topimage

2018-04

ブロ友さんへ - 2018.01.14 Sun

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ブロ友さんへ - 2018.01.04 Thu

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

初笑い - 2018.01.02 Tue

元日の深夜、
ふいにこぐまが、
「お父さん、これ見てみ。」と、自分のiPhoneを差し出した。





こぐまと一緒に大笑い。
腹を抱えて笑ったのは久しぶりだな。

どん底? - 2017.10.22 Sun


※ちと大げさだったかな?


妻と私、くまっこ市に行ってきた。
くまっこ市には、市内の大学に通うこぐま(娘)が住んでいる。
こぐまはTEAMたけのムードメーカー。
妻と私の元気の素である。
このところ、妻も私もいっぱいいっぱい。
こぐまもいっぱいいっぱいな日々を送っている。

これじゃいかん!
久しぶりに、TEAMたけ全員そろって、元気出そう!
ということで、
朝、地元のスーパーでしこたま食料を買い込み、
新幹線駅に向かった。

あれ?

駅前の広い駐車場が満車である。
しかたなく、駅の反対側の地下駐車場へ。
「あらま、ここ、夜10時で閉鎖するんだって。」
そっかー。
ま、それまでには帰れるでしょ。
でも、
なんか嫌な予感・・・。



新幹線に乗って、しばらくすると、こぐまからの着信があったことに気づいた。
慌ててデッキに出て、こぐまに電話すると・・・。

こぐま:
「あのー。ごめん、お父さん。今日ずっと大学で研究協議。」

たけ:
「ああ、ええよええよ。お前も実習真っただ中で忙しいじゃろ。その辺でブラブラして待っちょくから。」

こぐま:
「それが、その・・・。そのあとすぐバイトが入って・・・。」

たけ:
「え・・・・・・・・???それ、何時に終わるん?」

こぐま:
「それが、えと、その・・・・・・・・・夜の10時・・・・・・・。」

たけ:
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

夜の10時って、駐車場閉鎖する時間じゃん。


と、とにかく、くまっこ市に行くことにした。
最悪こぐまに大学構内でスーパーで買った食料を渡して、帰ることになりそう・・・。
いったい何しにくまっこ市に行くのか、わけが分からなくなったが・・・。

幸い、研究協議は午前中に終わり、
こぐまと、アパートでバイトの時間まで会えることになった。
って言っても、ほんの2~3時間だが。


こぐまの学生アパートに到着。
チャイムを鳴らすと、中からゴソゴソと音がして、
こぐまがドアから顔を出した。


・・・なんか、やつれてないかい?


こぐまに話を聞くと、
毎朝早く家を出て、帰りは遅く、家でも勉強しないといけないらしく、
午前2時ごろ床に着くらしい。
そんな生活を2週間続けている。
そりゃ、痩せるわけだ。

妻も、仕事がたいへんな状況が続いている。
この1か月半で、すっかりやつれ果ててしまった。

妻:
「あー。今がどん底なのかなー。それなら後は上がるだけじゃけど。もっと底があるのかなー。」


TEAMたけ、今、ピンチかもしれない。
なんか、みんな忙しい。
そして、
体だけでなく、
気持ちの疲れも溜まっているようだ。


うーん。
隊長として、何をしてやればいいのか・・・。


う、うーーーーん・・・・・・・。



帰りの新幹線、
一人思い悩むたけであった。

今宵は「瓦そば」パーティー - 2017.06.17 Sat

IMG_9459 (2)


今日もこぐまが帰ってきた。
キウィ柄のTシャツを着て。

で、
我が家は今宵「瓦そばパーティー」になった。


瓦そば。
ご存じだろうか。
山口県の郷土料理である。
はっきり言って、うまい。
自信を持ってお勧めする。
うまい!!
もし食べたことがなければ、ぜひ一度ご賞味いただきたい。

ご存じない方のために説明すると、
炒めた茶そばの上に、甘辛く炒めた牛肉や錦糸卵などを載せ、
つゆにつけて食べる料理だ。
お好みでつゆにもみじおろしやネギやミョウガなどの薬味を入れる。
お店で出る瓦そばは、
文字通り、瓦を熱してその上に茶そばを載せる。
だから「瓦そば」なのである。
でも、家庭で作るなら、ホットプレートとかフライパンがあれば十分である。
星野源のドラマで出て話題になった、と、こぐまが言っていた。
IMG_9457 (2)

