔』と『グレープフルーツ』は??」

こぐま
「あーーーーー・・・。これじゃから・・・。」


「これじゃからねえ・・・。」

こぐま&妻(呆れ顔で)
「これじゃからしろーとさんはねえ・・・。」

TEAMたけ語辞典「アルス」 - 2012.01.06 Fri

【あるす】

<意味>
。。。不明。。。先日の新年会の後、へべれけに酔っ払ったたけが、家族に発した謎の言葉。

<例文>
(深夜、寝床で突然)
「こぐま!お母さん!アルスはある!アルスはあるぞ、必ず!」

(妻、驚いて)
「何?お父さん、『アルス』って。。。」

「アルスも知らんのか!」

(こぐま)
「だから何?」

「アルスはある!存在するのだ!」

(妻)
「それどこにあるの?」

「。。。。。。北極圏に近い所。。。」

(こぐま)
「どういう物?」

「見れば分かる!必ず!アルスは限りなく偉大で、限りなくなまめかしい!」



翌日の朝・・・


(妻)
「お父さん、おそよう!昨日の晩言ってた、『アルス』って?」


「はあ??????何それ????」


・・・・・・・・・・・・・・・

さっぱり覚えていない。『アルス』なんて言葉も知らない。
謎の言葉『アルス』。

俺、ちょっとアブナイかも。。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

期日前投票 Oct 19, 2017
孫ロックライブ! Oct 13, 2017
妻の誕生日 Oct 08, 2017
ロ、ロボット?? Sep 23, 2017
ま・・・まずい・・・・ Sep 16, 2017
さびし・・・ Sep 13, 2017
胃袋 Sep 09, 2017
いーじゃないの、幸せならば Sep 06, 2017
あ、そうそう、「ジコマン写真大賞」 Sep 04, 2017
「ホシイ病」再発 Sep 03, 2017

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

Category Bar Graph

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する