他県に売っているのかどうかは知らないのだが、
この辺ではたいていのスーパーで、茹でた茶そばと麺つゆをセットにして売っている。
今日は、妻がそのセットを買ってきて、
ホットプレートで「瓦そばパーティー」となったのである。

こぐま、
「あたしがうまい酒を飲ましちゃる」と、
冷凍庫から、「サクレ」(アイス)を取り出した。
グラスにサクレを丸ごと押し込み、その上に「ほろよい・レモン」を注ぎ入れた。
「名付けて『フローズン・カクテル』ぢゃ!!」
IMG_9461 (2)

「お父さんも飲んでみ。ま、おなごの酒じゃけどね。」

ちょいと一口。
あ、
んまい。

んで、
甘い。

女は化ける - 2017.06.11 Sun

こぐまが帰ってきた。
高校時代の恩師やクラブの仲間と飲み会があるそうで。


午後2時過ぎ、
新幹線の駅に迎えに行った。

休日の駅は上り下りの乗降客でごった返す。
だが、この中からこぐまの姿を見つけ出すのはたやすい。
文字通り、「子熊」っぽいのを見つけ出せば、たいていそれはこぐまだ。
が、
今日はなかなか見つからない。

まあ、たいてい一番最後ぐらいに駅の階段を下りてくるヤツだから、
まだホームでウロウロしているのかもしれない。

だいたいこぐまは、幼稚園の頃も小学校の頃も、
親が迎えに行ったら、たいてい一番最後に校舎から出てきていた。
塾のお迎えの時には、平気で20分は親を待たせていたこぐまである。





目の前の女性の肩越しにこぐまの姿を探していると、
突然、「あ、お父さん。」と声をかけられた。

「え?」

その女性こそがこぐまだった。

その声はまさしくこぐまだったのだが、
ほんの一瞬だが、
その声の主がこぐまにはどうしても見えなかった。



だって、
これまでこぐまは、
IMG_1342_20160522230203cd1_2017061103181230b.jpg


こうで、


image1_20170611031811299.jpg



こうだったのだから。



それが、眼鏡をはずし、ばっちりメイクして、
かかとの高い靴を履いて、
頭に「ねじり鉢巻き」???みたいな物をくくりつけて突然父の前に現れたのだ。
実の親とはいえ、突然変貌すると分かる訳がない。




車の中で。
こぐま、
「あー。やっぱ、化粧濃かったかなあ。」


こぐまよ。
父をあんまりびっくりさせんでくれよ。


もはや、こぐまをこぐまと識別するものは、
いつも首に下げている、オールドレンズ付きのキャノンのカメラしかなくなった。
こりゃ、鳥を識別するより難しいぞ。こぐま。

くまっこ大学の展覧会 - 2017.02.19 Sun

DSCF9436 (2)

昨日は、くまっこ大学の卒業制作展に行った。
卒業生以外の学年の作品も展示してあり、
「そりゃ、見に行かんにゃあ。」
ということで。

いったんこぐまの下宿に行ってから、
こぐまが会場の係をする時間に合わせて、
3人で下宿を出発。

S0599424 (2)
バスと、レトロな雰囲気の路面電車を乗り継ぎ、
会場に到着。



DSCF9434 (2)

DSCF9433 (2)

DSCF9427 (2)

DSCF9428 (2)

DSCF9429 (2)
会場には、絵画、彫刻、工芸、論文、etc
様々なジャンルの労作が並んでいた。


DSCF9430 (2)
こぐまの作品は4枚の組み写真。

これだけかと思ったら、
妻、
「なーに言うちょるん。ほかにもいろいろあったよ。」

お、そか。

こぐまに自分の作品を教えてもらった。


DSCF9432 (2)
ガラスにサンドブラスターで描いた海月ちゃん。




DSCF9435 (2)
油彩作品。
あ、こぐまらしい。


DSCF9431 (2)
宝物箱と名付けられた箱。
「これ、めっちゃ苦労したっちゃ。胃に穴が3つあくぐらい。」
ま、そりゃ大げさだろうけど、
確かに、板の角度を合わせるのは大変だったろうね。

こぐまの「店番」が終わるまで、
妻と街なかをのんびり散歩した。

DSCF9448 (2)

DSCF9450 (2)

DSCF9451 (2)
公園にはツグミが。
1mほどまで近づいてきた。
こんな至近距離で鳥を撮影したのは初めて。

DSCF9457 (2)
ジョウビタキメスちゃん

他にも、ホオジロやコゲラやシジュウカラなどが、公園の木にやってきていた。



それからこぐまと合流し、駅前でショッピング。

夕食は牛タン屋へ。
DSCF9474 (2)
牛タンって、なんでこんなに美味いんじゃ。



DSCF9478 (2)
(向かいの店の看板。「たけ!アウトオオオ!!!」)


DSCF9479 (2)
んで、
こぐまに見送られて、
夜の9時ごろ帰宅した。
いやー。
楽しい一日でした。



DSCF9438 (2)

DSCF9439 (2)
(シダレザクラってのは知ってるけど、これは、シダレウメっていうらしい。)

DSCF9425 (2)

DSCF9444 (2)

DSCF9477 (2)

DSCF9456 (2)

DSCF9440 (2)

DSCF9467 (3)

こぐま、新成人 - 2017.01.08 Sun

我が家は、昨日からなんとなく慌ただしい。

こぐまは、正月三が日が明けると、すぐに大学で授業があり、
ぶーぶー言いながら、Uターンの客で満員の新幹線に乗って行ってしまったが、
ようやく昨日の昼に再び帰ってきた。
私はちょうど出初式を見に行っていたのだが、
新幹線の到着時刻に合わせて、駅に迎えに行った。

帰宅後、大慌てで一張羅に着替えて、
化粧をし、付け爪をし、髪を整えて再び父の車へ。
高校の同窓会があるというのだ。
帰宅したのは10時過ぎだった。


今朝は、6時30分に起き出して、
妻の車で美容院へ。
成人式の着物の着付けと髪のセットと化粧。

そしてまたまた妻の車に乗り、
成人式の会場のホールへと向かった。
雨が降ってて、
親の送迎する車は、屋内の駐車場に集中し、
大混雑だったようだ。

今、まだ成人式の真っ最中、かな?


私は、こぐまの晴れ姿は見ていない。
ずっと家にいたからだ。
試しにスマホでツイッターをのぞいてみると、
#成人式」には、
あるわあるわ、たくさんのツイートが。

早くも、「荒れた成人式」の模様が動画でアップされていた。

市長の祝辞の最中にステージに上がったり、
外でけんかを始めたり、
騒いだり・・・。


・・・なんだろねえ、新成人のこの幼さは。
ため息が出る。
大人の取る行動とはとても思えない。

まさか、うちの娘がこんなことをするとは思えないが、
・・・・・・・・・・・いや、
分らんぞ。

暴れたりはしないと思うけど、
これくらいのことはしちゃうかも、だ。

PTDC0003_20170108130411e02.jpg








お願いだから大人しくしててくれ、こぐまよ。


ああ。いつかこぐまにもこんな日が来るのかなあ・・・ - 2016.12.03 Sat



昨夜、こぐまが帰ってきた。
今日は、私の姪の結婚式だったので。

超久しぶりに会う、面々。
新婦である姪と会うのは、姪が大学入学の時???い、いや、どうだったかな。
とにかく久しぶり。
新婦の父母、
つまり、私の実姉、義兄とも久しぶりに会った。
IMG_6102 (2)

IMG_6228.jpg
(撮影:こぐま)


いい結婚式だった。
苦労して姪を育てた姉の涙が忘れられない。






以下、
たけとこぐまの共作。
↓↓↓↓

IMG_6298 (2)

IMG_8275.jpg

IMG_8262.jpg

IMG_6087.jpg

くまっこ大学(仮名)の学園祭! - 2016.11.05 Sat

DSCF8227 (2)

こぐまの通う、くまっこ大学の学園祭に行った。



まずは、こぐまのアパートへ。
TEAMたけ、集結!
それから、こぐまお勧めのレストランに連れて行ってもらい、
DSCF8211.jpg
こぐまお勧めのランチを食べ、



IMG_1628.jpg
こぐまはカメラで撮りためた写真を見せながら、
妻と話に花を咲かせた。


↓たけカメラ(手前:FUJIFILM XE-1)とこぐまカメラ(NIKON)
IMG_1630.jpg


そして、いよいよ、松本伊代伊代!「くまっこ大学学園祭」へ。
こぐまは、写真展示の「店番」が当たっているらしく、
その時間に合わせて、大学に向かった。

DSCF8219.jpg

まーあ、凄い人の数。
駅前からバスの臨時便が何回か出て、行列ができてたくらいだから、
かなりの人出だったのだろう。

とある校舎?の2Fの一部屋が、
こぐまの所属する写真部の展示会場だった。
さすがだなあ。
どれもみんな上手いわ。
DSCF8218 (3)

DSCF8217 (2)

DSCF8216 (2)
(これらの写真の中に、こぐまが写ってます。さーて、どれでしょ?)


会場でアンケートを記入していると、こぐまがやってきた。
「あたしの撮った写真、どれか分かる?」
妻と一緒に写真を指差す。
「あれと、これと、あれでしょ?」
全問正解。親子ですからね。分かりますとも。

それから、こぐまと別れて、
妻と私は、しばらく学内をプラプラして、
大学前のバス停へ。
学生たちの長い行列に交じって、帰りのバスを待った。


する・・・・・・・・・・と・・・・・・・・、


突然妻が、「おりょ?こぐまじゃん」と声を上げた。

道の向こうを見ると、
おやまあ、こぐまが手を振っている。
DSCF8229 (2)
思わずカメラを向けると、こぐまは歩きながらポーズ!



短い時間だったけど、
こぐまと会えてよかったね、お母さん。


DSCF8224.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

訪問いただき、誠にありがとうございます。 辛い時、苦しい時、寂しい時、 しょーもない笑いであなたの心を癒したい。 そんなブログにしたいなあ。 ・・・・・・・む、無理かなあ・・・・。 コメント、拍手、拍手コメント、心から感謝しております。 お気軽にどうぞ。

最新記事一覧

待ち合わせ Apr 19, 2018
穏やかな休日の始まり Apr 14, 2018
妻の言葉〜むくみ撲滅!〜 Apr 13, 2018
バーテンダーな妻 Apr 11, 2018
春の嵐 Apr 07, 2018
花見ぢゃ! Mar 31, 2018
送別会 Mar 30, 2018
桜咲く Mar 29, 2018
はたはたっ! Mar 28, 2018
米子に行った Mar 27, 2018

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

たけ

Author:たけ
TEAMたけ隊長
 50代に突入。カメラを持ってお散歩するのが大好き!特に、鳥の写真が好きです。まだまだ初心者ですけどね。


<隊員紹介>



 TEAMたけの要。しっかり者。ときどきおっちょこちょい。



こぐま(娘)
 花のJD(女子大生)。TEAMたけのムードメーカー。只今一人暮らし中。


そして、たけの分身、うり坊のうりちゃん。たまに登場。

たった3人のチーム(家族)。だから、助け合って、支え合って生きていく。

たけの落書きアルバム

カテゴリ

ご挨拶・お知らせ (27)
TEAMの日記 (955)
隊長の日記 (225)
つれづれに (60)
たけのつぶやき (80)
マン・ウォッチング (21)
コンビニ百景 (17)
どーかと思うぞ (10)
トホホな話 (78)
凹日記 (12)
虫歯治療記 (10)
目指せ!細マッチョじじい! (44)
こぐまと (153)
こぐま語録 (73)
こぐまのつぶやき (4)
妻と♡ (33)
妻の言葉 (29)
旅行記 (42)
思い出 (19)
TEAMたけ語辞典 (16)
アーカイブ「TEAMたけの日記」 (29)
趣味 (334)
Bobusurē (8)
そらまめ君と (59)
音楽 (39)
絵画 (39)
CG (6)
写真・映像 (89)
数うちゃ当たる?写真術 (1)
鳥 (83)
深夜の調理実習 (10)
I love やまぐち (32)
山口県のニュース (20)
役に立たない山口弁講座 (12)
それがどーした (60)
たけ隊長の持ち物検査 (9)
つくネ通信 (13)
未分類 (6)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Xday

2009年8月19日、ブログ開始